This Archive : 2011年04月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.04.30 *Sat

氷河を歩く。(2)

さて、待ちに待った氷河の上を歩きます。(前記事はコチラ

アイゼンを履いて、氷河の上をざくざく進む。

P1020449.jpg

足元が半透明な場所もあり、この下は水?って思うところもあったけれど、
ガイドの通ったところを歩けば、落ちることはないらしく、安心して列についていく。

P1020463.jpg

波のように見える氷河。

「遠くから見る」のと「その場所に立つ」なら、やっぱりその場所に立って歩いてみたかった。
自分の足元の氷河は、毎日2mとか動いてるらしい。
大自然のスケールの大きさを感じながら歩く。

P1020476.jpg

かなりの晴天で、寒いどころか暑いぐらい。
時間が経つにつれ、太陽に照らされた氷河がつやつやと輝く。

P1020484.jpg

空も青いけど、時折のぞける氷河の溝にも、美しいブルーが。

P1020535.jpg

P1020499.jpg

P1020493.jpg

こんなにきれいな世界なのに、アイゼンがだんだん足を痛めつけてきて、歩くのが辛かった!
途中から、もう苦行の思いでみんなについていってました。

P1020488.jpg

P1020504.jpg

氷河の上に約3時間。
私は後半、早く土の上に帰りたーーーい!って思いでいっぱい・・・。
ちゃんとしたトレッキングシューズで行ってたら、もっと楽だったろうな。

P1020559.jpg

やっとアイゼンから開放されたと思っても、そこからまた約1時間のトレッキング。
土の上になったとはいえ、疲れた足が重かった。

そして、帰りのボートでお決まりの儀式。
氷河の氷でウィスキーのロック。(ツアー代に込み)

P1020575.jpg

帰りのバスでは疲れきって爆睡でした。

P1020579.jpg
↑BIG ICE トレッキングには、キーホルダーとピンバッチのお土産付き。


このツアー、行ってよかったけど、私はめっちゃ疲れたーーーー!
展望台でゆっくりする時間のあるMINI TREKKING(500ペソ)でも良かったかも。
私の参加したBIG ICEは今シーズン終了したけど、
MINI TREKKINGは、6月頃までやってます。

:::::::::::::

そして夜は、お世話になってる宿のオーナーが経営してる寿司バーで豪華ディナー!!

P1020581.jpg
↑5月1~10日までのお得なプロモーションセット。100ペソ(約2200円)
 2人でシェアしてお腹いっぱい。
 日本じゃ邪道扱いだけど、アボガドとクリームチーズのお寿司、めっちゃ美味しかった!!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←1日1クリックしてもらえると、励まされます。
スポンサーサイト

2011.04.30 *Sat

氷河を歩く。(1)

カラファテに滞在して、2週間ちょっと。
ペリトモレノ氷河で人気のツアーBIG ICEトレッキングが4月で終了というので、
管理人を1日お休みさせてもらい、参加することに。

このツアー代金は、720ペソ+国立公園入場料100ペソで、合計820ペソ。
日本円にして、なんと約18000円!!!

これから長く滞在するカラファテだから、思いいれも残るだろうし、いっちょ奮発して!
って思って申し込んだけど、やっぱり高ーーーーい!高すぎる!!
1日のツアーでこの値段・・・。こんな高額なツアーは、最初で最後でしょう。


そしてツアー当日。

P1020333.jpg

まだ薄暗い朝7時半頃に宿に迎えの車が来て、ペリトモレノ氷河へ。
天気は、ツアー最終日にふさわしい晴天。

展望台の少し手前の展望台で、きれいな空を見る。

P1020348.jpg
↑ピンク色の空!!と氷河。

そこから移動して、氷河に一番近い展望台で約1時間の自由時間。
残念ながら、まだ太陽に照らされてない氷河だったので影になってて暗かったけど、
雷のような、氷河の崩落が度々聞こえてきて驚かされる。

P1020364.jpg

P1020368.jpg

小さな崩落なのに、その音が意外にも大きい。
大きな崩落は午後の方が多いらしく、今の9時半頃はそんな音沙汰もなし。
もっともっと見たかったけど、急ぎ足で集合場所に戻る。

そして、バスでまた少し移動し、ボート乗り場へ。

P1020396.jpg

ボートに乗って、いよいよトレッキングスタートポイントへ!

P1020401.jpg

船から太陽に照らされ始めた氷河が見えた。やっぱり明るい時の方がきれい!!

P1020410.jpg

なんとも言えない、美しいブルー。こんなところを歩くなんて、テンション上がります。

山小屋でトレッキングの説明を簡単に受け、11時頃出発!

P1020412.jpg

私たちBIG ICE組は、長い間氷河の上を歩くので、氷河の奥のポイントまで土の上を歩いていく。

P1020426.jpg

私たちが土の上を歩いてる間、MINI TREKKING組は、氷河の上を早速歩いてた。
遠くから見ると、すごく高いところを登ってる。

P1020432.jpg

そして、氷河に入るまでの道のりが結構辛くて、、、
ガイドに付いていくんだけど、みんな歩くペースが早い!
身長152cmの私と随分違うコンパスを持ってる人達に付いていくのに必死。
自然と、私の前の人との距離が空いていく・・・。

P1020445.jpg

1時間ほど歩いたところでアイゼンを装着して、やっと氷河トレッキングの始まり。
スニーカーで参加した私に合う大きさがあるか心配だったけど、一番小さいものがぴったり。

さて、この先の氷河、どんな景色を見せてくれるんだろう。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←1日1クリックしてもらえると、励まされます。

2011.04.25 *Mon

FELICES PASCUAS!

今日は、セマナ・サンタの最終日、イースター(復活祭:スペイン語でPASCUA)でした。

お祭・・・といっても、アルゼンチンではそんなに大きな行事はないようで、
私のいるカラファテも、街の中心に人通りが多くなって、イースターセールが行われているぐらい。

P1020308.jpg

チョコレートで作られたイースターエッグも、もうすでにセール品です。

P1020314.jpg
↑買いあさられたイースター・エッグのチョコレートたち。

いままで1個4ペソ(約80円)だったものが、今や2つで3ペソの大特価だったので、
ボロボロに割られてしまった商品の中からきれいなものを探して私も購入!

P1020319.jpg

まぁ・・・意外に地味な感じでしたけどね。

P1020315.jpg
↑イースターの時期に食べられるらしいパン。ROSCA DE PASCUA。
 大きなリング状のパンにクリームや砂糖菓子などトッピングされたもの。


さて、ますます冬に近づいてるカラファテ。
オフシーズンに入ってお客さんはほとんどいないのかと思ってたら、
満室になりそうでならないぐらいの、ちょうどよい混み具合。

とはいえ、カラファテ観光の目玉、氷河トレッキングは今シーズンは4月30日で終了。
興味がある方はお急ぎを。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←1日1クリックしてもらえると、励まされます☆

2011.04.22 *Fri

旅人休業。管理人はじめました。

ただいま、アルゼンチンのエル・カラファテという街にいます。
エル・カラファテは、ほとんど日本の真反対にあり、日本よりも南極の方がずっと近いところです。

ar-map.jpg
↑赤丸のところ。

ここにある、とある日本人&韓国人宿で、先週から管理人として働き始めました。
春が来る9月ぐらいまで滞在する予定です。

これから迎える冬の間は観光客が少なく、閉まるお店も多いらしいですが、
静かに越冬するのもいいかなと。

静かに・・・・といっても、一緒に管理人してる相方とケンカに忙しいですが。


しばらくは、旅人ブログというより、カラファテ生活ブログになりますが、
どうぞよろしくお願いします。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←1日1クリックしてもらえると、励まされます☆

2011.04.14 *Thu

14時の奇跡。

バリローチェから、バスで約28時間。エル・カラファテという街に到着。
そこで2泊した後、さらにバスで約3時間。エル・チャルテンというところにやってきました。

P1020074.jpg

ここは、パタゴニア地方の中でも人気のトレッキングスポット。
往復1時間のお手軽コースから、本格派のコースまであって、色んな人が楽しめる。
スニーカーで行ける日帰りコースもあるので、私はそれに行くつもり。

カラファテの宿やバスで一緒になった日本人5人で、
到着日早速、宿に荷物を置いて、セロ・トーレという尖った山を見に出発。

P1020124.jpg

LAGUNA TORREというビューポイントを目指す、往復5時間のトレッキングコース。

P1020088.jpg

あいにくの曇り空。せっかくの紅葉も写真栄えせずどんより・・・。

P1020089.jpg

そして歩き歩いて、約2時間半。到着した場所には氷河が!

P1020100.jpg

・・・でも、肝心の見えるべきセロ・トーレの山は見えず・・・。残念。

P1020110.jpg

しかも、曇り空のせいか、もともとそういう色なのか、湖もどんより。
ペルーのラグーナ69の湖の色を期待してただけに、ちょっとがっかり。


::::::::::::


そして翌日、今度はエル・チャルテンの主役、フィッツ・ロイを見に、9~10時間のトレッキング!

今日こそは山を見たい!って思ってたのに、朝から空はどんより。
しかも、昨夜雪が降ったらしく、山は雪化粧。

今日は辞めようかと思ったけど、とりあえず行ってみようということで、
まだ薄暗い朝の9時過ぎ、宿を出発。

P1020129.jpg

街は閑散としてて、自分達以外、トレッキングに出かけようとしてる人を見かけない。

P1020137.jpg

秋が始まったばかりと思ってたのに、もう冬が始まってる。
パタゴニアの夏は短いけれど、秋もとっても短いようです。

P1020147.jpg

幸い、雪はそんなにトレッキングの邪魔にはならず、たまに溶けた雪で道がぬかるんでるぐらい。

P1020151.jpg

うっすら積もったところも、スニーカーでさくさく。

P1020163.jpg

約1時間半で到着するポイントのミラドール(展望台)では、やはりフィッツロイは見えず・・・。
雪と雲の白い世界。

やっぱり今日はダメかも・・・と思いつつ、街に戻ってもすることないし、
もうちょっと行けるところまで先に進んでみよう!ということで前進。

P1020170.jpg
↑遠くには氷河も見える。

ミラドールから、さらに3時間半。
湖があって、フィッツロイを間近で見れるポイントLAGUNA DE LOS TRESまで、
途中から約1時間半ののぼり。

P1020184.jpg

「ここから先はトレッキングシューズじゃないと危ないよ」って看板があったけど、
滑らないように気をつけながら、スニーカーでおそるおそる登ること1時間半。

P1020186.jpg

あっあれがフィッツロイ?? 全景見れるんじゃないの?わくわく!



P1020188.jpg

・・・・と期待して登りきったのに、フィッツロイの一番高い部分が雲に隠れてるーーー!

私たちより1時間早く着いた人も、まだ見れてない様子。

ここまで来たのに、、、ダメ??

すぐ近くには、もっと大きな雲が迫ってるし。

とりあえず、持ってきたおにぎりを食べて時間をつぶすこと数分・・・





あ・・・・

P1020197.jpg

フィッツロイ!
ほんの数分だけど、雲が切れた!


その時刻、14時。


一緒にいた人が言うには、こういうトレッキングしてると、
天気が悪くても14時頃に晴れることが多いらしい。

朝はあんなに天気が悪かったのに、本当に14時に晴れた。

今日は途中で引き返してのんびりする気満々だったので、頑張ってここまで来てよかった。
これで心置きなくチャルテンを出発できる。

その後、フィッツロイはすぐに雲に隠れてしまったので、その場を後にしたけど、
帰りながら振り返ると、いつの間にか晴天になっていて、フィッツロイがはっきり見えた。

P1020243.jpg
逆光でしたが・・・・

P1020249.jpg

そして街に着いたら、フィッツロイだけじゃなく、昨日見れなかったセロ・トーレも見えた。
(一番左のとんがった山)

街からも簡単に見れたなんて!
後から知ったけど、フィッツロイとセロ・トーレが一度に見えるミラドールが、
街からたった30分のところにあったらしい。

でも、焦らしに焦らされ、やっと見れたフィッツロイだったから、
片道5時間歩ききった時、本当に嬉しかった。

往復10時間歩いた今日は、もう足がガクガク・・・。
バリローチェで5時間歩いただけでもへとへとだったから、
本当に10時間歩けるか自信なかったけど、歩けて本当によかったわー。


そして翌朝、カラファテに戻るために、朝8時のバスで出発。

昨日の午後からの好天は続いていて、朝日に照らされたフィッツロイが輝いてた。

P1020267.jpg

もう2-3泊して、トレッキング楽しんでもよかったなぁ。
チャルテン、おしゃれなアーティストショップもいっぱいあって、もっと待ち歩きもしたかったです。


■エル・チャルテンの宿

HOSTAL 35 (正式名称不明・・・)

ドミトリーのみ ひとり35ペソ(オフシーズン価格)

P1020073.jpg

共同ホットシャワー、トイレ(紙付き)、共同キッチン

ターミナルから出てすぐに「35ペソ」という看板が目に付いたので、
チェックインした宿。

簡易で作られた建物っぽくて、シャワーもそんなにきれいじゃないけど、
泊まるだけなら問題ない。

ホットシャワーは熱々がたっぷり出るし、キッチンもまぁまぁ。
ヒーターもあるし、そんなに寒くない。

ターミナルから徒歩1分なので、早朝出発の時は便利。

ターミナルを出て、メイン通りに入らず、右側に行くとすぐ見えます。

14人しか泊まれないけど、フルに近くなると、ちょっと窮屈。
トイレが一個しか使えない(もうひとつはなぜかクローズ)ので、朝は順番待ち。
シャワーは2つあります。

Wi-fiがないからか、オフシーズンだからか、
私が滞在してる時はそんなにお客さん多くなくてよかったです。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←1日1クリックしてもらえると、励まされます☆

2011.04.11 *Mon

どうでもいい写真。

サンチャゴのターミナルで見かけたもの。

P1010813.jpg
ハイセンスなバス。オールヒョウ柄。

P1010815.jpg
目がキラリ。大阪のおばちゃんの服にも似た様な柄が・・・

P1010816.jpg
流行りは、カタカナです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←1日1クリックしてもらえると、励まされます☆
CATEGORY : チリ④(中~南部) | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2011.04.09 *Sat

サン・カルロス・バリローチェの宿。

夏の間は、宿代も高くて満室ばかりらしいバリローチェですが、
私の訪れた4月初旬は、もう随分お客さんが少なくて、宿もお手ごろ価格。
3月末まではオンシーズン価格らしいので、お得な時期にこれてよかったです。

最初は、景色がよくて常にフルらしい人気宿「1004」に泊まるつもりだったのだけれど、
行ってみると、つぶれたのか、オフシーズンだからかわからないけど、クローズ・・・。

仕方ないので、持ってた割引カード(Ho・Laホステル)が使えて、
ホステルワールドで評価が高かったACHALAYホステルに滞在しました。


ACHALAY HOSTEL

4人・6人ドミトリー ひとり50ペソ(約1100円) ※割引カードで10%オフ。45ペソ
シングル 70ペソ
ツイン・ダブル 65ペソ~

P1010899.jpg

共同ホットシャワー、トイレ(紙つき)、共同キッチン、Wi-fi、フリーPC、朝食付き

ホステルワールドで90%以上と評価が高かったので期待してたのだけれど、
なぜそこまで高いのかはよくわからなかった・・・。

でも、スタッフは感じが良いし、品のいいお客さんばかりで過ごしやすかったです。

部屋もあたたかいし、寝具はふとんで気持ちいい!
建物は、少し古い部分もあるけど、きれいに掃除されてるし、
ドミ部屋も毎日ベットメイキングしてくれます。

P1010905.jpg

キッチンは、お客さんが多くなると少し狭く感じるけど、コンロは6つあるし、
電子レンジや中華なべまであって使いやすい。

P1010903.jpg

朝食は、コーヒー、紅茶、コーンフレーク、パン、ジャムやドルセ・デ・レチェ。
コーヒーのミルクは温められてるし、パンも結構美味しいし、なかなか満足。
早めに朝食に行くとクロワッサンがまだ残ってて、それもまた美味しかったです。

場所はHP参照ですが、バスターミナルからセントロ行きのバス(3ペソ・約10分)に乗って、
セントロシビコあたりで降りたところから、坂をのぼるので、ちょっとしんどい・・・。

宿からは、ターミナル行きバス乗り場も近いし、大型スーパー(LA ANONIMA)も近くにあるし、
行ってしまえば後は便利。


オンシーズン中は、60~70ペソぐらいするらしいので、
割引きいて45ペソならいいやーと思ってたけど、もっと安いホステルも結構ありました。

インフォメーションの地図にも載ってるFREEDOMは、ドミ30ペソで、結構きれいらしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←1日1クリックしてもらえると、励まされます☆

2011.04.08 *Fri

バリローチェで(金銭的に)お手軽トレッキング。

バリローチェのメインは、私にとってはチョコとアイスの街なのだけれど、
それだけの滞在じゃもったいないし、自然を楽しみにお出かけしてきました。

街のインフォメーションで、おすすめの1DAYトレッキングを聞いてみたら、
LLAO LLAO(ジャオ・ジャオ)国立公園がオススメらしく、
しかも国立公園の入場料は無料。

街の中心から20番のバスに乗って、約1時間。(6ペソ)

そこから、約5時間のトレッキングです。

P1010938.jpg

道はほぼフラットで、日陰も多くて歩きやすい。

P1010949.jpg

でも、秋になった今、花も少なく、動物もおらず、景色も変わり映え無く・・・
枯れた笹のトンネルばかり。
歩きやすかったけれど、見れたものはちょっと地味な感じでした。

P1010971.jpg
↑欧米人たちは日向ぼっこ。

だけど、久しぶりのトレッキングは、いい運動になりました。


そして翌日、展望台があるOTTO(オットー)の丘へ、
ロープーウェイを使わずにセントロから歩きでのぼってみました。

P1020011.jpg

冬はスキー場となるこの場所、行きはのぼり、帰りはくだり。
これも、約5時間のトレッキング。
今回は、湖をずっと見下ろせて見晴らしはよかったです。

P1020021.jpg

頂上の展望台エリアは、入場するだけで35ペソだったので、そのままとんぼ帰り。
昨日と違って道がフラットじゃないので、膝に負担がかかって、もうくたくた。

バリローチェには他にも色々観光スポットがあるけど、私はこれで終了。
全員が絶対行くようなメジャーなスポットがここにはなくて、
同じ宿の旅行者に何をしてたか聞いてみたら、
氷河を見に行った人がいたかと思えば、ある人はカヌーしに行ったり、ビクトリア島に行ったり。
見事にみんなすることがバラバラで面白い。


そして夜は、ひさしぶりのアルゼンチンで、やっぱり肉祭りです!

P1010902.jpg P1020045.jpg
ステーキと牛丼~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←1日1クリックしてもらえると、励まされます☆

2011.04.07 *Thu

HASS。

チリで美味しい!って思ったもの。それはアボガド。

ちなみにチリ周辺では、「PALTA(パルタ)」っていいます。
南米大陸のどこからか、「AGUACATE(アグアカテ)」からこの呼び名に変わりました。

実はアボガド、タルタルにしたりディップにしたりするのは好きだけど、
そのまま食べるのは得意じゃなかった私。

さらに日本じゃアボガド高いし、自分で買うなんてことは今まで絶対なかった。

でも、チリのアボガドは違った。

切ると色がきれいな緑と黄緑色のグラデーションで、
あまりにきれいなので、そのままわさび醤油で食べてみたら、美味しい!

そしたら、汐見荘で会った料理人の方に教えてもらったんですが、
チリで売られてる「HASS」って種類のアボガドはやっぱり美味しいそうで、
日本では売られてないそうです。

美味しいだけに、他の野菜に比べるとちょっと高いんですが・・・
P1010866.jpg
大きさにもよるけど、1個50~100円ぐらい。

そんな美味しいアボガドが売られてるチリのハンバーガーやホットドックには、
アボガドペーストがトッピングされてるのが普通。

P1010821(1).jpg
↑「コンプレート」と呼ばれるホットドック。大体100~180円。

そのまま食べる方が苦手だったのに、その食べ方を好きにさせてくれたHASSのアボガド。
ひとつ、食べる幸せが増えました。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←1日1クリックしてもらえると、励まされます☆
CATEGORY : チリ④(中~南部) | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2011.04.06 *Wed

チョコレートの街、バリローチェ。

チリのプエルト・モンから、またまたアルゼンチンにやってきました。

P1010874.jpg

※プエルト・モン → バリローチェ 
 BUS NORTE 13000ペソ 8:30発→15:30着

チリ側は冬の日本海のようにどんよりしてたけど、
アルゼンチンに近づくにつれ、だんだん天気が良くなってきて、
バスから見える風景は、紅葉が始まっていて、秋の気配を感じれました。

P1010879.jpg

バリローチェは、オンシーズンでは、宿探しが大変なぐらい多くの人が訪れる場所。
街のすぐ側に湖があって、雰囲気がいい。

P1010888.jpg

4月初旬はちょうどオフシーズンに入ったところで、お客さんもそんなに多くない。
7月になると、スキー客が多く訪れ、冬のオンシーズンになるらしい。

P1010920.jpg

街は紅葉で色づき始めてるけど、まだ日中は暖かく、全然過ごしやすい。

P1010908.jpg

「南米のスイス」と呼ばれてるらしいけど、スイスを知ってる人からしたら、
中途半端な感じじゃないでしょうか・・・。普通にきれいな街なんですけどね。

P1010906.jpg
↑街のキャラクター(?)、セント・バーナードのぬいぐるみがいっぱい売られてる。


そしてこのバリローチェは、中米で会った旅人から、
「ここはチョコレートショップがたくさんあるよ!」と聞いていて、
随分前から訪れるのを楽しみにしていたのです。

メインロードのMITRE通りには大小様々なチョコレートショップが並んでいて、
大きなチョコレートショップにはHELADO(アイスクリーム)も販売していて、
これがまた、魅力的。

P1010901.jpg

このサイズで11ペソ(約250円)で、結構なお値段だけど・・・
もちろん味は本格的で、種類も豊富。
特に、チョコレート系の味が豊富で、カカオ80%とか、ホワイトチョコレートとか、
ナッツ入り、チョコチップ入り、お店オリジナルだとか、、、選ぶのが大変。
もちろん、アルゼンチンご用達のドルセ・デ・レチェ系の種類も豊富。


そして、4月はイースター(復活祭)がある時期。
チョコレートショップには、イースター・エッグがいっぱい!

P1010923.jpg

イースター・エッグのチョコは高すぎて買えないけど・・・

P1010922.jpg

何件か見てまわって、一番食べたいチョコが多かったお店で、250gほど購入。
36ペソ(約800円)。贅沢おやつです。

P1010936.jpg
DEL TURISTAのチョコ。どれも美味しかった!エアチョコが一番好きだった~。

顔の真ん中が熱くなるぐらい、ひさしぶりに本格チョコ食べました。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←1日1クリックしてもらえると、励まされます☆

2011.04.04 *Mon

チリ料理で一番食べたかったもの。

チロエ島から、プエルト・モンまでまた戻ってきました。

今回、カストロのCRUZ DEL SURのチケットオフィスで学生証を見せてみたら、
5300ペソが、5000ペソに値下がりしました。
にしても、この区間高いなぁ・・・。
途中フェリーに乗るから仕方ないのかもだけど。

P1010848.jpg

:::::::::::::::::::::::::::::

そしてプエルト・モン。

想像してたより大きな町で、立派なモールが2つもある。
バスターミナルに宿、セントロ、市場やスーパーも、どこも徒歩圏内で、過ごしやすい大きさの町。

P1010856.jpg

チロエ島と同じく、この町も天気が悪くどんよりしてたけど、
モールに入れば活気があって、モールはどこの町でも散々行ったけど、ちょっと浮き足立つ。

見るものは何もないと言われ、ここに訪れない旅人も多いけど、
私はここで食べたかったものがあったので、ぜひぜひ来たかった!


着いた当日、早速向かったところ・・・そこは、南米最南端(らしい)マック!!

P1010855.jpg

ちょうどビックマックのプロモーションやってて普段より安かったし、食べ納め!!


・・・・というのが、一番の目的ではなく、、、、
プエルト・モンに着いた翌日、
海沿いを30分ほど歩いて、アンヘルモという市場に向かったところにそれはある。

P1010865.jpg

着いたとたん、客引きのおばちゃんが寄ってきて、
「何食べたいの?色々あるわよ!うちでどう??」と何度も声をかけられたけど、
宿の情報ノートでおすすめされてた、ペンギンマークの食堂を見つけ、そこにした。

そしてそこで注文したものは、「クラント」と呼ばれる料理!

P1010860.jpg
どでーーーーーーーん。

ひとりじゃ食べきれない程のてんこもり料理!
ムール貝、はまぐりみたいな貝、豚肉、鶏肉、チョリソー、じゃがいも、練り物を
ごった煮したこの料理。
味は大味だけど、ボリューム満点!!
練り物は、粉っぽくて不味いけど、他はなかなか美味しい。
お皿の下にたまったスープを飲んでみると、しっかりした味の出汁が出てる。

このてんこもり料理と、パン・バター、魚介スープ(←これがまた美味しかった!)、
ピスコ(お酒)がセットで、3000ペソ(約500円)。
1皿分しか頼んでないのに、スープやピスコの付け合せは2人分出してくれたし、大満足。

ま、何度も食べたい程の料理ではないけど、自炊ばっかりしてたチリでの久々の外食。
市場とはいえ、何十件と並ぶこじんまりしたレストラン(食堂?)はかわいく内装されてて、
窓の外には海も見え、なかなか良かったです。

P1010863.jpg


■プエルト・モンの宿

CASA GLADY’S

シングル・ダブル ひとり5000ペソ(約870円)

P1010858.jpg

共同ホットシャワー、トイレ(紙つき)、タオル、TV、共同キッチン、情報ノート

「歩き方」に載ってる宿。ターミナルから徒歩5分ぐらい。
あんまりきれいじゃないって評判は知ってたから覚悟してたけど、その通りの宿。
ラパスのエルソラやキトのスクレに泊まれる人なら問題ないレベル。
バックパッカーも泊まるみたいだけど、連れ込み宿でした。

部屋はそんなに悪くないんだけど、喫煙可だから、部屋のにおいが臭い。
部屋のタイプは窓がなかったり、広かったり狭かったり色んなタイプがあるので、
色々見せてもらうといいと思います。

そして、バスルームの数は多いけど、狭くて古い。
便座があったりなかったり、サイズが全然違ったり、水が出る蛇口がなかったり・・・
シャワーのお湯はガンガン出るけど、熱湯しか出なかったり、お湯と水が交互に出たりと、
調整が難しい。
(コツは、お湯の蛇口を「いっぱい」開いて「熱湯」を出し、水の蛇口で調節する。)

キッチンは使いづらそうだったのでお湯を沸かしたのみ。
宿の人は感じがいいけど、情報ノートは内容古いし、
6000ペソ出せばもっといい宿があると思うので、他の宿でもいいと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←1日1クリックしてもらえると、励まされます☆
CATEGORY : チリ④(中~南部) | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2011.04.02 *Sat

「チロエ島」って名前がかわいくないですか?

サンチャゴからトータル約19時間。
チロエ島のカストロという小さな町にやってきました。

ここは、うろこみたいな板壁を持つ家がたくさん残っている町。

とってもかわいい街並みらしいので楽しみにやってきたのですが、
あいにくの曇り空&雨・・・・・。

パタゴニアに近いこのあたりは、確実に夏の終わりを告げ、秋になっています。
一応まだサマータイムだけど、明日(4月3日)で終わるらしい。
・・・というか、早く終わってほしかった!だって、朝の7時でも真っ暗なんだもん!!

バスでここに向かう間、途中の町で真っ暗な中、朝市やってました。
野菜の色とか全然わかんないし、さむそうでした・・・。


そしてチロエ島。

P1010819.jpg

チロエ島に渡るには、バスごとカーフェリーに乗ったのですが、
そこでアシカ(オットセイ??)が何匹も海から顔を出すのを見てテンションが上がったものの、
やっぱり天気の悪い日の観光は印象がよくない訳で・・・・

P1010837.jpg
(↑どんより・・・坂の多いカストロの町。)

宿にチェックインした後、傘をさしてうろこの家を見てまわりましたが、
かわいかったけど、、、、思ったほどではなかったです。
青空の中で見たかった!!残念!!

P1010840.jpg
↑うろこの家は、海沿いに建つものも多い。

P1010826.jpg

P1010842.jpg

P1010841.jpg

P1010824.jpg
↑うろこ~。


ちなみにこのうろこの家、チロエ島じゃなくても、プエルトモンあたりでもちらほら見ました。
実は、チロエ島に着く前にバスの窓から見たうろこの売店とかの方がかわいかったな。
うろこの家を見るためにわざわざチロエ島までやってこなくても・・・って思ったけど、
「チロエ島」って名前がなんだかかわいくて、やっぱり来たかったから仕方ないです。

ここを拠点として、島へのショートトリップとかにも行けるみたいなので、
天気のいい時期だったら、もっと楽しめたのになー。


<サンチャゴからチロエ島までの移動>

私は、プエルト・モンまで移動し、カストロ行きに乗り換えましたが、
季節や買うタイミングにもよると思うけど、ダイレクトバスの方が安いみたいです。
失敗したー。

(私の場合)合計16700ペソ(約2900円)
 ・サンチャゴ → プエルト・モン CONDORバス ノーマル 11400ペソ
    (※トイレ、クッキー&ジュース、枕、毛布付き)
 ・プエルト・モン → カストロ CRUZ DEL SUR 5300ペソ

ダイレクトバスは、CRUZ DEL SURで同時期で14000ペソ。
QUELLONってバス会社もサンチャゴ⇔カストロのバスがあって、そこは15000ペソ。
(※ノーマルクラス。大体サンチャゴ18時~19時発ぐらい。)
ただし、これらのバス会社のサンチャゴターミナルは、
みんながよく使用するアラメダじゃないみたいです。

ハイシーズンや前日&当日購入だともっと高い場合あり。
1~2週間前に早めに購入すれば、プエルトモンで乗り継いでももっと安くいける場合もあり。
TURBUSが、たまに劇的に安いの出してるみたいです。

ちなみに・・・
逆(チロエ島→サンチャゴ)の場合は、プエルト・モンで乗り継いだ方が安い場合あり。
オフシーズンに入ったからか、4月初旬、プエルトモンのターミナルでは、
どこの会社も、サンチャゴ行きのプロモーション価格8000ペソとか出してました。

アルゼンチンのバスは値下げ全然してくれないけど、プロモーション価格があるチリは助かる!!
私のチケットも、最初は12500ペソだったのに、会計の段階でさらに割引され、11400ペソでした。


■チロエ島の宿

HOSTAL DON MIGUEL

ツイン・ダブル ひとり 6000ペソ(約1050円)

P1010843.jpg
↑うろこ宿。

共同ホットシャワー、トイレ(紙つき)、共同キッチン、Wi-fi&フリーPC、TV

チェックアウト 11:00

バスターミナルから、徒歩3分。
ターミナルの横のSOTOMAYOR通りを東に行ってSERRANO通りを越えると、
斜面にたくさんのホステルが並んでいて、そのひとつ。

すぐ近くのBELLAVISTAも同価格できれいでオーシャンビューだったんだけど、
キッチンが家族と一緒でごちゃっとしてて使いづらそうだったので、
景色は悪いけどキッチンがこざっぱりしたDON MIGUELの方にした。

でも結局・・・見せられたキッチンは家族専用の方だったらしく、
物置小屋を改造したようなキッチンが客用キッチンだった。
必要なものは揃ってたし、別の方が気楽でよかったんだけど。。。

P1010847.jpg

Wi-fiは早いし、部屋は清潔でいいんだけど、
前の人がお湯を使いすぎてたせいで、私がシャワーを浴びてる時、途中で水になった。

1泊だけだし、オーシャンビューの方にしたらよかったな・・・と微妙な気分にさせられました。

P1010820.jpg
↑部屋はテレビや棚、フックもあって悪くない。でも、窓の外はトタン壁。

P1010844.jpg
↑家族と共有のくつろぎスペース。お客より家族の方が多かった・・・。

斜面を降りていくと、1泊5000ペソの宿もあったけど、
ほったて小屋みたいだったのでやめました。

私は2人だったのでこの値段だったけど、シングルだと、もしかして割高かも??
(値段確認してなくてごめんなさい・・・)
追加料金払って朝食付きにしたり、プライベートバスルームの部屋もあります。

宿の設備は悪くないけど、お客のための宿というより、金持ち家族が片手間にやってる感じで、
共有のリビングもお客のためというより、家族のものを貸してあげてるって感じで、
あまりくつろげない。
食事の後、リビングのテーブル拭こうとふきんをキッチンから持ってきたら、
「そのふきんは外のトイレ用だから使わないで!」って怒鳴られ、、、、
いやいや、それ、お客用のキッチンから持ってきたんですけど・・・・。
他にも、やたらと「フエラ、フエラ(外!外!)」って私たちお客に言ってきてむかついた。

6000ペソだせば他にも宿いっぱいあるし、特におすすめしません。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←1日1クリックしてもらえると、励まされます☆
CATEGORY : チリ④(中~南部) | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2011.04.02 *Sat

久しぶりに初めての土地へ。

ビーニャで11泊。
ずいぶんのんびりしたし、さぁ出発しようかって時にまた体調を崩し、結局12泊。

最近、体力の衰えを感じます。。。

なんとかサンチャゴに移動して、中華食材を買ったりして2泊。

今夜、プエルトモンを経由して、チリの南部、チロエ島に移動します。
バスで合計約19時間、昼間なら半袖で過ごせるサンチャゴよりずいぶん寒くなるはず。

やっと、やっと、パタゴニアに近くなってきました。

チロエ島のあとは、プエルトモン、バリローチェ、エルチャルテン、
カラファテと移動する予定です。
ではまた。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←1日1クリックしてもらえると、励まされます☆
CATEGORY : チリ④(中~南部) | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

プロフィール

ゆっきー

Author:ゆっきー
2009年2月から、約1年・・・の予定を大幅に延長し、世界をふらふら一周中。英語もダメで不安だらけの女のひとり旅。2009年9月に再スタート。



最新記事



カテゴリ

旅立ちまで。 (69)
旅のきっかけ (1)
旅立ちまでの心境 (12)
旅の持ちもの (12)
旅の身だしなみ (1)
予防接種 (8)
健康診断・保険関係 (6)
旅のお金・カード類 (5)
本・ガイドブック (5)
インターネット便利ツール (3)
引っ越し・あと片づけ (5)
公的手続・役所関係・ケータイ (5)
パスポート・ビザ・航空券 (4)
旅のルート (4)
☆世界のATM事情 (2)
☆世界のネット事情 (1)
旅の小話 (1)
そのた (1)
中国 (15)
ラオス (8)
タイ① (3)
インド① (6)
ネパール (4)
インド② (20)
タイ② (3)
日本 (7)
アメリカ (3)
メキシコ① (12)
キューバ (5)
メキシコ② (2)
グアテマラ① (5)
エルサルバドル (3)
グアテマラ② (7)
ホンジュラス (2)
ニカラグア (4)
コスタリカ (6)
パナマ (10)
コロンビア (26)
エクアドル (17)
ペルー (45)
ボリビア (23)
チリ①(北部) (4)
アルゼンチン①(北部) (9)
パラグアイ (3)
アルゼンチン②(北~中部) (5)
チリ②(ビーニャ・デル・マル) (9)
アルゼンチン③(メンドーサ) (2)
チリ③(イースター島・サンチャゴ) (10)
アルゼンチン④(メンドーサ) (5)
ボリビア②(ウユニ・トゥピサ) (8)
アルゼンチン⑤(メンドーサ) (2)
チリ④(中~南部) (6)
アルゼンチン⑥(パタゴニア) (32)
チリ⑤(パタゴニア・ビーニャ) (7)
自転車旅(ビーニャ~湖水地方~プエルトモン) (40)
自転車旅(アウストラル街道) (30)
自転車旅(エルチャルテン~ウシュアイア) (6)



最新コメント



月別アーカイブ



旅の日数。



旅の足あと。

PassportStamp



↓お世話になってます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



最新トラックバック



リンク



ブロとも一覧


azumiの旅日記

世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

Take it easy!!

なかっぴー通信NEO

FEEL the WIND in the WORLD  ~地球に触れたい!~



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Google Map

顔文字教室



世界の時間



RSSリンクの表示



カウンタ



04
--
1
3
5
10
12
13
15
16
17
18
19
20
21
23
24
26
27
28
29
--
Copyright © LOOP★LOOP All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。