This Archive : 2012年01月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.01.31 *Tue

走行48日目 初めて味わった恐怖。

9:20 EL CHALTEN → 18:30 ARROYO EL TURBIO 131.35km


フィッツロイが見える天気のいい日に出発したいと思って4日も待ったけど、
結局天気はくもり・・・。

相方の腰痛もあんまり回復してないけど、
早く次の町カラファテに着いてゆっくりしたいし、さっさと出発。

今までのアウストラル街道と違って、退屈な道が続くんだろうなーと思って走りだしたけど、

きれいなアスファルト、ほとんどアップダウンのない道、そして追い風、
見渡す限りの平原に、広い空、、、、


た、、、、、たのしーーーーーー!!


ここは天国?
広い空と大地の中、ぽつんと走る気持ちよさ。

P1060528.jpg

アスファルトのおかげで、自転車が軽い!
こんなに自転車漕ぐの楽やったっけ?って何度も思う。



RUTA40の地獄の交差点までは・・・・。



その交差点まで約87km。
それまでは追い風で、平均時速25.6km。平坦な道なら時速30km以上で走れる。
丘の上り坂も楽々で越え、たった3時間半で走り抜けた。

今まで走ってきた西から東に向かう道を、南西方向に向かうRUTA40に入ったとたん、


バリバリバリバリバリバリバリバリバリバリバリ!!!


自分のウィンドブレーカー代わりのレインウェアがすごい音をたてる。
今まで味方だった風が敵になる。
見えない壁のような風が私を正面から襲う。


私 「こんなんむりーーーーーー!風が弱まるまで自転車漕ぎ出せない!」

相方 「いつまで待っても変わらないから行け!来ないなら置いていく!」


よろよろと進みだす相方。
こんな恐ろしい場所で置いて行かれたら気が狂う!と思い、焦って漕ぎ出す私。

顔をあげると、帽子のツバが風の抵抗を受けるので、下を向いて走る。

相方がタオルを飛ばされたらしく、私に「自転車ささえてて」って待ってたらしいけど、
そんなの全然聞こえなくて、「先に行け」って言ってるんだと解釈して追い越す。
私が無視して追い越してったと思って怒る相方。

もう、お互い自分のことだけで精一杯。

風は弱まることはなく、正面から吹きつけ、たまに真横から突風が吹き、
反対車線まで自転車が流される。

交通量の少ない道だけど、たまに後ろからやってくる車は、
ふらふら走ってる自転車がよほど危なっかしいのか、減速して追い越していく。

なるべく反対車線を越えないように、身体を風が来る方向に重心をかけるけど、
ふと風が弱まった時、今度は路肩側に流される。

このへんの路肩は、アスファルトじゃなく、深い砂砂利。
そんなとこ入ったらコケるし!

P1060533.jpg

チリのアウストラル街道は、アップダウン多いし未舗装が多くて辛かったけど、
恐怖を味わったことはなかった。

本気で風が怖い!


そんな中、時速6-7kmで先を目指す。
自転車に乗れないぐらいの強風もあるらしいけど、これより強いの?信じられない!!


夕方18時頃、そろそろ今日の寝床探し。
そんな中、ちょっと大きな丘出現。


相方 「あれ越えれる?越えたらエスタンシア(牧場。たまに泊めてくれるらしい)あるかもよ。」

私 「むり・・・・。」


ということで、丘の手前にあった橋の下で野宿。

P1060537.jpg

P1060538.jpg

途中で風向きが変わって、橋の下でも風が吹いたけど、
昼間に比べて随分ましになり、夜中はとても静かだった。

近くにあった川の水は、飲めるほどきれいではなく、飲み水補給できず。
明日カラファテに着かないと水がなくなる!
水に困らなかったアウストラル街道が恋しい・・・。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。
スポンサーサイト

2012.01.30 *Mon

アルゼンチンはやっぱりパンが美味しい!

エル・チャルテンでは、出発日の天気を選んで、丸4日間休憩。

タイミングよく、チャルテンでは最安ランクの50ペソの安宿にチェックインできたけど、
めちゃくちゃうるさいイスラエル人だらけ!!

夜は大声で夜中まで騒ぎ、朝キッチンに行くと、すごい汚れよう・・・。
共同スペースは10人入ればいっぱいなのに、いつも長期滞在のラエリーが陣取ってる。
同じドミにラエリーがいなかったのだけが救い。

相方は腰痛、背中痛、首痛がひどく寝たきりなので、
毎日私は、ひとりでお散歩に行ったり、パソコンで映画みたり。


P1060498.jpg
↑毎朝通ったパン屋さん。スーパーLTMの前。

P1060503.jpg
↑菓子パンが1個2ペソ。毎日色んな種類がある。どれも美味しい!

アルゼンチンよりチリの方が好きだけど、パンと雑貨だけはアルゼンチンの方が好き!
特にアルゼンチンパタゴニア地方のパンおいしーい!

P1060508.jpg
↑最終日に、ひとりで2時間ぐらいプチトレッキング。MIRADOR LOS CONDRESより。

天気が良ければ、奥のほうまでトレッキングに行っても良かったけど、
国境越えでフィッツロイに感動できたし、これで終了。
明日は、とうとう強風パンパだ。


エル・チャルテンの宿 ) ALBERGUE AHONIKENK
場所 ) バスターミナルからメインロード(GUEMES通り)を歩き、右側。レストラン併設。

ドミトリー ひとり50ペソ

共同ホットシャワー、キッチン。
キッチンは狭いし、トイレのドアとかタンクとか、色々壊れてる。
そして、ベットのシーツは毎回変えてないっぽい。
私のベットの枕はめっちゃ香水くさかった。安いけど、おすすめではない。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。

2012.01.26 *Thu

走行47日目 やっとエル・チャルテン到着!

11:30 LAGO DEL DESIERTO →(船)→ 12:30 対岸 約60分
13:30 対岸 → 17:20 EL CHALTEN 35.99km


朝、自分の右足を見たら、病気かと思うぐらい痣だらけだった・・・。
昨日、自転車を押してる時に、ペダルに何度も打ち付けたからだと思う。
両腕も筋肉痛で痛い。

そして天気は、曇り空・・・。

P1060456.jpg

イミグレで入国手続きをして、11時半発の船で出発。

P1060457.jpg
↑チケットはすでにチリで購入してたけど、さらに自転車代として20ペソとられた!せこい!

12時半頃対岸に到着し、ここからエル・チャルテンまで約35km。
さぁ出発と思ったら、相方の自転車が、前輪・後輪ともパンク・・・。
アウストラル街道を走ってる時、たった1度しかパンクしなかったのに、
昨日の移動がよほどストレスだったんだろう。

他のチャリダーに置いてけぼりにされたけど、修理が終わる頃、
びっくりするぐらい晴天に!

P1060465.jpg

フィッツロイは正面にそびえ、横に流れてる川はキラキラと輝き、
気分も明るくなって、ひさしぶりに着たレインウェアを早速脱いで出発。

P1060466.jpg

しかし、疲れた体と自転車にはツラすぎる悪路!
早く町に着いてゆっくりしたいのに、スピードが出せない。
自転車壊れるんじゃないかとひやひやしながら、走る。

P1060483.jpg
↑フィッツロイ以外の山もあまりに鮮やかに綺麗で、ついつい立ち止まってしまう。

途中、突風に翻弄されながらも、なんとかチャルテンに到着。

P1060485.jpg

ひさしぶりのアスファルトのなめらかな感触に、私も相方も思わず声をあげてしまった。


そして、約1ヶ月ぶりの牛肉をほおばり、辛かった2日間を終えました。

P1060487.jpg
↑2人で約1キロ。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。

2012.01.25 *Wed

走行46日目 超辛い、アスレチックな国境越え。

7:05 VILLA O’HIGGINS → 7:45 船乗り場 7.8km
8:30 船乗り場 →(船)→ 11:20 CANDELARIO MANSILLA 
12:00 CANDELARIO MANSILLA 
→ 21:40 LAGO DEL DESIERTO  約21km


今日はチリのオヒギンスから、
アルゼンチンのエルチャルテンに向かう日。

チャリダーの中では美しいけれど大変という有名なルート。
何が大変かというと、普通のトレッキングロードを自転車で越えなければいけない。
細い道を通ったり、橋が丸太だけの川を越えたり、湿地帯を越えたり・・・
徒歩なら簡単な道だけど、数十キロの荷物を積んだ自転車で通るとなると、
難しさは何倍にもなるのです。

馬を借りて自転車の荷物を運んでもらい、
自分は空荷の自転車だけで越えるという選択もあり、もちろん私はその気満々だったけれど、
面倒くさがりの相方は気が進まないようで、
なおかつ、馬を使うなら2泊3日になってしまい、しかも天気予報によると3日目は雨・・・。

フルパッキングでトレッキングロードを越えるのも嫌だけど、雨も嫌!

どうせ辛いなら雨を避けよう・・・ということで、
前日熱が出そうなぐらい嫌だったけど、馬を使わずに国境を越えることにしたのです。


そして当日、朝5時起きで出発の準備をし、7時過ぎに宿を出発。

P1060354.jpg

船で湖を渡らないといけないので、船乗り場まで約8キロ弱を40分、自転車で移動。

P1060359.jpg

今日はチャリダーが多く、12人。
しかも、そのうち5人が女性!
女性ひとりのアルゼンチン人、女性2人組のスイス人、
60歳ぐらいと思われるオーストラリア人、そして私。
こんなしんどい国境を自転車で越えるなんて、みんな物好きだ・・・。

P1060362.jpg

そして約2時間半かけて、イミグレのある対岸へ。(40000チリペソ(80ドル))

P1060382.jpg

そこからアルゼンチンの国境まで約15キロ。

自転車に荷物をパッキングし、
まずは1キロ走ったところにあるイミグレで出国手続きをし、腹ごしらえをして出発。

P1060388.jpg

いきなり急勾配の上りから始まり、
最初の4キロは砂利だらけだったりして乗れない部分が多い。

P1060397.jpg

P1060391.jpg

渡ってきたオヒギンス湖は太陽に照らされてキラキラとエメラルドグリーンに輝いてるけど、
ゆっくり眺めてる暇なんかはない。

P1060387.jpg


私がひーひー言いながら上ってる時に、何組も徒歩で越えてる人達とすれ違う。
奇異なものを見るような感じで、

「SUERTE・・・・(幸運を)」と声をかけられる。

徒歩の人達もしんどそうなのに、その道を自転車で越えるなんて、
私もどうかしてると思う!
こんなのサイクリングでもなければ、トレッキングでもないし、ただの苦行だ。


でも・・・ようやく約4キロの上りが終わりかも・・・って時に、
森の隙間から見えてきたフィッツロイ。

P1060400.jpg

なんなのこのご褒美!
ちょっと感激して泣きそうになった。

そこから、きれいに見えるフィッツロイを見ながら、
自転車で走れる道をしばらく走る。

P1060404.jpg

P1060407.jpg

途中、空港があって、そこの滑走路を走る。

P1060411.jpg

P1060418.jpg

この時はまだ、自分の写真を撮ってもらう余裕があった。

P1060430(1).jpg
↑着いた国境。この時点で17時。


そしてここからが苦行の本番。
残りたった6キロだけど、完全なるトレッキングロード。

普通に押せるところも結構あるので、そこは問題ないんだけれど、
たまに現れる難関。もはやハードなアスレチック。

P1060432(1).jpg

森の中をかきわけ・・・

P1060433.jpg

丸太で川を越えたり、、、

P1060442(1).jpg

溝を通ったり。。。

急な坂に大きな石や木とか障害物があったら、ひとりで押すの無理!
何度立ち往生したことか・・・。

でも、フルパッキングで越えるなら、荷物を何度も外さないといけないって聞いてたけど、
幸い私の自転車のサイドバックは高い位置に取り付いてるので、
一度も外さずに越えることができた。

相方の自転車も、左側のサイドバックを外して他のところに積んだので、
荷物を運ぶために何度も往復することもなかった。

川も、相方の靴を犠牲にして、私の自転車を運んでくれたので、
私の靴が濡れたのもちょっとだけ。

でも、ここ3週間程、激しい腰痛に悩まされてた相方の体はボロボロ・・・。
痛くて何度も悲鳴をあげるし、聞いてられない。
私は肉体的より、精神的に辛かった。


2人で1台ずつ自転車を押したり引いたりして、なんとか暗くなる前、
21時半過ぎに、やっと、やっと、アルゼンチンの船乗り場&イミグレに到着!

P1060447(1).jpg

途中、私のブレーキがおかしくなって修理したりしたけど、
峠の国境から約6キロ、4時間半もかかった!

もちろん、今日ここに向かったチャリダー2組、トレッキング組1組より
随分遅れて、最後に到着。
途中まで私たちの方が先だったのに、
まさか、歩いて越える人より遅くなるとは思わなかった・・・。

湖の向こうに見えるフィッツロイはとてもきれいだったけれど、
のんびり見てる程、心にも身体にも余裕がなく、
入国手続きも明日にまわして、さっさとテントを立ててごはん食べて就寝。

P1060450(1).jpg

アウストラル街道の終点オヒギンスからエル・チャルテンに行くには、
近道だけれど、お金も体力も使うハードなルート。

本当に今日は疲れた1日だった。


ちなみに、私たちが最初の船を降りた後、オプションの氷河ツアーに行ったチャリダー5人は、
ツアー終了後、国境の峠まで走ってキャンプし、翌朝アルゼンチン側のトレッキングロードを
たった2時間で降りてきた!私ら4時間半かかったのに・・・。
そのうち2人は女性だったけど、他3人のフォローに随分助けられたらしい。
ひとりじゃ持ち上げられないフルパッキングの自転車も、3人以上いたら難しくないし、
チーム組んで越えたら楽だったろうな。
結局同じ船だったチャリダーみんな、馬を使わず越えてきた人ばかりでした。
みんなたくましい!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。

2012.01.25 *Wed

アウストラル街道、走りきったよ!

ネット環境が悪かったので、20日間ぐらいブログ更新できませんでしたが、
1月22日、無事アウストラル街道の終点、VILLA O’HIGGINSに到着しました!

a(1).jpg

12月9日にアウストラル街道の0km地点プエルト・モンを出発して、
約1ヶ月半、内走行22日、約1200km。

やっと到着した!っていうより、とうとう終わってしまったー!って思えるぐらい、
素晴らしかったアウストラル街道。

嫌いなダート走行がほとんどだったし、辛かった道もいっぱいあったけど、
美しい景色に励まされながら、毎日楽しく走れました。

アウストラルに入る前は、
私には、途中ヒッチしないと無理ちゃうかって思うぐらい不安だったので、
走りきれて本当に感無量。

とりいそぎ、近況報告にて。
ぼちぼち、途中の日記をUPしていきます。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。

2012.01.22 *Sun

走行45日目 アウストラル街道で一番笑顔の多い場所。

10:05 62km地点 → 13:25 VILLA O’HIGGINS 35.09km


とうとう最後のアウストラル街道。
もうすぐ終わりなんだ、と、名残惜しく思いながら走った1日。

P1060322.jpg

P1060323.jpg

今日は、アウストラル街道の南の出発地点オヒギンスを出発したばかりのチャリダーと
何組かすれ違った。


お互い、満面の笑み!


出発したばかりの彼らは、これから出会うだろう素晴らしい景色に期待いっぱい。

そして私は、約1ヶ月半かけて走ってきたアウストラル街道のゴールがもうすぐ!
という達成感で胸いっぱい。


今まで逆方向に向かうチャリダーとすれ違うことはあったけど、
こんなにお互い嬉しそうな表情をしてたことはなかったと思う。

P1060331.jpg


そして・・・。アウストラル街道の終着点、オヒギンスに到着!!


P1060334.jpg


不安だらけで、トラブルもあったけど、素晴らしい景色を楽しみながらここまで走れてよかった!
次は、強風とパンパのアルゼンチン。そしてその前に、今までで一番辛そうな国境越え・・・。
とりあえず、2-3日オヒギンスで休養です。


オヒギンスの宿 ) EL MOSCO
場所 ) アウストラル街道沿い。

テント泊 1人5000ペソ、 ドミトリー 1人8000ペソ

ホットシャワー、Wi-fi、共同キッチン(冷蔵庫あり)

値段は高いけど、共同スペースは居心地がよく、キッチンも使いやすい。

P1060342.jpg

テント張る場所も平らなところが多くて、意外と寝心地よかった。
ハンモックもある。チャリダーだらけの宿だった。

P1060346.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。


2012.01.21 *Sat

走行44日目 最後に水遊び。

8:40 RIO BRAVO → 17:00 約62キロ走った滝のそば 62.02km


アウストラル最後の町、VILLA O’HIGGINSまで、約100kmの道のり。
相方ひとりなら1日で走れただろうけど、私がいるので、今日は途中で野宿の予定。

P1060271.jpg

結構キツい勾配の坂を3つ4つ越え、とりあえず今日のノルマは終わり!
あとは適当なテン場を探すだけ。

坂を越えた頃に氷河が見え、氷河から流れて来た小川発見!

P1060286.jpg

P1060285.jpg

まだ47kmぐらいしか走ってないけど、
自転車いれるのも簡単な場所だし、きれいな水と広い場所、近くに見える2つの氷河、
ロケーション最高のこの場所でキャンプしたい!

アウストラル街道も最後だし、こんなきれいな川で水遊びしたい!
と相方に提案されるも却下。明日のためにもうちょっと走ることに。

これ以上のテン場はもうないだろうな・・・といじけて機嫌が悪くなる私。
せっかくアウストラル街道のラストナイトなのに!!

ぶーぶー文句を言う私に、相方も機嫌が悪くなり、
2人無口に黙々と走り続け、ようやく62km走ったところに滝を見つけ、
今日はここで野宿することに決定。

P1060291.jpg

P1060290.jpg

ここの小川も氷河の水なので、気温は高くても水は冷たい。
でも、2人ビーサンで足首までつかって水遊び。

ここの場所は地元の人も立ち寄るようで、
水をくんでいったり、仕事の汗を流していく人がちらほら。

今日は途中に氷河が見えるポイントがほんと多かった!

結局相方は私よりも水遊びに熱中し、機嫌もなおって、ご飯食べて就寝。


そして夜中、私の左ひじが寝れないぐらい痛くなって目が覚めた。
アブに刺されたところがかなり大きく腫れてて、
その炎症でひじが痛くなってるのか・・・。関節痛みたいに痛い・・・。
痛み止めの薬を飲んで、水で冷やして、なんとか寝たけど、何だったんだろう。

でも、起きたおかげで満天の星を見れました。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。

2012.01.20 *Fri

走行43日目 ステキな待合所

10:30 TORTEL → 15:45 PUERTO YUNGAY 42.22km
18:00 → (船) → 18:45 RIO BRAVO


トルテルの町には、アウストラル街道から約22kmそれて寄り道してきた。
だから同じ道を走って戻ることになる。

最初と最後にアップダウンがあるけど、大部分が平坦な道なので、分岐まではあっさり到着。

P1060232.jpg

そこからは急な上りで、、、しかも結構キツくて、何度も休憩しながら山を越える。


そして16時前に港に到着。
ここから対岸に渡る船(無料)は18時発なので、カフェで贅沢にレモンパイとコーヒーでのんびり☆

P1060233.jpg
レモンパイ1500ペソ(約220円)、コーヒー600ペソ(約100円)

昨日同じ宿に泊まっていたスイス人女性2人組チャリダーも到着し、
同じ船に乗って、対岸の待合所で一緒に野宿。
向かう先も同じ彼女たちとは、今後何度も会うことになる。

P1060236.jpg

私は建物の中にテントを立てて寝たかったけど、相方が面倒くさがったので、
結局みんな、マットと寝袋で建物の中で就寝。

P1060250.jpg
↑マウンテンビューで、男女別&ペーパー付きのトイレ設備あり。
 近くの川からひいてきてる水道あり。電気なし。

P1060254.jpg

満天の星を見ながら寝れるなんてステキ!(しかも無料)
だけど私は、暗くなる時間(23時頃)を待てずに熟睡・・・


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。

2012.01.19 *Thu

不思議な色の海と、風変わりなTORTELの町。

TORTELの町に着いて歩き回ってから、ふくらはぎが筋肉痛です。

自転車のせいではなく、それは、、、


P1060136.jpg


階 段 !


P1060141.jpg


K A I D A N !


P1060098.jpg


この町は以前、他の町から道路が通っておらず、
船と飛行機でしか来れない入り江に存在し、陸の孤島だったのです。
他の町とつながったのは、なんとたった10年前。

湿地帯で地面がやわらかいため、
木で出来た階段と遊歩道が家や施設を繋いでおり、人はそこを通ります。

急斜面に家が建ってるので、階段がたくさんあり、
町の中には、自動車も自転車も走っていません。自転車屋なんてもちろんない。
(子供用の自転車は見たけど、走るためというより、遊ぶため。)

だから、自転車のある私たちは階段を降りたくないため、
どうしても町の入り口の宿に泊まりたかったのです。

先輩チャリダーの言うとおり、自転車で使う筋肉と歩く筋肉は全然違うようで、
階段も何度も上り下りした私の足は筋肉痛・・・。


アウストラル街道を南下してる時、
チリ人からトルテルはすごく綺麗なところだよって何度も勧められてたけど、
綺麗というより、独特で個性的な町。

P1060188.jpg

町をよく見れば、あちこち建設中だったり散らかってたりして、美しいという感じじゃないけど、
海の色は不思議な乳白色の緑だし、立体的で迷路のような町は歩いててとても楽しい。

P1060124.jpg

P1060125.jpg
↑おやつにそのへんに生ってたへびいちご。

P1060172.jpg
↑物価の高いこの町で気軽に買えた100ペソ(約15円)のアイス。チョコとラズベリー味。
3回食べた。


インフラはまだ完全に整っておらず、水は黄色いし、毎日停電もする。
物価はもちろん高いし、野菜もなかなか手に入らないし、あっても新鮮じゃない。

P1060101.jpg

でも、町は意外に広く、隅々まで歩き回ると2時間ぐらいかかる。

P1060192.jpg

P1060209.jpg
↑セントロの図書館。地元の人はもちろん、旅行者もインターネットがフリーで35分できる!
 その中途半端な時間設定は謎だけど、チリの図書館はネットが使えるところが多くて重宝。

P1060211.jpg
↑でも、町の入り口に新しい図書館ができたので、このかわいらしい場所は閉鎖されるかも。


道路がこの町につながって、観光で人が多く訪れるようになったからか、
公共施設が道路近くに新設され、新しい家もあちこち建設中。

2日半トルテルの町を歩き回って楽しんだし、明日は出発。
アウストラル街道も、残り約150キロです。


トルテルの宿)HOSPEDAJE CHANITO
場所)町の入り口すぐ。インフォメーションの横。

ひとり6000ペソ。
ホットシャワー、冷蔵庫、簡易キッチン(ガス台と湯沸しポットのみ)

P1060092.jpg

私たちはコッヘルやナイフを持ってたので、そう不便ではなかったけど、
持ってない人は、オーナーの家にいちいち借りに行かなければならない。
洗う時も、洗面所を使うか、オーナーの家にて。
ダブル1部屋、3人部屋が2部屋のみ。
部屋はかわいい感じだけど、シーツは毎回交換してないような気が・・・


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。

2012.01.17 *Tue

走行42日目 ピンチ!

7:55 RIO JARAMILLO → 12:45 TORTEL 48.58km


今日はいつもより早起きして出発。
というのも、今日の目的地TORTELの町が午後から雨らしいし、
できれば町の入り口の宿に泊まりたいので、できるだけ早く到着したいのです。
いつもならなかなか起きない相方も、今朝は早い。

私が出発にモタモタしてると、どうしても雨に降られたくない相方は、
「雨に降られたらゆきみのせいだからね!」と私を脅す。ひどい。

分岐まで約26キロは、ダートの状態は悪めだけど、平坦な道が長く続き、
3時間弱で到着。

ここで休憩してる時、相方が重大なことに気付いた。
相方のカバンに挟んでた自転車の空気入れの一部品が無くなっている!!
つまり、タイヤがパンクしても、修理後空気を入れることができず走れない!
しかも、次に向かうTORTELの町には、絶対空気入れなんて売ってない。
最近、私も彼もタイヤパンクしてないけど、パンクなんていつしてもおかしくない。

「だから言ったじゃん!ゆきみも空気入れ買えって!」

私に逆ギレされた。ひどい。
私の自転車はパンク滅多にしないし、荷物増やしたくなかったし・・・
というか、空気入れの部品がはずれた時、ポロっと落ちそうな場所に入れておく方が悪いやろ!

もしここでパンクしたら、約20キロ先のTORTELの町までヒッチハイクするか、
重い自転車を押していくか・・・。
せっかくここまで自転車で走ってきたのに。

時限爆弾を抱えてるような気持ちで、あと、15キロ・・・10キロ・・・と、
ひやひやしながら走る。

P1060089.jpg

幸い、2人の自転車は何事もなく、無事TORTELの町に着いた。
まだ13時前だったので、お目当ての宿にも一番乗りでチェックイン。

さぁ、これから空気入れを探しにいかないと・・・
こんな町で売ってても高いだろうな・・・
売ってなかったら、バスでコクランまで戻らないと・・・
戻るにしても、毎日バス走ってないし、何日ロスするんだろう・・・
と思っていたら、無くした部品の予備を相方が持っていた!

グッジョブ!だけど、もっと早く気付け!!

アウストラル街道の終盤で最悪な事態になるかと思ったけど、
問題なくてよかった。

雨は予報通り夕方から降り始め、結果的に今日は計画通りうまく過ごせた。
風変わりなTORTELの町については、また次回。

P1060082.jpg
↑今日何度も見たヤギ。この写真を撮ろうとして、砂利ですべってコケた。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。

2012.01.16 *Mon

走行41日目 コクラン出発

8:45 COCHRANE → 18:10 RIO JARAMILLO 74.79km


本当はもう1泊コクランでゆっくりしたかったけど、
天気予報をチェックすると、今日出た方が良さそうだったので、休憩は2日間だけで出発。

今日の道は、勾配がキツい坂は少なかったけど、
道の状態は悪い方で走りづらかった。

明日、諸事情により早く次の町TORTELに着きたかったので、
今日はいつもより多めに、74キロ走って野宿。

P1060038.jpg

P1060070.jpg
(↑たまに見かける馬。ちゃんと後で家に帰れるのか?)

相方はもうちょっと走りたかったみたいだけど、私はくたくただったのでここで終わり。

P1060072.jpg
↑今日のテン場。飲めなさそうな川でも、水があると便利。
 後からチャリダーが3人来て、対岸でキャンプしてた。しかも水冷たいのに水浴びまで・・・
 ベットには靴で乗ったりするのに、
 冷たい水でわざわざ体洗う外人のキレイ好きってよくわからん。。。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。

2012.01.13 *Fri

走行40日目 2月にアウストラルに来たなら、ぜひプエルト・ベルトランドへ!

9:20 PUERTO BERTRAND → 16:40 COCHRANE 45.06km


昨日頑張って多めに65キロ走っておいて大正解。
今日は、ほんとーーーーーに、しんどかった!!

川に沿って道があるのに、アップダウンばかり。ほとんど平坦な道がなくてキツい!
しかも、結構急勾配な坂があって、私ばかりか相方までも自転車を何度も押すことに。

P1050951.jpg

P1050955.jpg
↑このRIO BAKERは、コバルトブルーでめちゃくちゃきれい!写真よりもっと。
 この川でラフティングするのめっちゃ気持ちよさそう!!
 30000ペソ(約4500円)らしいので、やってみたらよかったかとちょっと後悔。
 プエルト・ベルトランドでは、毎年2月16日の前か後ろの1週間、
 ラフティングなどのアクティビティが全部無料になり、
 さらにごはんやお酒も振舞われたりするらしいです。その時期に来たかった!
 宿は全てフルになるので、ツーリストはテント持参で集まってくるそうです。


そして今度は、川の色が乳白色のエメラルドグリーンに。

P1050960.jpg

P1050970.jpg

アップダウンで苦しいけど、美しい景色に励まされるのだけが救い。

P1050985.jpg

のぼって

P1050987.jpg

のぼって

P1050992.jpg

のぼって

P1060001.jpg

写真を撮るために止まったら怒る相方を先に行かせて、
休憩するふりをして写真を撮ったり、

P1060013.jpg

そして、くたくたな体でコクラン着きました!


コクランでは、同じ宿で日本人のおぎくんと出会う。まさかこんなとこで日本人に会うなんて!
アウストラルで日本人旅行者に会ったのは3人目です。


コクランの宿) HOSPEDAJE ANA LUZ
場所) RIO LOS NADIS通りの、北の方。パルケから徒歩5-7分。

ひとり6000ペソ(インフォメーションで5000と紹介されたと言ったら5000ペソになった。)
ホットシャワー、キッチン。
庭に仔猫が住んでた。きれいだし、ホットシャワーのお湯たっぷりだし、居心地よかったです。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。

2012.01.12 *Thu

走行39日目 休みすぎたツケ?

10:00 PUERTO RIO TRANQUILO → 18:15 PUERTO BERTRAND 
64.54km 


朝からくもり。
出発するかどうか迷ったけど、天気予報じゃ晴れだったし、青空が見えてきそうだったので出発。

P1050888.jpg

いきなりの結構急な上りを調子乗って走ってたら、気持ち悪くなってきて、
立っていられなくなり、自転車倒して座り込んでしまう。

こんなの初めて。
酔っ払ってるみたいに、吐きそうだし、目の前がまわってる・・・。

6日ぶりの運動に、いきなり激しい上りがダメだったのか・・・。

このまま走れるのか不安になるも、(鬼の)相方は進む気満々で戻る気配を見せないので、
とりあえずぼちぼち進もうと、なるべく息があがらない程度に走る。

P1050902.jpg
↑だんだん晴れてきて気持ちに余裕が出てくる。

P1050909.jpg
↑カーブを曲がるとこんな山が正面に待ってたりして、顔が思わずほころぶ。


ダートの状態はこれまでよりも随分きれいになっていて、スピードを出せて走りやすかった。
でも、アップダウンは結構あって、最後10キロはもうへとへと。

なんとか目的地PUERTO BERTRANDに到着し、
安宿も簡単に見つかり、ごはん食べて早々に就寝。

P1050948.jpg
↑村にいた牛柄の馬。


プエルト・ベルトランドの宿) RESIDENCIAL LOS COIGUES
場所) 村は2つに分かれていて、湖側じゃなく、上の方にある。村の入り口も2箇所。
    湖側に入ってから上がると急勾配の坂なので、RUTA7の北入り口から入る方が楽。

ひとり4000ペソ。ホットシャワー、キッチン。
安いわりにきれいだし、宿の人も感じがよく快適だった。
ホットシャワーはタンク式で、夜のみ。

P1050944.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。

2012.01.10 *Tue

ひとやすみのつもりが・・・

久しぶりに雨が続いて、3-4泊で出発したかったのに、5泊目です。
宿の居心地がいいので延泊は問題ないけど、村で買える食材は乏しく、
じゃがいも、玉ねぎ、トマトソース、パスタなどを使って単調な食事が続きます。
お肉も結構高いので、到着した日は鳥肉を食べたけど、休息日は野菜のみ。
宿の朝食のパンが結構ボリュームがあるので、お昼は食べず、1日2食です。

P1050886.jpg

以前書いたとおり、この村は観光地なのでチリ人も多く訪れるのですが、
それ以上にイスラエル人がめちゃくちゃ多い。

アウストラル街道に入って、LA JUNTAあたりからチラホラ見かけるようになったけど、
コイアイケからさらに見かけるようになった。
夏のパタゴニアはラエリーだらけとは聞いてたけど、
アウストラル街道にもこんなにいると思わなかった。
1人や2人組ぐらいならいいけど、4人以上になると、途端にうるさくなる彼ら。
この村にも、バス待ち、ヒッチ待ちの団体がうじゃうじゃといます。
絶対宿で一緒になりたくない。(なったけど・・・)

そして、以前キャンプ場で出会った2人組のポーランド人のチャリダーに、宿で再会。
チャリダーといっても、10日間限定で、かなり軽いノリで来ていたおじさん2人。

私の自転車もナメた装備なので、本格的に走ってる人と出会うと恥ずかしくなるんだけど、
そんな私が、大丈夫かなぁって心配するような自転車だった。

セロ・カスティージョの手前の峠で分かれてから、あの後どうしたのかなぁと思ってたら、
ダートに入って案の定1日で自転車が壊れたらしく、修理もできず、お手上げ状態。
仕方なしに自転車旅を諦め、サンチャゴに戻り、山登りに行くとのこと。
せっかくリオ・トランキーロの町にいるのに、
カピージャス・デル・マルモルの観光さえしないぐらいテンション低かった。

軽いノリでアウストラル街道の悪路を走ろうとするなんて、
ちょっと自分とかぶって、なんか応援したかった(笑)
おじさん、いつかリベンジしてほしい!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。

2012.01.07 *Sat

大理石の礼拝堂。CAPILLAS DEL MARMOL。

やってきたPUERTO RIO TRANQUILOという村は、
今まで通ってきたアウストラル街道の中でもかなりツーリスティック。

というのも、ここはCAPILLAS DEL MARMOLという奇岩群が見れることで有名。
私も結構楽しみにしていて、自転車で到着した翌日の今日、
早速ツアーに参加してきました。
(ボートツアー:6人以上集まれば、ひとり5000ペソ。
 たった750円で約1時間半のツアー!毎日、人が集まり次第随時開催。)

CAPILLAS DEL MARMOLとは、「大理石の礼拝堂」という意味。
どのへんが礼拝堂なのかはよくわからなかったけど、
大理石のマーブル模様に、湖のコバルトブルーがうつって、めちゃきれいでした。

P1050703.jpg
↑13時頃から1時間ちょっと待って6人集まったので出発。

P1050707.jpg
↑湖の色がきれいすぎる!

P1050716.jpg
火山でできた大理石が湖によって侵食されたようです。

P1050805.jpg
洞窟の中にも入ってくれます。

P1050792.jpg
上陸もできる。

P1050737.jpg
すべすべのひんやりした大理石。

P1050779.jpg

P1050762.jpg

P1050815.jpg

P1050826.jpg

P1050829.jpg

P1050833(1)(1).jpg

パタゴニアは高いって言われるけど、アウストラル街道の観光費も宿もそんなに高くないし、
オンシーズンでもお客さんも多くない。
ぜひぜひたくさんの人に訪れてほしい場所です。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。

2012.01.06 *Fri

走行38日目 逃げ場のない道。

9:30 ARROYO AMOTINADOS 
→ 17:20 PUERTO RIO TRANQUILO 58.64km


昨夜、雨が降るんじゃないかと心配したけど、朝起きたら晴れ。
雲はあるけど、雨は降りそうにない。
やっぱりこれぐらいの天気じゃないと、気持ちに余裕ができないな。

P1050634.jpg

短い急勾配の坂を何度か繰り返し、先に進む。
昨日に引き続き、良くも悪くもないダート道。

P1050648.jpg
↑川沿いを走る。

P1050654.jpg
↑カヌー。気持ち良さそう!


35キロ走った分岐にレストラン&宿があったので、ここで昼食休憩。
アルムエルソ(ランチセット)は高かったけど、
カルネ(お肉)のサンドイッチが1500ペソ(約220円)と手ごろだったので、
これを注文。

P1050659.jpg
↑どうせペラペラの肉1枚だろうと思ってたら、レタスもついて、結構ボリューム大!

このサンドイッチ食べれなかったら、クッキーしか食料なかったし、
しっかり食べれて良かった!!


そしてここから、ウワサの悪路。

P1050662.jpg

写真じゃ伝わらないけど、コルゲーション(洗濯板みたいになった道)と砂利がひどくて、
さらに逃げ場がない。

コルゲーションばかり走ると自転車やキャリアが壊れるので、
右側通行なんて守ってられなくて、少しでもましな場所を探して、
真ん中走ったり、左を走ったり。
北上組のチャリダーが、今までの道をきれいだと言ってたの、納得。
こんな道より全然まし!

時速はほとんど10キロ以下。
上り坂も下り坂もゆっくりゆっくり進む。

P1050663.jpg
↑あれは・・・・

P1050665.jpg
↑うし!!!


そして、川沿いを走ってた道が、途中から湖沿いになり、
乳白色の川から、きれいなブルーに!

P1050690.jpg


道はひどいけど、景色はきれい。
そんな道を約23キロ走って、プエルト・トランキーロに到着。

P1050691.jpg

インフォメーションで安宿を聞いて行ってみたら、残念ながらフル。

でも、その裏の宿を紹介してくれ、しかも出来立てできれい!
ひとり6000ペソだったので、ここに決めて2-3日休憩です。

宿)名前は不明。
場所)宿LA PAZの裏。LA PAZの横から入る。
   LA PAZの場所は村の人に聞けば知ってます。

1人6000ペソ。
バスルーム付きのダブルが1部屋。共同バスルームの3人部屋が2部屋。
ホットシャワー、キッチン付き。
私たちは最初のお客さんだったからか、バスルーム付きの部屋に朝食付きで
6000ペソだった。
今はバスルーム付きの部屋は値段違うかも・・・。
朝食は、他のお客さんは食べてなかったので、今後はなさそう。
壁が薄いので、うるさいグループと一緒になったらストレスたまるかも。
空いてたらLA PAZでも全然よいと思う。キッチン充実、宿の人もいい感じです。

P1050885.jpg
↑宿のキッチン。ぴかぴか。
 まだガスと水道が使えなかったので、LA PAZのキッチンを使わせてもらった。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。

2012.01.05 *Thu

走行37日目 アウストラル街道は青空の下で。

9:30 VILLA CERRO CASTILLO → 17:50 ARROYO AMOTINADOS
60.8km


今日は一応晴れてるけど、風が強く、進行方向に黒い雲が・・・

P1050595.jpg

P1050591.jpg
↑わざわざテントの場所まで見送りにきてくれたキャンプ場の足の悪い猫。
 チリの猫、なついてくるのが多くて天国!

村を出てから上りが続く道で、6-7キロ走ったところで、
「雨が降りそうな雲あるし、引き返そうか?」と相方に提案される。

P1050607.jpg

一応天気予報じゃ晴れになってたし・・・
6-7キロも上ってきた道をまた引き返すのも・・・
と思って、私は進みたいと返事。

それで進むことにしたけど、相方が私より遅いし、自転車押したりしてる。
そんなこと滅多にない。
どうやら、今朝からの腰痛がひどいみたい。

それなら戻ろうと思い、「引き返そうよ」と今度は私から提案するも、
天邪鬼な困った相方は、「もう遅い。進む。」と言い張ってきかない。

何度声かけても進むというので、仕方なしに従う。

これでさらに雨降ったら、相方の機嫌がもっと悪くなって、
私のせいにされるだろうな・・・と思ってたけど、
幸い雨は降らなかった。

でも、黒い雲が時折現れ、山や太陽を隠すので、せっかくの景色も暗い。
やっぱり、引き返せばよかったかな・・・

P1050613.jpg

雨の日走行は絶対避けたいと思ってたけど、
晴れの日のアウストラル街道の美しさを知ったからには、
贅沢だけどくもりの日も、走るのを避けたい。
一度しか見れない景色、せっかくなら青空の下で見たい!

これからは、雨の日を避けるんじゃなくて、天気のいい日を選んで、
素晴らしいアウストラル街道を大切に進もう。


今日は向かい風もひどかったけど、なんとか60キロ進み、
昨日キャンプ場で会ったチャリダーが教えてくれた川辺で野宿。

P1050627.jpg
↑今日のテン場。ちょうど60km走ったぐらいの川の下。
 たまにここでキャンプする人がいるみたいで、火を起こした跡がちらほら。
 水もあるし、流木があるので簡単に火も起こせるし、いいテン場だった。
 ただ、毛虫がいっぱいいて、私の自転車を這うこと5回、私の足に上ってくること1回。。。絶叫。


ところで、北上組チャリダーが教えてくれた今日のダート、みんなきれいだと言ってたけど、
コルゲーションも時折現れるし、
アスファルトから入った私にとっては、思ってたより走りやすい道じゃなかった。

ということは、彼らはもっと悪い道を走ってきたことになる。
この先不安・・・。

P1050625.jpg
↑川の側にいたカエル。あ、写真でかすぎてきもい?

P1050631.jpg
↑これから野宿が増えそうなのでコイアイケで買ったイス。私のは右で250円ぐらいだった。
 地べたに座るの嫌いな私には、重宝です。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。

2012.01.04 *Wed

走行36日目 美しく格好いい山、セロ・カスティージョ。

10:30 LAGUNA CHIGUAY → 13:10 VILLA CERRO CASTILLO
36.7km


今日も晴天の中、出発。
いきなり7キロのきれいな下り。

P1050514.jpg

その後約14キロの峠越えだけど、時速10キロ以上出せるぐらい緩やか。

P1050516.jpg

P1050531.jpg

景色を楽しみながら、楽らく峠に到着。

P1050542.jpg

その後、約16キロの、長くきれいな下り。
ガンガン走れるダウンヒルだけど、全然集中できない!!

P1050545.jpg

というのも、CERRO CASTILLOの山が美しすぎて、
何度も止まっては写真を撮り、スピードを緩めてはその姿をゆっくり楽しんだり。

P1050553.jpg

P1050563.jpg

きれいだとは知ってたけど、実際見てみると迫力がある!
CASTILLOとは、日本語で「城」。
「城」というより、要塞のように見えるその山は凛々しい。
CERRO(丘)というぐらいだから、山じゃないかもしれないけど、
丘なんて穏やかな感じはしない。

複雑なその姿は、見る角度によって雰囲気が違ってくる。
この下りの道で見たセロ・カスティージョが一番美しかった。

今日は36キロしか走ってないけど、ここで1泊。
ケンくんに教えてもらったキャンプ場が居心地良さそうだったので、
普段村や町では宿に泊まるけど、今日はここでテント。

P1050571.jpg

数頭の馬やひつじ、犬、猫がいてほのぼの。

まだお昼過ぎだったので、村をぶらぶらしたり、
芝生にマットをひいてお昼寝したり。

P1050582.jpg

パリージャを貸してもらえたので、
ロンガニッサ(チョリソー)とじゃがいもを買ってきて、晩ご飯。

P1050589.jpg

今日のキャンプ場も、お客さん8人中、6人がチャリダーだった。

P1050586.jpg
↑テント泊だけど、室内のキッチン(火は薪のみ)を使えて便利。
ここもホットシャワーは薪だった。


宿) CAMPING LA ARAUCARIA
場所) LOS PINEROS通りの一番奥。

1泊 テントひとり2500ペソ。キッチンにあるベットはひとり5000ペソ。 

2012.01.03 *Tue

走行35日目 2012年走り始め。

11:30 COYAIQUE → 17:50 LAGUNA CHIGUAY 58.9km


8泊もしたのに、あっという間だったコイアイケ滞在。
もし雨降ったら延泊する気満々だったのに、こういう時に限って雨は降らないもので・・・。
というか、12月9日にアウストラル街道を走り初めて、
そのうち雨が降ったのは5日ぐらい。

相方なんて、雨の多いアウストラル街道を走る前に、
約2万円出して、レインジャケットを新調したのに、一度も着たことがない。
雨が降った日は、幸い宿に泊まれてたので、そのまま延泊。
嬉しいことに、想像してた以上に天気がいい。
道中の水場が枯れるの心配するぐらい。(実際いくつかの小川に水がない)


約1週間共に過ごしたケンくんと一緒に出発し、彼は北へ。
私たちは南へ。また南米のどこかで再会できるかも!

P1050466.jpg

そして気持ちのいい天気の中、牧場みたいな場所をひたすら走る。

P1050472(2).jpg

P1050484(1).jpg

P1050492(3).jpg

P1050494.jpg

上りだけど、ゆるやかだし舗装だし、次の村EL BLANCOまであっさり到着。

P1050501.jpg
↑アルマジロの死体。生きてるところをこの旅行中見てみたい!

P1050502(1).jpg
↑EL BLANCOにあったマテ茶博物館。閉まってて入れなかった・・・。

その村で持参したサンドイッチを食べ、出発。


そこからダラダラと続く上り道。追い風だけど、長く続くとやっぱりしんどい。

P1050505(1).jpg

それに、今日はアブがめちゃ多い!
常に体のまわりに4-5匹は飛んでいて、容赦なく顔のまわりや耳、口までも襲ってくる。
ほんまキモいし!痛いし!
以前は手で叩くのためらわれたけど、
最近はサイクリンググローブした手でバンバン叩き落とす。
一度叩いただけじゃ死なないことが多いので、二度叩く。

18時前に、今日の目的地、標高1000m近くあるキャンプ場、
LAGUNA CHIGUAYに到着。

P1050510(1).jpg

6人お客さんがいたけど、そのうち5人がチャリダー。
広々としたキャンプ場で、トイレもきれいだし、薪も使いたい放題で、快適だった。

P1050513.jpg
↑ホットシャワーが使えるけど、薪シャワー。
 タンクのお湯が沸くのに1時間近くかかる。

ここにもアブが大量にいたけど、いつも19時頃になると、急にいなくなる。

8日ぶりの走行だったので今日は疲れた~。膝もちょっと痛い。


宿)CONAF LAGUNA CHIGUAY
場所)km 506

テント、1グループ(6人まで)5000ペソ。ひとりだと割高かも。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。

2012.01.02 *Mon

コイアイケで夏休み。

あけましておめでとうございます。

アウストラル街道の真ん中らへんにある、コイアイケで年越ししました。
4度目の再会・チャリダーケンくんと相方と私の3人です。

ここの気温は関西の初夏なみの快適さ。
その中でチラホラとクリスマスの飾りがあちこちの家を華やかにしてるけど、
それでもクリスマス・年末ムードは、日本に比べると全然なく、
観光客で人があふれてるかと思いきや、そうでもなく、
年越しカウントダウンは、街の中心部に設置された小さなステージで
ほんの少し盛り上がっていただけ。
元旦の今日は99%お店が閉まっているので、街はひっそりとしています。

でも!
クリスマスは峠越えしたり野宿したりと、
毎日自転車を走らせていた私たち日本人3人は、パーっと贅沢三昧。
だって、走ってる間は野菜不足、肉不足やし!

P1050448.jpg

コスティージャ(豚バラ肉)、ロモ肉(牛肉)、ロンガニッサ(チョリソー)と
野菜のオーブン焼きで、年越しディナー!約3キロの肉を3人でぺろり。
今日は紙パックじゃなくて、瓶ワイン(でも500円ぐらい)をゴクリ。

P1050416.jpg P1050419.jpg

それ以前にも、TENEDOR LIBRE(食べ放題)でお肉食べて、
宿のオーブンで鶏肉1匹丸ごと焼いて、

P1050414.jpg P1050415.jpg

久しぶりにPALTA(アボガド)買ってサラダ食べて、グラタン作って、

P1050421.jpg P1050412.jpg

贅沢にチーズのせカレー! 美味しそうなパン屋見つけたらつまみぐい!


釣りにも行きました。

P1050426.jpg

P1050430.jpg
残念ながら釣れなかったけど・・・・。

P1050436.jpg
スイカ割り。

P1050457.jpg

お正月というか、夏休みのお盆みたいな感じですが・・・。

3日から自転車旅再開予定です。今年もどうぞよろしく!


コイアイケの宿) HOSPEDAJE DON SANTIAGO
住所) ERRAZURIZ 1040(スーパーUNIMARCから徒歩約10分)

1泊1人7000ペソ(7泊以上するからということで、1泊6000ペソにディスカウント)
プライベートルーム、キッチン(冷蔵庫使用可!)、ホットシャワー、Wi-fi
宿の人がきちんとしていて感じがよく、めっちゃ居心地よかった。
客室は、1人部屋3部屋、2人部屋1部屋しかなくて、私たち3人でほぼ貸切だった。
自転車も屋内の部屋の近くに置かせてくれて安心。
すぐ近くのSIMPSON通りに自転車屋とランドリー(kg・1500ペソ)あり。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。

プロフィール

ゆっきー

Author:ゆっきー
2009年2月から、約1年・・・の予定を大幅に延長し、世界をふらふら一周中。英語もダメで不安だらけの女のひとり旅。2009年9月に再スタート。



最新記事



カテゴリ

旅立ちまで。 (69)
旅のきっかけ (1)
旅立ちまでの心境 (12)
旅の持ちもの (12)
旅の身だしなみ (1)
予防接種 (8)
健康診断・保険関係 (6)
旅のお金・カード類 (5)
本・ガイドブック (5)
インターネット便利ツール (3)
引っ越し・あと片づけ (5)
公的手続・役所関係・ケータイ (5)
パスポート・ビザ・航空券 (4)
旅のルート (4)
☆世界のATM事情 (2)
☆世界のネット事情 (1)
旅の小話 (1)
そのた (1)
中国 (15)
ラオス (8)
タイ① (3)
インド① (6)
ネパール (4)
インド② (20)
タイ② (3)
日本 (7)
アメリカ (3)
メキシコ① (12)
キューバ (5)
メキシコ② (2)
グアテマラ① (5)
エルサルバドル (3)
グアテマラ② (7)
ホンジュラス (2)
ニカラグア (4)
コスタリカ (6)
パナマ (10)
コロンビア (26)
エクアドル (17)
ペルー (45)
ボリビア (23)
チリ①(北部) (4)
アルゼンチン①(北部) (9)
パラグアイ (3)
アルゼンチン②(北~中部) (5)
チリ②(ビーニャ・デル・マル) (9)
アルゼンチン③(メンドーサ) (2)
チリ③(イースター島・サンチャゴ) (10)
アルゼンチン④(メンドーサ) (5)
ボリビア②(ウユニ・トゥピサ) (8)
アルゼンチン⑤(メンドーサ) (2)
チリ④(中~南部) (6)
アルゼンチン⑥(パタゴニア) (32)
チリ⑤(パタゴニア・ビーニャ) (7)
自転車旅(ビーニャ~湖水地方~プエルトモン) (40)
自転車旅(アウストラル街道) (30)
自転車旅(エルチャルテン~ウシュアイア) (6)



最新コメント



月別アーカイブ



旅の日数。



旅の足あと。

PassportStamp



↓お世話になってます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



最新トラックバック



リンク



ブロとも一覧


azumiの旅日記

世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

Take it easy!!

なかっぴー通信NEO

FEEL the WIND in the WORLD  ~地球に触れたい!~



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Google Map

顔文字教室



世界の時間



RSSリンクの表示



カウンタ



01
--
1
8
9
11
14
15
18
23
24
27
28
29
--
Copyright © LOOP★LOOP All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。