FC2ブログ

This Category : チリ③(イースター島・サンチャゴ)

2011.01.21 *Fri

イースター島の、絶対行くべき?アイスクリーム屋!!

イースター島では、滞在に必要な食材を持ち込んでたし、
みんなと違って、航空券が830ドル(←まだしつこい)もしたので、
できるだけお金を使いたくなかった私。

でも、お金を使うことを我慢できなかったのが、アイスクリーム!!

島のアイスクリーム屋は何件かあるけど、
たぶんどこも、シングル1500ペソ(約270円)、ダブル2000ペソ(約360円)。
チリ本土だと、ソフトクリームなら300~400ペソ、
シングルのアイスクリームでも1000ペソぐらいで食べれるから、贅沢といえば贅沢。

でも!! 少し前に滞在してた人が「毎日」通ってたらしい!!
「毎日通うってどんなん!絶対行きたい!」と思って、探しに行ってみました。

そのウワサのアイスクリーム屋さんは、
郵便局の前の道を海に向かって歩き、サッカー場を左手に見ながら、
そのままほんの少しまっすぐ行ったダイビングショップに併設されたお店。

そして、見るからに美味しいに違いない!って思わせるおしゃれな佇まい。

その素敵アイスクリーム屋さんの名前は「MIKAFE」。
たぶん手作り!しかも、アイスクリームというよりはジェラート!!

P1000758.jpg

しかもフレーバーが・・・・
次の日行ってみて気付いたのですが、日替わり!!!

しかもしかも、フレーバーの種類が、魅惑的なものばかり!

P1000755.jpg

フルーツ系が多くて、マンゴー、レモン、メロン、グアバ、最近見かけなかったマラクジャや、
この辺じゃ珍しい青りんご・・・!!!他にも聞いたことのないフルーツの名前がいくつか。
他にも、ムース・デ・ショコラテ、カプチーノ、アーモンド、シナモンとかとか。

正直言うと、むむむ???って味のものもあったけど、新しい味を試したい衝動には勝てません。

3日間しか通えなかったけど、もっと早く気付いてたらもっと行ってたな・・・。
あーまた食べたい。


フルーツ系より、こってり系が好きな人には、
セントロのメインロードを空港に向かって歩いて右側にある、ネスレのSAVOYアイスクリーム屋も、
ボリュームたっぷりで、美味しいです!

でも、チリ本土ならもっと安く食べれます。
イースター島では、同じくシングル1500ペソ、ダブル2000ペソ。

ビーニャ・デル・マルの汐見荘に滞在してる時にも流行ってたんだけど、
チリのネスレのアイスクリームは、なぜかめっちゃ美味しい!!
フレーバーも豊富だし、汐見荘では、ブラウニー味が大人気でした。

アルゼンチンでネスレのアイス食べたーいと思って探しにいっても、
全然種類がありません・・・。なんで?


あ、タイトルに「絶対行くべき?」って「?」をつけたのは、やっぱりちょっと高いから・・・・。

キトのアイスクリーム屋は1ドルで味も格別だったので、
やっぱり今までのナンバー1だなー。こっちは今でも絶対オススメ!!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←1日1クリックしてもらえると、励まされます☆

2011.01.20 *Thu

イースター島の踊り、KARIKARIって??

ダンスに興味がない私でも、
せっかくだから行ってみようと思って行ってきたダンスショー「KARIKARI」。

週3~4回。21時から1時間:10000ペソ(or 20ドル)。

P1000811.jpg


そうそう、そういえばイースター島って、ハワイをやニュージーランド一部を含む、
ポリネシアン・トライアングルの一部なんです。

イースター島に住む人も、チリやアルゼンチンで見かけるヨーロッパ系の白人もいるけど、
恰幅がよくて、肌の色が褐色に近い人も多い。


そしてこのKARIKARIダンスショーで踊ってた人も、どちらかといえば、
ポリネシアンの人たち。

P1000769.jpg

ダンスは・・・・正直、もともと興味のない私にとってはツーリスティックな感じがして、
うーん、まぁこんなもんかって思ったけど、、、

釘付けだったのは、ダンサーたちのスタイルの良さ!!そして美人だらけ!!

P1000789.jpg

ダンスに興味なくても、彼らのカッコよさで楽しませてくれるショー!
行ってみてよかったです。


でも、実は身体にペインティングされてるダンサーを楽しみにしてたんだけど、
このセントロの「KARIKARI」では、それが無かった・・・。

本当は最初、海沿い(サッカー場とお墓の間ぐらい)にあったダンスステージで見ようと思ってたのに、
そこに行ってみると・・・

「ここでKARIKARIダンスは見られないよ。セントロの方だ。」

「え?でも、ここのダンスってKARIKARIダンスとは違うの?」

「全然違うよ!」

うーん・・・KARIKARIダンス、何がKARIKARIダンスなのかよくわかりません・・・。


それで結局セントロの方に行ったんだけど、
この海沿いの方は、同じ10000ペソで、2時間見れて、
身体にもペインティングされてるダンサー達らしかった。
お客さんも、希望すれば顔とかに塗ってくれるらしい!

どっちみち、海沿いの方は曜日の都合があわなかったんだけど、そっち行ってみたかったなぁ。

他にも見れる場所はあるそうです。興味ある人は事前にリサーチしましょう!


ちなみに両方、お客さんも巻き込んでのダンスタイムあり。
私も巻き込まれました・・・。恥ずかしーーー!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←1日1クリックしてもらえると、励まされます☆

2011.01.19 *Wed

イースター島は日本人を狂わせる?(2)

イースター島には、830ドルのチケットを購入してやってきた私。
ケチな私は、イースター島にその価値を求めてしまう。


のんびりできる場所は他にもあるし、、、、
島の人は優しいかもしれないけど、それはここに限ったことじゃないし、、、、
海も、カリブ海の方がきれいだったし、、、、
農作物が豊富に育つ土地じゃないから、自然豊かという訳でもないし、、、


私は期待が大きすぎたのか、現実とのギャップに、どうしてもネガティブな考えになってしまう。

たぶん、世界一周航空券を使って来てたり、
リマから300ドルで来てたなら、その値段で納得できてたと思う。

でも、私は830ドル・・・。(←しつこい)
そのお金があれば、南米からヨーロッパに飛べるし、ボリビアだったら2ヶ月暮らせるお金。


いやいやしかし!もしかしたら感動的な景色に出会えるかもしれない!!


と期待して、日本人8人でレンタカーを2台借りて、2泊3日、48時間使って島観光。

(イースター島基本情報はコチラ


<1日目>

P1000478.jpg
27000ペソ&37000ペソのジープを、25000ペソ&26500ペソ×2日でレンタル。
車内は埃だらけでとっても汚なかった・・・。

P1000588.jpg
舗装されてる道はいいけど、たまにある未舗装道路はぼっこぼっこ。

P1000483.jpg
火口湖までの道中、街が見渡せる。

P1000489.jpg
島の南側にある火口湖。ここはすごい!きれい!

P1000514.jpg
そして鳥人儀礼の島。

P1000528.jpg
そして食人洞窟。(昔、ここで人が人を食べてたらしい。)

P1000526.jpg
その洞窟にあった鳥人絵画。

P1000543.jpg
バナナの木。

P1000540.jpg
入り口にバナナが茂る洞窟を探検したり、

P1000550.jpg
海を見つめるモアイを見に行ったり。
(モアイは基本的に山側を向いているので、珍しいらしい。)


<2~3日目>

朝6時15分頃に宿を出発して、15体のモアイがあるところへ。

P1000573.jpg
朝日と15体のモアイ。アフ・トンガリキ。

P1000583.jpg
朝日の影が長い。

P1000591.jpg
島のあちこちに切なく倒れているモアイ・・・。

P1000603.jpg
一度宿にごはんを食べに帰って、次は島の北側にあるアナケナビーチへ。

P1000615.jpg
海には入らなかったけど、木陰でのんびりするだけでも気持ちいい。

P1000606.jpg
そしてビーチでスイカ割り!外国人に大ウケ。

P1000614.jpg
1個3000ペソ(約500円)の大きな島スイカ。美味しかった!

P1000604.jpg
イースター島滞在中、仲良くしてもらったカナコちゃん。
色々話せてめっちゃ楽しかった!

P1000626.jpg
ビーチに背を向けて立つ帽子をかぶったモアイ。モアイたちは想像より大きかったです。

P1000632.jpg
実は後ろ姿も凝ってます。

P1000640.jpg
ビーチからの帰りは、パワーストーンがある場所に寄ってみたり、

P1000650.jpg
昼間の15体のモアイを見ようと再訪したり。

P1000642.jpg
島のあちこちに馬や牛がいて、めちゃかわいいです。子馬もいっぱいみた。

P1000715.jpg
そして、モアイの製造工場ラノ・ララク。

P1000708.jpg
なんでこんなに大きなモアイをたくさん作ったんだろう・・・。
奴隷狩りという悲しい歴史によって、はっきり解明されていないことが残念。

P1000734.jpg
そして、宿近くの夕日スポット、アフ・タハイ。
イースター島は、21時頃日が沈む。

P1000750.jpg
太陽が昇ったり沈んだりする瞬間もきれいだけど、
昇る前、沈んだ後に、空の色がどんどん変わる景色にうっとり・・・。



モアイ・・・。謎が多く残るモアイ。
その昔、ヨーロッパ勢やペルー軍に奴隷として島民が連れ去られようとされ、
反抗して自殺を図ったり、ロンゴロンゴ文字を読める最後の先住民もペルー軍に殺された為に、
ラパ・ヌイ(イースター島)の歴史については解明されないことが多く、謎が多い。

そういえば、イースター島に興味を持ったきっかけの一言が、
「イースター島はミステリーに包まれた島だ」って感じの言葉だったと思う。

でも、そんな雰囲気に浸ることはなく、、、ただ、なんか感動できないなぁって思ってた。



そしてある時、うっかり立ち入り禁止エリアに入ってしまった人に、たまたま訪れたガイドが言った。

「この看板見えないの?ここは私たちにとって、とても大切な場所なのよ!
 ルールが守れないなら警察に通報するし、あなたは罰金を払うべきよ。」


・・・・その時気付いた。私の違和感がなんだったのか。


私もモアイの近くで写真を撮ろうとした時、訪れたガイドに「触っちゃダメ!」って怒られた。
いやいや、触るつもりもないし、そんなに近づいてないし!ってちょっとムカってきたことがあった。

でもおそらく、ガイド達は、何度も何度も日本人に注意してきたんだと思う。
そんな日本人をたくさん見てきたから、私もモアイに触ろうとしてると思われたんだろう。



イースター島の人は神聖なものだと大切にしているモアイ。

でも、そのモアイを「ネタ」にする一部の日本人。



島の人のモアイに対する思いを感じた時、あぁ~、これだ・・・って思った。
モアイに触れたり、モアイを使ってオモシロ写真を撮る人たちを見た時の彼らの気持ち。

モアイを前にはしゃいじゃってる人に悪気なんてないと思う。だけど・・・

何の躊躇もなくモアイに触ったり立ち入り禁止エリアに入る人を見て、正直私もびっくりした。
同じ国から来た人の行動を見て、残念なことに気が滅入る。



でも・・・・ごめんなさい。
私もエラそうに日本人に説教できる立場ではなく、後ろめたい部分があって・・・。

私より前に同じように観光してた人が話してました。

「こんなことするのは日本人だけで、それに気付いて興ざめしちゃったんだよね。」

私も、まさにその通りだと思いました。
後ろめたい気持ちを抱えながら滞在する島じゃありません。


自分が日本人であることを今まで誇りに思って旅してきたけど、
ここで初めて、日本人であることを恥ずかしいと思いました。

イースター島に来る前から薄々感じてたけど、
日本人に対して呆れてる島の住人が少なくないって感じた時、
なんともいえない居心地悪さが自分を襲ってきたのでした。



さらに、私が個人的に不思議に思う日本人の謎の行動。

なぜかイースター島に来た日本人は、ウニを捕って食べようとする。
それは禁止されてることじゃないし、全然いいんだけど、
みんなが食べてるウニ、どう見ても美味しそうじゃないし、実際美味しくないらしい。
食用だけど、おそらく日本じゃ店頭には並ばない程度のウニ。

それなのに、なんでみんな食べるんだろう?
しかもそのイースター島にいっぱいいるウニ、
イースター島だけじゃなくて、他の海でもいっぱい見かけたけど、
他の海でそのウニ捕って食べる日本人見たことない。

海から離れた芝生の上に、無惨に生きたまま捨てられたウニを見て、
なんだか悲しくなりました。


その他にも、絶対他の場所じゃしなさそうなことなのに、
「なんでここでする??」って思ったことがあったりして・・・・。



そういえば、宿泊客にメロンを売りに来た島の女の子と話してる時、言ってました。

「あなたたちがスペイン語を勉強することは重要だと思うわ。」

言葉が全く通じない日本人相手に、色々困ることがあったのかもしれない。
もし言葉が通じたら、、、何かが変わるのかもしれない。

結局、メロンを売りにきた女の子は、かなり積極的に売りつけてきたに関わらず、
何も買わなかった私たちに、
「アミーゴに」って、メロンを1個置いていってくれました。



日本人に手を焼きながらも、優しく接してくれる島の人たち。

このイースター島への旅は、色々と考えさせられました。



かなりネガティブな感想になってしまって、不快に感じた方、ごめんなさい。

私の旅友から、「イースター島どうだった?賛否両論あるよね~」ってメールが来て、
(え!私「否」の意見全然聞いたことなかった!!)
と思い、反感買うかなーと思いつつ、こんなこと書いてしまいました。

私は、ここまで日本人を集まらせる魅力が何なのかわからなかったけど、、、
一部の日本人をいつも以上にはしゃがせる島だってことはわかりました。

私も、旅の初めにここに訪れてたら、もっと感動バロメーターが上がったかもなぁ。
長旅してると、感動するより、冷静なままでいることが多くなります。

結局、宿のメンバーが楽しかったので、私も毎日楽しく過ごせたんだけどね。
一緒にいてくれたメンバーには感謝です!
日本人であることを恥ずかしいと思ったけど、やっぱり日本人っていいなぁと思ったイースター島での滞在でした。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←1日1クリックしてもらえると、励まされます☆

2011.01.15 *Sat

イースター島は日本人を狂わせる?(1)


「どこから来たの?」

「日本から。」

「あ~、、、、日本人ね・・・。」

「・・・・・・・。」


サンチャゴからイースター島に着いて、宿に向かう途中交わしたタクシードライバーとの会話。

今思えば、この時から私の「あれ?」っていう違和感は始まっていたと思う。


イースター島の評判といえば、

雰囲気がのんびりしてる!人がいい!海がきれい!治安がいい!・・・と色々あるけれど。


私が宿までのタクシー代をドライバーと交渉した時、
最初は1500ペソって言ったのに、いや2000ペソだと言い出して、

「なんで?」
「ツーリストだからだ。」

あー、、、外国人価格ですか。

あまりに多くの旅人が、島の人はいい人ばかりというので、
真に受けやすい私は、まさかこんなこと言われるなんて思ってなかったからびっくりした。

そして、私が日本人だと知ると、なんか気まずい空気・・・。



(もしや、歓迎されてない?)



そして、何人もの旅人から勧められた宿に着き、
「こんにちは~。部屋ありますか?」
とオーナーのところに行ったら、むすっとした顔で、旦那に指示を出す女主人。


(あれ?親切なファミリーだって聞いてたのに、、、この無愛想さは何?)


ひとり6000ペソと聞いてたのに、私に提示された金額は8000ペソ。


(あれ、あれ?? もしやボラれてる?)


ただ単に値段があがっただけなのか、ボラれてるのか、どっちかわからない。
こういう疑心暗鬼があると、なんだか落ち着きません・・・。


という感じで、私のイースター島の第一印象は、聞いてた評判とは全く違って、微妙だったのでした。


※でも、実は女主人はとてもいい人だった。宿については、また別の記事で。


(つづく)


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←1日1クリックしてもらえると、励まされます☆

2011.01.14 *Fri

やっぱりメンドーサからサンチャゴへはミニバスで!

メンドーサから、またチリに戻るのに選んだバスは・・・

P1000420.jpg

またまたミニバス。90ペソ(約2000円)。

前回のCOITRAMはすでにフルだったので、9時発のRADIOMOVIL。
サンチャゴ行き。前日にチケット購入。


今回現れた運転手は、ひょろっと背が高くて細いおじいちゃん。

これは・・・
入国スタンプや荷物チェックで時間のかかる国境越え、
もたもたして、頼りにならないんじゃないかしら・・・と思ってたら。


P1000421.jpg
↑座席指定だったのに、ドライバーが適当に席を割り振り。私は2人掛けの助手席にひとり!


定刻どおり出発して、約3時間半後に国境到着。


ドライバーのひょろひょろおじいは、
割り込んでこようとしたバスを絶対に割り込ませず、
割り込んでこようとしたバスに、「こっちが先だったろうが!コラァ!」と、
車を降りてまで罵倒を浴びせ・・・

荷物チェックのレーンがひとつ開いて、
ひとつ前の大型バスが乗客全員の入国スタンプをもらう為にもたもたしてたら、
車に飛び乗り、我先にと、すかさずレーンに向かう!
その時に、外にいた乗客がバスに乗ろうとしたけど、「歩け!」と言い放って車を移動させてた。


そんな素晴らしい手際の良さ(?)のおかげで、国境手続き、奇跡の1時間ちょっと!!
2時間ぐらいかかるの普通だし、4時間かかったって人もいたのに・・・。


今回は、バックパックも開けられなかったのでめちゃ早かった。
しかもひょろひょろおじいのドライバー、荷物運搬係が見当たらなかったら、
自分でがしがし荷物運んでたし!パワフルやったわー。
それなのに、後から来た運搬係のチップ、自分が回収して、自分はサービス労働。
あなたにチップあげたかったわ!


国境を抜けてからも、九十九折のヘアピンカーブでトラックを抜かしたりして・・・

おかげさまで、順調に7時間半でサンチャゴに着きました。

P1000422.jpg
↑3回目のチリ入国!


着いたサンチャゴは、昼間は暑いけど、夜は涼しいぐらいで快適。

サンチャゴには2泊しかしないので、特に観光せず、
イースター島での食料を買い込んで、15日にはイースター島です。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←1日1クリックしてもらえると、励まされます☆

プロフィール

ゆっきー

Author:ゆっきー
2009年2月から、約1年・・・の予定を大幅に延長し、世界をふらふら一周中。英語もダメで不安だらけの女のひとり旅。2009年9月に再スタート。



最新記事



カテゴリ

旅立ちまで。 (69)
旅のきっかけ (1)
旅立ちまでの心境 (12)
旅の持ちもの (12)
旅の身だしなみ (1)
予防接種 (8)
健康診断・保険関係 (6)
旅のお金・カード類 (5)
本・ガイドブック (5)
インターネット便利ツール (3)
引っ越し・あと片づけ (5)
公的手続・役所関係・ケータイ (5)
パスポート・ビザ・航空券 (4)
旅のルート (4)
☆世界のATM事情 (2)
☆世界のネット事情 (1)
旅の小話 (1)
そのた (1)
中国 (15)
ラオス (8)
タイ① (3)
インド① (6)
ネパール (4)
インド② (20)
タイ② (3)
日本 (7)
アメリカ (3)
メキシコ① (12)
キューバ (5)
メキシコ② (2)
グアテマラ① (5)
エルサルバドル (3)
グアテマラ② (7)
ホンジュラス (2)
ニカラグア (4)
コスタリカ (6)
パナマ (10)
コロンビア (26)
エクアドル (17)
ペルー (45)
ボリビア (23)
チリ①(北部) (4)
アルゼンチン①(北部) (9)
パラグアイ (3)
アルゼンチン②(北~中部) (5)
チリ②(ビーニャ・デル・マル) (9)
アルゼンチン③(メンドーサ) (2)
チリ③(イースター島・サンチャゴ) (10)
アルゼンチン④(メンドーサ) (5)
ボリビア②(ウユニ・トゥピサ) (8)
アルゼンチン⑤(メンドーサ) (2)
チリ④(中~南部) (6)
アルゼンチン⑥(パタゴニア) (32)
チリ⑤(パタゴニア・ビーニャ) (7)
自転車旅(ビーニャ~湖水地方~プエルトモン) (40)
自転車旅(アウストラル街道) (30)
自転車旅(エルチャルテン~ウシュアイア) (6)



最新コメント



月別アーカイブ



旅の日数。



旅の足あと。

PassportStamp



↓お世話になってます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



最新トラックバック



リンク



ブロとも一覧


azumiの旅日記

世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

Take it easy!!

なかっぴー通信NEO

FEEL the WIND in the WORLD  ~地球に触れたい!~



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Google Map

顔文字教室



世界の時間



RSSリンクの表示



カウンタ



01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
Copyright © LOOP★LOOP All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  ・・・