This Archive : 2010年09月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.09.30 *Thu

1泊2日チチカカ湖ツアー(1) ウロス島編

プーノに着いた翌々日。

マチュピチュに一緒に行った同じメンバー4人が同じ宿に揃い、
1日ツアーで十分かなと思ってたものの、誰かが行くなら私もと欲張り、
みんなで1泊2日の、ウロス島&アマンタニ島&タキーレ島ツアーへ行くことに。

またまた交渉上手の山ちゃん&リーが、
60ソルを47ソル(約1500円)まで値切ってくれました。
(LAGO TOURにて。1日ツアーは、定価30ソル。交渉後23~25ソル。)


P1160246.jpg
↑プーノの港から出発。ツアーボートだらけ。

P1160247.jpg
↑ちゃんとした屋根付きボート。トイレもあり。

P1160260.jpg


最初に向かうはウロス島。
ここは、トトラという葦で作られた浮き島。
ウワサどおり、生活感がなくてキレイに作られすぎていたけど、
私は結構好きでした。
だって、こんな場所、他にないし!! やっぱり素敵だと思う。


P1160270.jpg
カラフルな衣装を身につけたインディヘナのおばちゃんたちがお出迎え!!

P1160273.jpg
トトラの浮島の上で、ウロス島についての説明。

P1160277.jpg
浮島の材料となる葦は食べれるということで、試食も。
バナナに似てるといわれたけど、全くそんな味はせず・・・。
どちらかというと、苦味のないネギ??

P1160291.jpg
私たちが説明してる間、おばちゃん達はせっせとパン作り。

P1160298.jpg
そのパン、小さいながらこれも試食。素朴で美味しかった。

P1160302.jpg
この辺りは、ツアー会社と提携してる島ばかりみたいでした。

P1160326.jpg
向こうに見える舟は、トトラ舟のベンツらしい。
みんなが寝っころがって写真を撮ってたので、私も便乗。

P1160340.jpg
ベンツ、5ソル(約160円)で乗れるというので、乗りましたー。

P1160341.jpg
父と娘。娘の帽子がかわいい。

P1160348(1)(1).jpg
ボリと一緒に、ベンツにて。
誰かと一緒に観光すると、自分の写真も増えるし楽しい!


ツアー中のインディヘナたちは結構がめついって聞いてて、
確かにおばちゃんたちはビジネスライクな感じがしたけど、
ベンツを漕いでくれたおじさん達はフレンドリーだったし、私は大満喫。


そして、次の島、アマンタニ島へと続きます。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。
スポンサーサイト
CATEGORY : ペルー | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.09.28 *Tue

バスの車窓から。(クスコ→プーノ)

居心地の良かったクスコを出て、次はチチカカ湖で有名なプーノへ。

マチュピチュに一緒に行った韓国人のリー&ボリと、
朝7時半に待ち合わせて、一緒にタクシー(4ソル)でバスターミナルに向かう。

クスコのインフォメーションで、
バスチケットは前日までに買っておいた方がいいって聞いてたけど、
8時過ぎにターミナルに着いて、余裕で8時半発のバスが買えました。
(POWER BUSのノーマルクラス。15ソル(約500円))

15分遅れでバスが出て、それから約7時間。

車窓から見える高原がきれいでした。

P1160214.jpg

P1160218.jpg

P1160221.jpg
途中に寄ったターミナルの外から飲み物や食べ物を売るおばちゃんたち。

P1160222.jpg

P1160225.jpg

P1160229.jpg

のどかでした。やっぱり日中移動は楽しい。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。
CATEGORY : ペルー | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.09.26 *Sun

クスコの宿。

クスコには有名な日本人宿「ペンション八幡」があるけど、
宿の前の道が人通りが少なくて危なそうなのと、お風呂の数が少なくて、
Wifiもなく不便そう・・・というので、私は他の宿に泊まりました。


①PRODUCADOR DEL CUSCO

シングル・ダブル 1泊 ひとり15ソル (共同バスルーム)
※プライベートバスルームの部屋はひとり20ソル

ホットシャワー、Wi-fiフリー、TV(NHK視聴可能)

チェックアウト10:00

P1140657.jpg

八幡の前の道の、一番最初にあるホテル。

シングルでも15ソルで個室、Wi-fi、NHKが見れて、
アルマス広場に近いということで、クスコに着いた初日に行ってみた宿。
15ソルの部屋はフルで、バスルーム付きの20ソルの部屋しかなかった。
思ってたより暗いし・・・他に探そうかなと思ったけど、
標高3400mのクスコでフラフラだった私は力尽き、ここにチェックイン。

オーナーのセニョーラは気さくで感じが良かったんだけど、
部屋はどうも陰気でじめじめした感じ。外の光が入らないのでかなり寒い。
掃除も雑な感じで、、、床の絨毯にはゴミがちらほら。
それに、どうもこの部屋でダニにやられたようで・・・噛まれること10数箇所。
シャワーは電気の割りには暖かくて良かったんだけど・・・。
設備の割りに安いと思うけど、長居するなら私は明るい部屋がよかったので、
1泊で出ました。



②SAMANAPATAⅡ(サマナパタ2)

P1140661.jpg

ドミ 20ソル
プライベートルーム ひとり20ソル(部屋を2人以上で使用)

ホットシャワー、Wi-fiフリー、朝食、共同キッチン

チェックアウト 10:00


旅人Mさんに教えてもらった宿。(ありがとうございます!)
重い荷物を持って階段を登るのは辛かったけど、
部屋を見に行ってみたら、明るいしきれいだし、テラスからの眺めは最高だし、
一目で気に入ってしまい、早速クスコ2泊目から移動してきた宿。

P1140732.jpg
↑気持ちのいいテラス。

P1140664.jpg
↑昼間はこの景色見て日光浴するだけでもいい時間が過ごせる。

P1140691.jpg
↑夜もきれい!!

ホットシャワーは電気で微妙にぬるいけど、ストレスなく入れる暖かさ。
夜、水を止められることもあるけど、言えば元栓開けてくれます。
Wi-fiは、部屋によっては電波が入らないみたいだけど、
2階のドミ部屋の手前側は部屋内で使えました。
共有PCもあるけど、かなり遅い。Wi-fiもたまに遅いけど、まぁ普通の速度。

朝食は、パン(バター、ジャム)、シリアル、コーヒー、紅茶、コカ茶。

P1140735.jpg
↑かわいいキッチン。鍋もいっぱいあるし、コーヒーメーカー、ミキサーまである。

P1140737.jpg
↑朝食もきれいにかわいく用意されている。

暖かくて景色が最高のテラスで、ゆっくり朝食を食べるのが最高でした。
日本人も、ちらほら泊まってます。多いときで5人いました。
宿の人も親切だし、日本人にたくさん泊まって欲しいみたいだし、
オススメの宿だと思います。

P1140692.jpg
サン・クリストバル教会に続く階段の途中、右側にあります。


③Chaskwasi HOSTAL

P1160001.jpg

シングル・ツイン ひとり20ソル

プライベートバスルーム(ホット)、トイレットペーパー、タオル、
TV、コーヒー・紅茶・コカ茶フリー、インターネット(Wi-fiではない。)

チェックアウト10:00

P1150036.jpg

アルマス広場からPLATEROS通りを通って、
2本目のCALLE AMARGURAを右に曲がったところ。

待ち合わせしてた人が、サマナパタまで階段を登るのが辛いというので、
移動した宿。

適当に探してチェックインしたら、なんと私たちが一番最初のお客さんだった。
新築じゃないけど、改装オープンしたらしい宿。

部屋はきれいだし、机もあるし、窓は廊下にしかないけど、
天窓があって(1号室)、朝はやわらかい光が入ってきていい感じ。部屋もそんなに寒くない。
シャワーは電気だけど、珍しく固定式じゃないので、
日本と同じようにシャワーを浴びれる。しかも熱々。24時間OK。

ベッドメイキングやバスルームの掃除も毎日してくれ、
トイレットペーパーもちゃんと補充してくれる。

フリーで使えるインターネットPCが1台あって、自分のPCも繋がせてくれて、結構早い。
(でも、しょっちゅう従業員が暇つぶししてるので、その時はちょっと使いづらい。)

P1160178.jpg

お客さんがほとんどいなくて、かなり静かに過ごせました。
1階にある2室以外は地下なので、地下の部屋はどんな感じかわかりません。
洗濯物が干せる屋上と、Wi-fiがあれば完璧だったんだけどなぁ。
でも、いい宿だと思います。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。
CATEGORY : ペルー | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.09.25 *Sat

クスコで美味しい贅沢。

超観光地クスコ。

少し歩けばローカル食堂があって、2.5~3ソル(約80~100円)で
ごはんが食べれるんだけど、北ペルーやナスカじゃ美味しかったのに、
なんかクスコのローカル食堂は美味しくない・・・

ずっと食べたかったアヒ・デ・ガジーナがローカル食堂にあったので食べてみたけど、
所詮80円程度。
ぬるかったし、、、味も貧粗でがっかり。

P1140683.jpg
↑その美味しくなかったアヒ・デ・ガジーナ。見るからに美味しくなさそう・・・
 写真を大きくしてしまったので、さらに不味そう・・・ごめんなさい。
 アヒ・デ・ガジーナも、それなりの値段のものを食べれば美味しいみたいです。


せっかく多くのレストランがあるクスコ、ということで、普段よりちょっと贅沢ごはん三昧。



■きんたろう

日本人御用達レストラン。最近リニューアルして、店内もおしゃれ。久しぶりの日本食。
10ソルって高いって思ってたけど、後から町のレストランの相場を見ると、
そんなに高くなかった。(夜は別。)
ランチが10ソル(約310円)で、うどんか丼ぶり+味噌汁+小鉢+お茶とお得。

P1140748(1).jpg P1140658(1).jpg
かきあげ丼と、てりやき丼。私のおすすめはかきあげ丼。
ボリュームたっぷり!ごはんを1ソルで多めにしてくれました。日曜日は休み。


■SUENO AZUL

山ちゃんに教えてもらったイスラエル料理屋。
数種類から選べるスープorサラダ、メイン、ドリンク、パン、デザートのセットで、
8~10ソル!(約250~300円)
クスコ一コストパフォーマンスがいいんじゃないかと思うぐらい。
味も美味しいし、イスラエル料理だけじゃなく、メインにはパスタやチャーハンもある。
八幡の前の道を降りて、右に曲がってすぐ。

P1170185.jpg

P1170186.jpg P1170187.jpg
↑パンは暖かくて美味しいし、スープもトマト、かぼちゃ、アスパラガスと色々選べる。
 久しぶりに飲んだポタージュスープ。めっちゃ美味しかったー。

P1170188.jpg P1170189.jpg
↑韓国人リーにオススメされた、メインのはちみつ入りチキンカツ。
 最初、えーって思ったけど、なぜかクセになる美味しさ。また食べたい。デザートも◎。


■Govinda

JUNさんに探してみて!って言われたカレー屋。たぶんここだと思います。
インド料理屋かどうかわからないけど、メニューにカレーがありました。

P1140719.jpg 

同じ店が近くに2つあって、私が行ったのはアルマス広場から
San Juan De Dios通りに入って、右手のお店。
入り口が暗いし、ひっそりした店なのでついつい何度も気付かず通り過ぎてしまいました。

P1140717.jpg
↑ベジタブルカレー 18ソル(約570円)ライスかキヌアか選べる。

インドのカレーとはちょっと違うんだけど、スパイスが効いててめっちゃ美味しい!!
個人的にはかなり気に入ってしまいました。
表現が難しいけど、ウスターソースのようなスパイシーさ?
たぶん、この味はここでしか食べれないかもしれない。
普段の食事より高かったので、2度も行けなかったけど、でもあの味忘れられない。
→JUNさん、またクスコに行くことがあったらぜひ行ってみてください!!


■QOSQO MAKI

P1140684.jpg

Tullumayo通りを民芸品市場の方に向かって歩いてると、左手にあります。
小さいながら、お客さんがいつもいるお店。
種類は多くないけど、パンがめっちゃ美味しい!!

P1160002(1).jpg P1160003(1).jpg

クロワッサン0.5ソル(15円)、パン コン ショコラテ0.7ソル(約21円)と
お手軽なのに、味は本格的。パン生地がほんのり甘くて日本で食べるパンのよう。
久しぶりに美味しいパンを食べて感動しました。イートインもできます。


■Sa Rang Che

韓国料理屋さん。
夜は予算25ソルでちょっと高く、
15ソルで食べれるランチしか行けなかったけど、久しぶりのキムチにうなる。

P1140769.jpg P1160200.jpg

↑プルコギランチとオムライスランチ。あと、なぜかカレーがあります。
 オムライスは、たぶん韓国風?なかなか美味しいです。

キムチなどの小鉢とお茶付き。おいしーーい!

アルマス広場からProcuradores通りに入って左側。
中庭のある建物の中にあります。韓国語の看板あり。日曜日は休みです。


■EL BUEN PASTOR

P1160203.jpg

美味しそうなパンがいっぱいあったんだけど、高い!!
欧米人がたくさん来ていて、お茶してました。
12角の石の前の坂をずっとのぼっていって、左にあります。

P1160211.jpg 
↑1個だけ買ったチョコドーナツ。3.5ソル(約100円)。でも、美味しかった・・・


■メルカドのパン

学校の近くにある方の市場で売ってたパン。

P1160156.jpg

ほんのりホットケーキのような甘さがあって、外はカリカリ、中はちょっともちもち。
1ケ0.2ソル(約6円)。
これにスーパーで買ったハムをはさんで、クリームチーズとマヨネーズで立派な朝食。
でも、このパン、買う店によってかなり当たり外れがあるんだよね・・・失敗することも多数。


■出前一丁(笑)

P1160194.jpg

アルマス広場沿いにあるスーパーで香港の出前一丁が打ってて、
1ケ2.9ソル(約90円)もするけど、色んな味があってついつい買いこんでしまいました。
日本にも売ってたらいいのに・・・


あと、ロンプラに載ってるカフェ「DOS×3」のマラクジャチーズケーキは
あんまり美味しくなかった・・・。
ティラミスはまぁまぁだったけど、5ソルもするし・・・。
それなら、そのへんにある0.5ソル(約15円)ソフトクリームで私は満足。


クスコ、観光はマチュピチュとピサックぐらいしか行ってないけど、
なぜかついつい居心地がよくて長居したくなる街。
美味しいものがある街って、やっぱり素敵です。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。
CATEGORY : ペルー | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.09.24 *Fri

クスコで靴をオーダーメイド。

去年の年末。
私はグアテマラのサン・ペドロ・ラグーナにいて、後悔してたことがありました。


多くの日本人がオーダーメイドしてた靴を、私は作らなかったこと!


5日ぐらいでできるって言ってたから、時間は無くは無かったんだけど・・・
靴自体は3000円ぐらいでできるんだけど、
荷物になるし、グアテマラから荷物送るの高いし・・・
それに偶然にも、そこで作られるデザインと似たようなスタイルの靴を持ってたので、
まぁいいかーと思って、頼まなかったのです。

でも、旅で出会った多くの人が、そこで作るは買うわで、めちゃくちゃ羨ましかった。


だから、エクアドルのキトで出会った「てくてく世界旅」の二人のHPを見て、
クスコでもオーダーメイドの靴が作れるって知り、
「絶対今度は作ろう!」って心に決めてたのです。うふふ。


ぽんさん、かおちゃんにお店の詳しい場所を教えてもらい、クスコに着いて5日目、
ブーツのオーダーに。

そこは、一度目行った時は、ここじゃないやろうって思ったぐらい、
わかりにくい場所だった・・・。

私が何度もウロウロしてたので、それを見たセニョーラが、
「サパティージョ(靴)でしょ?」って建物の奥に連れていってくれた。

P1140728.jpg
↑建物の中庭のさらに奥にお店はあった。


P1140725.jpg

そこには愛くるしいにゃんこが1匹と、人の良さそうなおじいちゃんがひとり。

P1140726.jpg

P1140721.jpg


小さな工房に並ぶブーツたち・・・。かわいくて私は大興奮。

どうせ作って送るなら・・・と、ロングブーツとショートブーツ、2足オーダー。

メインの色を選び、切り替えしの古布を選ぶ。
そして、内側は皮かモコモコを選べる。


メインの色を選ぶのは簡単だけど、それにあわせる古布を選ぶのが難しい!
出来上がったブーツ達を見てるととてもかわいいんだけど、
実際自分が組み合わせると、イマイチぴんと来ない。


結局、自分のイメージと違うものが出来上がってくることを恐れてしまい、
ロングブーツは無難に黄緑一色に。中はもこもこ。

ショートブーツは、茶色にピンクの古布。


1足、1-2日でできるらしい。びっくり。
値段は、ロングは168ソル、ショートは106ソルと言われたけど、
2足で220ソル(約7000円)。



そして、マチュピチュに行ったりして、5日後、
ロングブーツは出来ていて、後はもうちょっと乾かすだけ。
思ってたより、いい感じに出来ていて安心!
でも、ショートブーツの方は見当たらない。

納期がいい加減なことは想像してたので、まだ時間はあるしと思って、
さらに2日後行ってみると、ちゃんと両方出来上がっていた。



オーダーをよく間違えると聞いてたおじいちゃん。
でも、色も素材もちゃんとあってる!



一安心して履いてみると、、、、なんと、なんと!!

ロングブーツのチャックが上がらない!!



たぶん・・・私が内側にもこもこをオーダーしたから、
その分必要なスペースが計算できなかったんだろう。



「セニョール~、これじゃ私買えないよ。」


必死に、皮を伸ばして、無理やり私に履かせるおじいちゃん。


強引にチャックを上げて、どうだ!っておじいちゃん言ったけど、
いや、チャックまだ2cmぐらい余ってるし・・・


「やっぱりこれじゃ買えないよ~。おじいちゃん、なんで~?」


「わかった!1時間で作り直すから、また来て!」


「でも、きれいに仕上がってなかったら買わないよ。」


「もちろん!」



そして2時間半後に行ってみたら、
おじいちゃん待っててくれたみたいだけどすでに帰宅。

さらに翌朝行ってみたら、ちゃんと出来上がってました!


生地を付け足してるけど、内側だしほとんど目立たないので問題なし。


おじいちゃんに、友達いっぱい連れてきたし、サイズ間違ってたし、
ディスカウントしてよってお願いしたら、
あっさり200ソル(約6300円)にしてくれました。

あー、何度も通ったブーツ屋訪問の日々もやっと終わった。。。

P1160173.jpg
↑出来上がったブーツたち。

P1160176.jpg
↑問題の原因、もこもこ。


早速他のお土産達と一緒に荷作って、6キロの荷物は日本へ発送。
(200ソル(約6300円)。配達日数、約25日らしい。箱やテープは郵便局で6ソル。)
日本に帰って、履くのが楽しみ!


★おじいとにゃんこの靴屋さん

P1160167.jpg

八幡方面からProcuradoresの通りに入って、左側。
一番最初の中庭がある建物のさらに奥に工房があります。

クスコには他にも工房はいっぱいあって、
宗教美術博物館前のSanAgustin通りにも数件あります。
この通りのブーツ屋は80~100ソルで作れて安い。
チャックなしのストレートタイプが多かった。
サンプルを見ててもかわいいし、納期もしっかりしてそうだけど、
すでにおじいの店でオーダーした後だったので、こっちでも買いたかったのを我慢した・・・
でも、内側の素材はちょっと安っぽかったかな。

おじいとにゃんこのお店は、
内側で使う皮は日本で売られてるのと同じような皮を使ってるし、
もこもこも選べるし、チャック付きのブーツもあるし、
品質的には、他の店よりいいかもと思います。
納期と出来上がりは気をつけないといけないけど(笑)

女性用だけじゃなく、男性用の靴や、パンプスなどもあります。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。
CATEGORY : ペルー | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.09.23 *Thu

ピサックで買い物&アワナカンチャでもふもふ。

クスコからバスで約1時間弱の町、ピサック。
火・木・日曜日には、この町で市がある。
クスコから増えた荷物と一緒にお土産も送ろうと、お金使う気満々でいざピサックへ。

P1160005.jpg
↑小さなピサックの町。


クスコにもお土産屋はいっぱいあるけど、ここは1ケ所に集まってるので、
数多くの中から選びやすい。

P1160014.jpg

P1160011.jpg


値引き交渉しないと、結局クスコより高く買うことになるらしいけど、
思った以上に値切れました!
45ソルが20ソルになったり、5ソルが2ソルになったり。半額以下になるものも。


P1160015.jpg
↑メキシコから、ずっとかわいいなぁと思ってたお土産用のチェス。
 駒が、スペインVSインカになっていて、インカ軍のナイトはリャマ。かわいい!
 ずっと1000~2000円ぐらいするものと思って値段さえ聞かなかったけど、
 ピサックだと15ソル(約500円)以下で余裕で買えた。
 思わず3つも購入・・・だってかわいいし!

P1160128.jpg
↑他にも色々。ほんとかわいい。久しぶりにいっぱいお土産買った。


そしてピサックを後にし、ピサックからクスコへの帰り道、バスで15分程のアワナカンチャへ。

P1160019.jpg

P1160020.jpg

P1160088.jpg


ここはお土産屋さん兼、アルパカやリャマ・ビクーニャを無料で見学できるところ。

英語ツアーは終わったばかりだったので、個人的に自由に見学できた◎


P1160031.jpg
ビクーニャとリャマ?

P1160047.jpg
ビクーニャ?

P1160027.jpg
むほー。アルパカ。

P1160050.jpg
刈られてちょっと時間がたったアルパカ?

P1160058.jpg
たわむれる。

P1160061.jpg
あそぶ。

P1160063.jpg
追いかけてあそぶ。

P1160082.jpg
リャマ?もうよくわかんない・・・

P1160094.jpg
ベビーアルパカかわいい!

P1160097.jpg
ロン毛リャマ?


写真の多さで、私のはしゃぎっぷりが伝わると思います(笑)


お土産屋さんは、日本円で1万円を越えるものが多々あるようなところだったので、
見学だけ。

こんなに近くでアルパカ達と遊べる(?)ところってなかなかないので、
動物好きには、ぜひおすすめの場所です!


<アワナカンチャへの行き方>
クスコからだとピサック行きに乗って30分程。1ソル。
右手に見えてくるけどわかりづらいので、バスに言っておいた方がいいです。
アワナカンチャからピサックまでは15分程なので、
ピサックにも寄って座って帰りたいなら、アワナカンチャを先に行く方がいいかも。
クスコ→ピサックは2.4ソル。アワナカンチャ→ピサックは1ソル。
なぜか分けて行く方が安かった・・・


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。
CATEGORY : ペルー | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.09.22 *Wed

また盗難?!500ドルと10ソルの行方。そして・・・

マチュピチュに向かう前夜、手持ちのペルーソルは十分あるけど、
念のため、ドルも持っていこうと思い、バックパックの貴重品袋を開けた。


・・・・・ナスカで持ち出した200ドルの封筒がない。


ナスカでも、フライトでもしかして使うかもと思ってドルを貴重品袋から出したんだけど、
もしかして私、それを貴重品袋に戻すのを忘れて、どこかに入れた??

バックパックをあちこち探すけど見つからない。
サブバックに入れたままになってて、移動の時に落としたかすられたんだろうか・・・
とりあえず、明日は朝早く出発するし、もう寝ないといけないし、
マチュピチュから帰ってきてから、もう一度探そう、とベッドに入ろうとして気付いた。


そういえば、300ドルの封筒、、、あったっけ??


同じ貴重品袋には、200ドル・300ドルと2つの封筒に分けて入れてあった。
ナスカでは、200ドルの封筒しか出してない。


ひやひやしながらもう一度貴重品袋を開けてみると・・・・ない!!!


なんでなんで??
バックパックは、出かける時はもちろん、お風呂に入る時だって鍵はいつもかけてる。


バスに荷物を預けた時、盗られたのか??
でも、もちろん鍵はかけてたし、あの重くて、ぎゅうぎゅうに荷物が入ったバックパックを
バスの狭い荷物入れの中で誰かが開けて、
奥に入った現金だけ抜いて、私に気付かれない程元通りに荷物をパッキングできたなんて
考えられない。


それに、現金以外の、カード類、パソコン、i-PODなど電子機器は何も盗られてない。
ということは、すぐに気付かれたくない人の犯行。



それなら宿の人??


ナスカの宿は、プライベートルームだったし、
お金を確認して以来、お客さんは自分たち以外いなかった。
宿はオープンして間もなく、そんなタイミングで、
自分達の評判を落とすような真似をするとは思えない。

クスコに着いた日、1泊だけした宿もプライベートだったし、
扉の鍵は自分のもの使ったし、バックパックにももちろん鍵かけてたし、
その日は疲れていて、ほとんど宿にいて出かけてなかったし・・・


じゃあ、その次に泊まってたサマナパタⅡ??

ドミだったけど・・・でもやっぱり鍵はしてたし・・・
うっかり、鍵かけ忘れてたことあったっけ??無かったと思うけど・・・

でも、鍵さえどうにかなれば、衣類や雑品が入ってないガラガラのバックパックから、
貴重品を探すのはたやすいこと。



バックパックを、いつの間にか荒らされた??



そういえば手帳に、記念にと思って挟んであった10ソル札・・・あれは?

手帳を開いてみると・・・・10ソル札(約310円)もない!!



確信した。バックパックを荒らされた。
自分が、うっかり別の場所に入れてしまったという儚い希望は無くなった。



使ってた鍵は、アメリカで荷物チェックをされてもいいタイプの赤いラインのやつ。
ダイヤルロックだけど、アメリカの職員が荷物チェックで開けれる鍵穴がついている。

鍵穴をよく見てみると、傷がついてるような、ついてないような・・・



どっちにしろ、500ドル+10ソルは戻ってこない。
鍵かけてても盗られるなんて・・・・じゃあどうしたらいいの?
貴重品を全部持ち歩くなんて、それもまたこの南米じゃハイリスク。
もう、自分の運次第なんだろうか。。。



なんか、前回の盗難とは全然違う気持ち。
犯人が誰かわからない分、怒りの行き所がないし、
カバンに鍵をかけてただけに、悔しいというより、狐につままれた感じ。


とりあえず愕然としてます。
現金には、他の物とは違って思い入れがないけど、私の大切なお金。
500ドルあれば、こっちじゃ1ヶ月生活していけます。


犯人は・・・怪しいと思う人がドミに一人いたんだけど、証拠がないし。
マチュピチュから帰ってきた時にはもうチェックアウトしてたし。



でも後日・・・
パナマで買ったお気に入りの、
ひとつの芯に数種類の色が混ざったお気に入りの色鉛筆を使おうと思ったら・・・


ない!!!


これも、ナスカでは確かにあった。


現金以外盗られなかったと思ってたら、こんなものが盗られてた・・・
絵が好きだったり、女性だったりしたら、欲しくなりそうな色鉛筆。


やっぱり、会った時から怪しいと思ってたあのフランス人女性かもしれない!


私が泊まってたサマナパタⅡは、ドミで20ソル(約660円)。
15ソルのドミがある宿がもっと手前にあるし、
他にも個室で15ソルの宿なんて近くにいっぱいある。

辛い階段を登らないといけないのに、20ソル払ってここに滞在してる人は、
この宿のテラスから見える景色の素晴らしさに惹かれてやってくる人が多い。

でもこのフランス人女性は、日中はほとんど宿におらず、
夜中に帰ってきて、朝遅く起きる。

こんな風に言うとヒッピーの人に対して失礼かもしれないけど、
彼女はそれ風で、楽器の他、杖を持ってたり、他の荷物も多かった。
そしてそういった人達は、ドミで20ソルもする部屋に、
あんまり泊まらない。(と思う。)


最初に彼女に会った時の感想は、「なんでこの宿を選んだんだろう??」

なんとなく、危険信号を感じつつ、荷物の鍵には気をつけていたのに・・・



結局、私がマチュピチュに行く前夜は、彼女は宿に帰って来なかった。


でも、彼女が犯人っていう証拠なんてない。
宿の人に言おうかと思ったけど、この宿で無くなった証拠さえもない。


つまり、泣き寝入りしかない。


現金以外の貴重品は盗られなかったけど、そんなの不幸中の幸いでも何でもない。
やっぱりその出来事の不幸は不幸だと思う。


だから私は、不幸中の幸いなんて言わないし、
同じような盗難にあった人にも、そんな慰めの言葉をかけられない。


ただただ怒り、いつか犯人が捕まって痛い目にあえばいいと心から願います。


旅人のみなさん、鞄に鍵をかけててもお気をつけください。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。
CATEGORY : ペルー | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.09.21 *Tue

マチュピチュ村からクスコに帰れない?!

マチュピチュ観光を終えた翌日、また同じルート(徒歩&バス)でクスコへ。

8時に宿をチェックアウトし、軽く朝ごはんを食べてまた線路沿いを歩く。

P1140974.jpg

P1140988.jpg

体は疲れてるものの、道は涼しいし快適。

P1150002.jpg
↑途中、走ってきた業務用車両。


1時間、2時間と歩き・・・



そういえば、午前中なら電車が横を何度か通るはずなのに、1度も来ない。



実は昨夜、日本人と村で出会い、
「明日・明後日電車がストで動かない」と電車のチケットを手配したホテルの人に言われ、
その真偽を確かめる為に、これからペルーレイルのオフィスに行くと話していた。


まさか本当に今日はストライキだった??


昨日あった日本人は、今日クスコに帰れないと、
その翌日のプーノ行きのバスに乗れないって言ってたので、
結局どうしたんだろう・・・。
マチュピチュ観光した後、
私たちと同じルートで徒歩&長時間バスで帰るなんて、かなり大変!!

気の毒だ・・・と思いながら歩いてると、また、ふと気付く。



すれ違う人が多い。



クスコから1日かけてこのルートで来るなら、午前中にここを歩くなんておかしい。

もともと電車を使って行く予定の人が、1日でこのルートの移動はハードだから、
ストでやむを得ず、2日に分けてマチュピチュに向かってるのかな?

と思っていたら、向こうから日本人がやってきたので話しかけてみた。


そしたら案の定電車はストライキらしい。
さらに、今日、明日、バスも動かないから、
慌てて昨日の夜遅くに、徒歩を始める近くの町まで移動したと話していた。



ということは・・・・私たちもクスコに帰れない??



ストライキがしょっちゅうあることは知ってたけど、
まさか超有名観光地のマチュピチュ-クスコ間で、
電車もバスも止まるなんて思ってなかった!
前回のストは、バスだけが止まってて電車は動いてたので、
電車は止まっても、バスは動いてると思ってたのに・・・・


とはいっても、水力発電所まであともう少し。
4人いるし何とかなるかーと、改めて仲間がいることに感謝。

P1150004.jpg


そして水力発電所に到着。
心配してたけど、コレクティーボもいたし、タクシーもいた。
4人で15ソル(約500円)払って、タクシーでサンタテレサへ。

サンタテレサの手前で、ちょうど逆方向に向かっていたタクシーとお客さんを交換し、
スムーズに次の町、サンタマリアへ。(1人8ソル)




この調子なら、クスコまで順調に帰れるんじゃない?



って思ってたら・・・・甘かった。


サンタマリアの町で聞くと、どうやらストライキは、サンタマリアとクスコの間にある、
オリャンタイタンボ周辺でやってるらしい。
だからこの辺は普段通りにバスや車が走ってるけど、
ここからクスコまでの道は封鎖されているらしい。

ペルーや周辺諸国、ネパールでもそうだったけど、こっちのストライキは、
日本のそれとは全然違う。
詳しい事情は知らないけど、
こっちのストは、道に石を置いて、車やバスを通れなくさせるという、
とりあえず迷惑きわまりないもの。
電車やバスやタクシーの運転手が、賃金あげろー!って怒って働かない訳じゃないんです。

前日ぐらいにストが始まるってウワサは流れるらしいけど、基本的に突発的らしい。
今回は2日間だけど(って決まってるのも変)、数日間続く場合もある。
後から聞いた話だと、この突発ストで、マチュピチュに行けなくなった短期旅行者が
いっぱいいるらしい。
ペルーまでの交通費もバカにならないのに、そんなの本当に気の毒!!


このまま私たち、サンタマリアで立ち往生、、、最悪、ここで1泊??

P1150028.jpg

って思ってたら、どうやら夜は道が通れるらしく、18時頃ならバスはあるよと。

でも、今はまだ14時・・・
そんな時間まで、こんな何もない小さな町で待つなんて・・・


でも、山ちゃん&リーがまたまた色々交渉したり尋ねてくれたりして、
とりあえず、クスコとは反対方向だけど、ここより大きな町、キジャバンバに移動することに。
(約1時間、3ソル)
バスに乗ってたセニョール曰く、キジャバンバからクスコまでのバスはあるし、
値段もサンタマリアからと一緒だし、とにかくついておいで!と心強い助っ人登場。



着いたキジャバンバは、なんでこんな山奥に!って思うぐらい大きくきれいな町だった。

P1150031.jpg

バスで一緒だったセニョールがクスコ行きのバス停まで送り届けてくれ、
確認してみると、ちゃんとバスはあった!!


夕方17時発だけど、ここが始発だし、確実にイスに座れるし、
キジャバンバに移動してきて良かった。

そして、9人乗りのワゴン車に10人が乗り、ようやく17時半にキジャバンバを出発。
(1人、30ソルを値切って25ソル。)


途中、オリャンタイタンボで、昼間の投石や置石の様子を暗闇の中伺いながら無事通過し、
クスコまで5時間と聞いてたけど、約6時間かかって、ようやく24時前にクスコに到着。

車の中でほとんど爆睡してたけど・・・長い長い1日が終了。
無事帰って来れて良かった!


マチュピチュ、バックパッカールートで行くなら、ぜひ4人で行くのがオススメ。
しかも私は仲間にも恵まれ、楽しい3日間でした。



でも、実は・・・・大変だったのはこれだけじゃなく、、、、
出発前日にとある事実が発覚。

楽しい反面、どうしようもない悲しい気持ちも抱えていたのです。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。
CATEGORY : ペルー | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.09.20 *Mon

空中都市、マチュピチュ。

今日はとうとうマチュピチュ観光。

1日400人しか登れないワイナピチュの整理番号をもらう為に、
夜中といってもいい時間、3:45に起床。
朝ごはんも食べずに、4時半にはバス乗り場に並ぶ。

5時にバスチケット売り場が開き、5時半にバスが発車する。
バスチケットは、片道19.8ソル(約600円)。
宿が10ソルなのに、この値段高すぎる!

バスが動きだしてから、6台目のバスに乗車でき、
すでに長蛇の列ができている入り口に到着してまもなく、
ワイナピチュの整理番号「7時の部」131番を無事ゲット。

P1140802.jpg
↑早朝から長蛇の列。バスを使わずここまで1-2時間かけて歩いてくる人もいる。


マチュピチュは朝6時からオープン。
入り口でそんなに待つことなく、遺跡内に入場。

P1140803.jpg
遺跡内を進み、朝もやの中見たものは・・・


P1140810.jpg

本当にあの、マチュピチュの景色でした。


P1140830.jpg

段々畑のはるか下には、深い谷。
スペイン軍から逃れる為とはいえ、こんな山の上に都市を作るなんてインカ軍はすごい。



小一時間見張り小屋あたりで景色を堪能してから、今度はワイナピチュへ!

P1140846.jpg
↑ワイナピチュの入り口はすでに長蛇の列。名簿に記入しないといけないので、列もなかなか進まない。

ワイナピチュの入り口で1時間ぐらい待って、やっと登山開始。

登山といっても、ほとんど階段。
クスコから標高が下がって呼吸は少し楽になってるものの、やっぱりしんどい。
ボリと一緒に、ゆっくりゆっくり登る。

P1140850.jpg

約1時間、、、ひたすら階段を登る。

P1140864.jpg

そして到着したワイナピチュ。そこからの景色は・・・


P1140865.jpg

マチュピチュ、遠い!! ちっちゃい!! しかも霞んでる!!


ワイナピチュに登らないと、マチュピチュに行った意味ないって言ってる人は誰だ?
ワイナピチュも遺跡が残っていて、それなりに楽しかったけど、
マチュピチュを眺める最高の景色とは私は思わなかったなぁー。

向かいのマチュピチュ山(登るのに倍の時間がかかる)の方が良かったって言ってる人が
たまにいるけど、本当にそうなのかもしれない。

マチュピチュは、背後にそびえ立つワイナピチュがあって、
最高な景色になるような気がする。

まぁ、私の個人的感想ですが。
こんな素晴らしい遺跡に、素直に感動できなくてごめんなさい。


残念ながら、向かいのマチュピチュ山に登る体力は残ってなかったけど、
入場制限もなく、1人10-20人ぐらいしか行かないらしいそっちのルートも、
悪くないかもしれません。


私は見張り小屋からの景色や、
マチュピチュの遺跡内で身近に遺跡を眺める方が素敵だと思いました。

ワイナピチュに登る体力や時間を、マチュピチュの遺跡内に使っても、私は全然いいと思う!

でもそれは、登ってみたから言える感想で・・・・
きっと登らなかったら、めちゃくちゃ後悔してたと思うけど(笑)
だから、やっぱり登ってみたことはいい体験でした。


というさみしい感想はさておき・・・・


マチュピチュ。

こんなに有名になっただけあると、やっぱり実感。
スペイン軍にとうとう見つからなかったインカの遺跡。

昨日、マチュピチュ村へ歩いてる時に見上げてたからよくわかった。
まさかこんなところに都市があるなんて思わない。

マチュピチュ遺跡のまわりには、切り立った角度のするどい山ばかり。
空中都市と言われるのが納得。ロケーション最高。

P1140826.jpg

その当時、身を潜めないといけない境遇は悲しい歴史かもしれないけど、
こんなところに都市を作ったインカの人達はすごい。

P1140904.jpg

P1140923.jpg

P1140899.jpg

P1140944.jpg


マチュピチュは17時まで開いてるけど、15時頃には退散。


夜は、ペンション八幡の情報ノートでもオススメされていて、
世界一?美味しいらしいチキン屋さん「バンビーノ」へ。
(川向こうのスタジアムを越えて左に曲がったにあります。)

P1140963.jpg

7ソル(約220円)で4分の1サイズのチキン、アロス(米)、ポテト、
食べ放題のサラダバー(←これが嬉しい!)。

チキンは・・・世界一ではないかな~(笑)
いや、味は美味しかったけど、ちょっとパサパサでした。

でも、マチュピチュ村にあるレストランは高いところが多くて、
7ソルで食べれるところは嬉しい。ツーリストは少なく、地元の人で賑わってました。


P1140828.jpg
Gracias! Amigos!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。
CATEGORY : ペルー | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.09.19 *Sun

マチュピチュへ行こう。

クスコに着いて数日。
南米で一番有名ともいえる観光地、マチュピチュに向かうことにしました。

大半の旅行者は、電車を使ってマチュピチュ村(アグアスカリエンテス)に向かうのですが、
私は、長期旅行者の中では定番のバックパッカールートで行くことに。
これは、コレクティーボ(乗り合いタクシー)を乗り継いで約6時間、
さらにその後、徒歩で約3時間歩くというルート。
マチュピチュ村には、途中から道路が走って折らず、電車の独占状態。
このバックパッカールート、
電車だと往復60ドル以上のところが、半額以下、2400円(約80ソル)ぐらいで行けるのです。

でも、一人じゃとてもじゃないけど、楽しく行けるような簡単な道のりではないので、
同じ宿の日本人、山ちゃんと、山ちゃんの友達、韓国人のリー&ボリと一緒に4人旅。


出発当日、7時に宿を出て、キジャバンバ行きバス乗り場へ。

 7:30 クスコ → サンタマリア 約4時間 24ソル(約750円)。

(ランチを食べながら、2時間待ち。)

13:30 サンタマリア →(サンタテレサ)→ 水力発電所(イドロ・エレクトロニカ)
 約1時間半 13ソル(約410円)

15:30 水力発電所 → マチュピチュ村  徒歩3時間

P1140773.jpg
↑乗り合いコレクティーボ。結構きれい。

P1140775.jpg
↑水力発電所に向かう途中、未舗装道路を行く。


私たちは4人だったので、コレクティーボの交渉もしやすく、
待ち時間で苦労しなかった。
タイミングが悪い人の場合、満席になるまで2-3時間待たされるみたいなので、
そう思うとかなりスムーズに水力発電所まで着けたと思う。
しかも、男性コンビ山ちゃんとリーがいつも交渉に頑張ってくれたので、かなり頼もしい!



そして、水力発電所から、マチュピチュ村までプチトレッキング開始。

P1140777.jpg
↑多くのバックパッカーがここから歩き始めるので、インフォメーションがある。

P1140779.jpg
↑ペルーレイル。水やジュースが3ソル(約93円)もするけど、ここで買えます。

P1140783.jpg
↑そして徒歩開始。


約3時間弱の道のりだけど、ほぼフラットな道のりで、ずっと線路脇を歩いていくだけなので、
気持ち的にも体力的にも、思ってたより随分ラクで楽しい。

P1140788.jpg
橋の横をおそるおそる渡ったり・・・

P1140790.jpg
1車両だけ残されてた電車に乗り込んで写真撮ってみたり。

右手にマチュピチュの頂きを見ながら、涼しくなってきた夕方の線路沿いをてくてく歩く。

P1140794.jpg
この山の上にマチュピチュがある。下からじゃほとんど見えない。

P1140796.jpg


ようやく暗くなってきた18時過ぎ、正面にマチュピチュ村の明かりが見え、
右手に流れる川向こうには、蛍が光る。

P1140800.jpg
↑日本の温泉街のようなマチュピチュ村。雰囲気もいい。


マチュピチュ村では、山ちゃん&リーが4人部屋を一人10ソル(約310円)で
泊まれるよう交渉してくれ、宿もあっさり決定。

早く就寝して、明日は4時起きです。



■マチュピチュ村の宿

NUMBER ONE


4人部屋 一人10ソル(約330円。12ソルから値下げ)

チェックアウト9:30

プライベートバスルーム(ホットシャワー)

P1140799.jpg

山ちゃんとリーが値下げ交渉を粘ってくれて、12ソルが10ソル!
まさか、こんな大観光地でこんな値段で泊まれるとは・・・
10ソルの割りには結構きれい。洗濯物が干せる場所がある。
マチュピチュへのバス乗り場も近いし、立地も悪くない。
シャワーは、お湯がでるまで時間がかかる時があるけど、ガスシャワーなので結構いいお湯がでる。
階段が狭く4階だったので、荷物多い人(いないと思うけど)はしんどいかも・・・。
マチュピチュ村、と言うと高そうだけど、10-15ソルの宿も結構あるみたいです。
でも、シーツを使ず直接毛布をかぶってた山ちゃんがダニにすごいやられてたので、
毛布に注意。
場所は、川沿いを歩いて、スタジアムに向かう橋の一本手前の道を左。
村の入り口で客引きしてるみたいです。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。
CATEGORY : ペルー | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.09.17 *Fri

クスコで、インカ・マッサージ。

クスコと言えば、マチュピチュ。世界からツーリストが老若男女に関わらずやってくる。
クスコを初めて訪れる外国人旅行者は、100%に近い確立でマチュピチュに行ってると思う。
もちろん、私も行きますよ。

マチュピチュを訪れるだけなら、3-4日もあれば十分なクスコだけど、
長居する旅行者が多い魅惑のこの町。

P1140665.jpg

茶色の屋根が広がる街並みもきれいだし、夜は寒いけど昼間は暖かいし、
小さくもなく広すぎない街の規模、お土産いっぱい、アクティビティもいっぱい、
私も少し長居の予定。


高山病の症状っぽいものは、だんだん楽になってきました。
相変わらず、坂道を登ればゼーゼー言うし、睡眠も十分にとれないけど(←これが結構辛い)、
胸の苦しさや頭の痛さは無くなってきました。



そして今日は、同じ宿の女の子とインカ・マッサージへ。

短期旅行の時はやたら行ってたけど、今回はかなり久しぶり。

クスコには、インカ・マッサージ屋さんがいっぱいあって、
街の中心アルマス広場を歩くと、絶対に客引きに声をかけられる。
1時間、定価20-25ソルなんだけど、
最初から15ソル(約500円)って言ってくれたお店に行ってみました。


P1140729.jpg
↑マッサージスペースは狭かったけど・・・

小奇麗な店内。
静かな部屋にヒーリングミュージック。
女性専用の部屋に、女性のマッサージ師。

ペルーでマッサージ???
にわか仕込みだろうと思ってたら、意外や意外、丁寧でちゃんとしてたし、
かなり気持ちよかった!!

インカ・マッサージの他に、指圧やスウェーデン式、リフロクセロジーなどなど
何種類かあるんだけど、おそらくダントツに人気のインカ・マッサージだったからか、
手際もよくて、心地よい。体がどんどんほぐれていく感じ・・・。
痛がりの私でも痛くなかったよ。

何がインカなのかよくわかりませんが、ストーンマッサージみたいなものでした。

頭から始まり、肩、背中、両足(裏側)、腕、ひっくり返って、顔、肩、足(表側)、腕・・・

手のひらと、滑らかで暖かい石のマッサージ。幸せの1時間でした。


最後に宣伝してくれって言われたけど、チラシにHPが載っててびっくり!
まぁ、他にもマッサージ屋さんは山ほどあるので、感じの良さそうなところにぜひ。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。
CATEGORY : ペルー | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.09.14 *Tue

頭がいたい・・・

標高約3400mの、クスコにやってきました。

コロンビア、エクアドル、北ペルーと、2000-3000mの町に長くいたのに、
標高0のワンチャコやリマで長居してしまい、酸素薄に対する免疫がすっかりリセット。

ナスカから向かうバスの中で、夜中3時に目が覚め、
延々と続く九十九折れの道のせいで気持ち悪いし、
酸素が薄くなってきたからか、座ってるだけなのに、息が苦しい・・・

ともあれ、1時間遅れの21時にナスカを出発したバスは、
無事翌日12時半にクスコに着いたけど、今度は頭痛いし・・・

しばらく高地順応のため、ゆっくりしようと思います。
でも、オススメしてもらった宿があまりに寒くて暗かったので、明日宿替え。
荷物めっちゃ重い上、酸素も薄くて、少しの距離を歩くだけで倒れそうです。


そうそう、ナスカ→クスコのバスであった、ちょっとした出来事。

バスに乗り込もうとしたら、私の席に、目にすごいくまができた女性が寝ていた。
彼女の後ろの席の男性が、彼女のために、席を変わってほしいという。

私の買った一番いいクラスのソファカマエリアは、
一人席が×3、二人席が×3の、9席しかない。
見渡すと、二人席の窓側が空いてたけど、そもそも私は、
盗難の多く、道が悪いこのクスコ行きのバスでより快適に安全に移動したいと思い、
+20ソル(約600円)払って盗難を避けるためにいいクラスを選び、
夜気持ち悪くなったり、トイレに行きたくなった時に隣の人に気を使わなくてもいい
この3席しかない一人席を買うために4日も前に買ったのだ!!

気分の悪そうな彼女には申し訳ないけど、答えは「いやだ。私は一人席がいいの。」
彼女はすぐ理解してくれて、もたもたしながらも移動してくれたけど・・・。

でも、元々の自分の席は同じ窓際やし、隣は自分の友達やし、なんでわざわざ他人の席を・・・

まぁ、それはいいねん。


でもさ、私が腹が立ったのは、席を変わってやってくれって言った男のほう。

自分もひとり席に座ってるんだから、本当に彼女を心配してるんだったら、


お ・ ま ・ え ・ が ・ か ・ わ ・ れ !


夜発のバスに、女性がひとりで一番いいクラスのバスに乗ってくるということは、
色々心配して選んだって、同じ旅行者なら想像つくでしょ!!

もし、彼が自分が移動するから、俺のひとり席を使ってくれって言うなら、考えた。


自分はひとり席移動するつもりないのに、しょーもない正義心だかなんだか知らないけど、
いきなり乗ってきた私に、自分友達の為に席変わってくれなんて!


優しさが薄っぺらいよね・・・。


今回だけじゃなく、バスの座席に関しては、あつかましいお願いをしてくる人はいっぱいいる。


窓際に座るのは、窓からの景色を楽しむだけじゃなく、
停車した時自分の荷物を誰かが持ち去らないかチェックしたり、
途中下車する時、乗り遅れないように標識をチェックしたり、色々理由があるのだ。

冷たいかもしれないけど、これは譲れない。私だって自分を守らないといけないんだから!!


宿に着いたら、宿のおばちゃんが、
「こないだ来たハポネサは、バスターミナルで荷物盗られたのよ~。あなたも気をつけて。」

くわばらくわばら。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。
CATEGORY : ペルー | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.09.12 *Sun

ナスカの地上絵!

昨年の9月2日に日本を再出発し、
アメリカのロサンゼルスから中米を通って南米大陸に入り、はや1年。

たぶん、それまでの中で一番有名かと思われる観光地、ナスカの地上絵を見て来ました。


一度目は、ナスカからバスで約30分(2ソル)のところにあるミラドールから。

P1140563.jpg
入場料2ソル(約63円)。

P1140567.jpg
地上絵は、意外と小さく・・・

P1140568.jpg
意外と細かった。

P1140577.jpg
↑お土産やさんのキーホルダー。1個3ソル(約95円)。
 地上絵は暦という説があり、日本語でてんびん座はコンドル、とか書かれた紙を見せてくれる。
 ついつい私もその気になり、買ってしまいました。
 行ったことない人がもらっても嬉しくないお土産だろうけど、私にとってはいい記念品です。


そして翌日、セスナから!

ナスカの町の代理店は、定価75ドル(220ソル)で、65ドルまでしか値下がりしなかったので、
晴れ渡った当日の朝7時半過ぎ、TAXIで直接空港へ(3ソル)。

P1140606.jpg
↑びっくりすぐるらい日本人だらけだった小さな空港。約8割日本人団体客でした。


できれば50ドルで乗りたかったけど、まだハイシーズン価格のままで、どこも60ドル・・・。
AERO PARACASで、60ドル=168ソルを、
帰りの送迎込みで、少しだけど160ソルに値下げしてもらい、TAXを別途20ソル払って待機。

P1140607.jpg
これまた、想像してたより随分小さな飛行機!パイロット2人+乗客4人の6人乗り。

P1140610.jpg
日本からツアーで来た日本人のおばさま達と一緒。
私が、「飛行機乗るの怖くないですか?(私は怖い)」って聞いたら、「ぜーんぜん!」。
心強くて、めっちゃ安心できました。

P1140618.jpg
セスナからの景色は良かったけど、、、

P1140620.jpg
地上絵を見つけるのが大変!↑これはまだわかりやすかった方。宇宙飛行士(ガチャピン)。
パイロットが、教えてくれるけど、地上絵以上に目立つ線がいっぱいあって、
なかなか見つけられない!
隣のおばさまが教えてくれなかったら、私いくつか見逃してたかも・・・

P1140626.jpg
↑これはコンドル。見えますか??
 ズームも何もかけてないけど、実際肉眼で見るのもこれぐらい見つけづらい。
 

ガッカリ世界遺産とよく言われるナスカの地上絵。
実は私も、高いし行かなくてもいいかなーと思ってたけど、やっぱり行ってよかった。
今や地上絵は、グーグルマップでも見れるけど、
TVや本でしか見たことない景色のスケール感を肌身で感じれるのって、貴重な経験だと思う。
セスナに乗れるってアトラクションを含めて考えたら、なかなか面白かったと思う。

・・・でも、一生で1回でいいかな(笑)
私は吐かなかったけど、右に左に旋回するセスナに30分も乗ってると、
さすがに最後は気持ち悪くなりました。
おばさま達も、飛行機降りたとたん、
「もういいから早く帰りたいって思ってたわ」って言ってました(笑)


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。
CATEGORY : ペルー | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.09.08 *Wed

ナスカ到着&ナスカの宿。

ワカチナを出て、約2時間半。地上絵で有名なナスカに着きました。

※ワカチナからイカのPERUバスターミナルまでTAXIで5ソル(約150円)。
 PERUバスからは、1時間置き(00分発)にナスカ行きが出発してます。10ソル。

治安が悪いと聞いてたナスカだけど、バス停からアルマス広場までの
ツーリスティックな通りは、人通りも多いし安全そう。

P1140558.jpg

欧米人観光客もちらほら見かけるけど、制服やジャージを着たペルーの学生たちがやたらと多い!
結構にぎやかです。

夜は、近くにちょっとした遊園地があって、屋台もあるし、ナスカの町も楽しそう。

P1140587.jpg
↑観覧車に乗りました。4ソル(約125円)

P1140588.jpg
↑怖い・・・安全性が・・・

P1140589.jpg
↑見下ろす夜景はきれいだけど、やっぱり怖い! 明日乗るセスナ、大丈夫か私・・・
 てっぺんでしばらく止まったあと、日本のよりかなり早いスピードでぐるぐる回転。
 飽きるぐらい、何周もしてくれる。


ナスカは、1-2泊すれば十分な町だけど、
人通りが少ない週末に新しい街に着くのは避けたいし、ナスカに4泊して、
日曜の夜行バスでクスコに向かう予定。

またCRUZ DEL SURを使おうかと思ったけど、170ソル(約5300)は
さすがにちょっと高い・・・と思って、CIAL社の一番いいクラス、カマクラスを購入。
セミカマ80ソルで、カマが120ソルだったけど、プロモーションでカマが100ソルでした!
20時発で、夕食&朝食付き。
夜行で、一度ひとり席の快適さを味わってしまったら、やっぱり今度も・・・って贅沢しちゃいます。
ひとり席は1台に3席のみ。早いもの勝ちです。
(と思って3日前に買いにいったら、私が全席で一番乗りでした(笑))


なので、ナスカでは少しのんびり。

ナスカは、ワカチナと同じく、日中は結構暑い! 
ワカチナで砂まみれになった洋服を洗ったり・・・洗濯日和です。

P1140645.jpg
↑アルマス広場の近くに夜から始まる屋台のコンビナード。(5-6ソル。約150-180円)
 アロス・コン・ポヨに、ピスコで初めてみたカラプルクラ、パスタにエスカビッチェ、パパなど。
 てんこもりでカロリー高し。おなかいっぱいメニュー。


■ナスカの宿

DIAMOND MONKEY LODGE

シングル 30ソル → 20ソルに値引き
ツイン 一部屋35ソル → 30ソルに値引き

P1140553.jpg

共同バスルーム(紙付き)、ホットシャワー、タオル、石けん付き
Wi-fiフリー

チェックアウト 12:00


今も宿を作りかけで、設備はまだシンプルながら、とってもきれい。
シャワーのお湯もあつあつ。

P1140555.jpg

部屋も日当たりのいい部屋がほとんどで結構広い。
洗濯場所も貸してもらえます。

アルマス広場からは3-5分だけど、バスターミナル周辺からは徒歩15分ぐらい。
宿の前の道は、人通りが少なそうでちょっと心配したけど、
涼しくなった夜の方が人通りが多かった。
同じ通りにも、何件かきれいめの宿あり。

P1140556.jpg
Calle Arica 612
(ターミナルからアルマス広場に行き、アルマス広場の手前の道を左に曲がってつき当たり付近の右手)

宿の看板がまだ出てないので、住所を参考に。
私も、中米で親しくなったりえさんに教えてもらって行きました。

でも、宿が完全に出来上がったら、この値段じゃ泊まれないかも・・・


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。
CATEGORY : ペルー | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.09.07 *Tue

ペルーで砂漠を楽しむ。

ピスコを出発して、イカから約2.5キロのワカチナオアシスにやってきました。

<ピスコ→イカの移動情報>
 ピスコのセントロからイカへの直通バスは、FLORES社の6時半発のみ。(LIMA行きは多発。)
 アルマス広場のCAJAMARCA通りをPANAMERICANAの方に
 少し歩くと、左側にTERMINAL TERESSTREがあって、そこからハイウェイまで
 コレクティーボが1.5ソルで出てます。コレクティーボといっても、乗り合いタクシー。
 イカ行きが頻発してるPERUBUSの前で降ろしてくれます。
 ピスコ→イカは、4ソル(約125円)で1時間。
 着いた時は長蛇の列でどうしようかと思ったけど、次々にバスが来て、15分後には乗れました。


ワカチナ。ここは、日本人にも人気のスポット。
絵に描いたような砂漠の中にオアシスがあり、そのまわりに宿が点在してる。

P1140544.jpg

P1140507.jpg

行った人の写真を見てると、なんて素敵なところなんだろう!!って思ってたけど、
実際行ってみると、ペルーに入って、ハイウェイからしょちゅう砂漠を見てきたからか、
「あ~・・・こんなもんか・・・」って、感動薄。
湖のまわりを一周。約15分。もう飽きた。悲しい・・・。


なんか、作られた感がありありとしていて・・・
久しぶりに欧米人がたくさんいる町で、もちろん物価も高い。
しかも、ここワカチナとイカまでは公共交通機関がなく、TAXIのみ。
片道4-5ソル(約150円)もする。

あー、こんなことなら、人で賑わってたイカに泊まって、
ワカチナには日帰りで来ればよかったって後悔。。。


そして、ワカチナは暑い。
日本の夏に比べればちょろいもんですが、久しぶりの強い日差しに汗ばむ。

ワカチナにいても退屈なので、片道徒歩45分もかかるスーパーVEAまで買出しに行ったり、
片道徒歩20分のティエンダ(売店)まで飲み物を買いにいったり。


でも、ここには砂漠ならではのアトラクション、サンドバギー&サンドボードツアーがあり、
これに参加した。(ひとり40ソル(約1250円)+TAX3.6ソル)

P1140531.jpg
サンドバギーで砂漠を走る!斜めになったり、急斜面走ったり面白い!

P1140517.jpg
朝10時頃出発のは暑すぎるので、夕方16時15分発ので。涼しくなってきた頃で気持ちいい。

P1140520.jpg

P1140529.jpg
うちの宿からのツアーは、5人乗りの小さいバギー。めっちゃ狭かった。

P1140543.jpg
こういう急斜面を腹ばいになって滑る。めっちゃスピードが出て、怖いけど面白い!
太ももを打ち付けたり、口の中に砂が入ったりしながらも絶叫!

P1140552.jpg
夕日を見て終わり。約2時間弱の砂遊び。


ワカチナに2泊して、次はナスカに移動です。


P1140509.jpg
↑ペルーのあちこちで売られてる手作りチョコ。ナッツ入りとかオレンジ入りとか色々。
 なんか、地チョコ?みたいで、これはICAのマーク入り。
 ワカチナを歩いてたら、実際作ってるところを見せてくれて、つい買ってしまった。
 1個1ソル(約31円)。味は、まぁ、そこそこ。でも、パッケージがかわいすぎる。


■ワカチナの宿

HOSTAL ROCHA

シングル 20ソル
ツイン 一部屋40ソル → 35ソル(約1100円)に値引き
(共同バスルームは 一部屋35ソル)

プライベートバスルーム、ホットシャワー
プール、キッチン(宿でツアーを申し込んだ人だけ使用可)

チェックアウト 12:00


プールがあっても、そんなにきれいな水じゃないし、誰も泳いでなかった。
キッチンがあるので、ラーメンやパスタを作ったけど、よく見れば水道の水が濁ってた・・・
(でも、この水を使って料理して食べた。)

P1140500.jpg

部屋は、「安宿」って感じ。トイレットペーパーもなければ、バスタオルもない。
日当たりは良かったけど、部屋狭かったし、、、
部屋にもよると思うけど、コンセントがバスルームにしかなかった。
シーツは、清潔だったけど・・・

P1140499.jpg
↑トイレには便座あり。

P1140511.jpg
かわいいオウムや猫がいたのが癒し♪

でも、ワカチナの中では、安い方のホテル。
CASA DE ARENA が有名だけど、同じ値段ならドミか、共同バスルーム個室にしか
泊まれないので、サンドバギーの後、すぐお風呂入りたかったし、こっちにして良かったと思う。
シャワーは熱々でした!
ここだけじゃないけど、夜はホテルのバーがガンガンに音楽かけてるのでうるさいです。
ワカチナにはパーティホステルだらけ。それでも、疲れて爆睡できましたがw

ワカチナの入り口から右の方に入ってすぐにあります。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。
CATEGORY : ペルー | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.09.06 *Mon

リトル・ガラパゴスは・・・

リトル・ガラパゴスと呼ばれる、バジェスタス島に行ってきました。

P1140492.jpg

リトル・ガラパゴスと名前を付けられるぐらいだから、
さぞたくさんの動物がいるんだろうと思ってたけど、実際は・・・・

P1140488.jpg

島のほとんどをかもめが覆いつくす、


か も め 島


でした。


確かに、アシカやペンギン、ペリカンやかもめ以外の鳥も見れたけど、
島にいたほとんどがかもめで、見れたアシカやペリカンは20-30頭ぐらい?
ペンギンは10羽ぐらいかなぁ・・・
フンボルトペンギンはかもめと色が似てたので、ウォーリーを探せみたいでした。

P1140482.jpg

P1140489.jpg

まぁ、迫力は想像してたほどじゃなかったけど、それでも2時間のボートツアーは
あっという間で、それなりに楽しかったです。
ボートが走ってると、海からぴょこって顔を出す野生のアシカが何匹もいて、
島で見るアシカより、そっちがかわいかったなー。

前評判では、鳥の糞の臭いがスゴイ!とかボートがかなり揺れる!とか聞いてたけど、
どちらもそんなに大したことなかったです。
季節によるのかもしれないけど、全然だいじょうぶでした。

P1140436.jpg
↑ボート乗り場のあるチェコ海岸。ツーリスティックなレストランが並んでる。

P1140434.jpg
↑海岸にいる餌付けされてるペリカンたち。かわいい。


※ツアーについて・・・
 ピスコで申し込むと、ホテル送迎込みで相場40ソル(約1250円)。
 ボート乗り場のあるチャコ海岸だと30ソル。
 ピスコとチャコ海岸はコレクティーボ(片道1.5ソル)で約20-30分。
 どちらもボートは8時に出発する。朝早かったので、高いけど送迎込みで私は申込みました。
 7時15分ピックアップでした。
 チャコ海岸にも結構ホテルがあって、きれいめホテルだと一人30-40ソル程度で泊まれます。


*****


そんなバジェスタス島ツアーに行くために、わざわざ訪れたピスコだけど、
意外なところで楽しませてくれたピスコ。

P1140441.jpg

地震の影響か元々なのか、未舗装道路が多くて埃っぽいし、
決してきれいな町とは言いがたいけど、食べ物が美味しかった!


メルカドで、新しいペルー料理を発見したり・・・

P1140496.jpg P1140444.jpg
↑CARAPULCRA。4-5ソル。約120-150円。
 パスタかごはんに、煮込んだトマトソースをかけて食べる。
 今までのペルーのメルカドで見なかった料理。でも、ここピスコではあちこちに。
 ソースの味もしっかり煮込んであって美味しい!!

夜になると営業し始める、多くのハンバーガー屋さんが安くて美味しかったり・・・

P1140498(1).jpg P1140447.jpg
↑1.5ソル(約50円)で、ちゃんとしたパテ、ポテト、野菜が入ってて結構美味しい。

これはピスコ以外にもあるけど、メルカドスイーツを楽しんだり。

P1140497.jpg
↑フラン(プリン)。一切れ1.5ソル(約50円)日本並みに美味しい!
 プリンだけでも、3種類ぐらいある。

あと、ペルーのチョコはやっぱりレベル高い!
メルカドで買った、100g2ソル(約62円)のピーナツチョコでも結構美味しい。


リマに長く滞在してたので、久しぶりの新しい町が新鮮だったっていうのもあるけど、
意外に楽しかったピスコ。

次は、イカの近郊にある、ワカチナに移動します。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。
CATEGORY : ペルー | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.09.03 *Fri

リマを出発し、ピスコへ。

長かったリマを出発し、バスで約4時間。ピスコへとやってきました。

ピスコの近くには、リトル・ガラパゴスと呼ばれる(または、貧乏人のガラパゴス)島があって、
島には上陸できないけど、船からたくさんのアシカや鳥が見れるそうです。
しかもこのバジェスタス島のツアーは、ガラパゴスと違って、低料金。

そしてピスコの町は、2007年の地震で大きく被害を受け、町のあちこちで工事中。
おかげで、町はとても埃っぽい。私は違うけど、コンタクトの人は大変そうです。

P1140429.jpg

久しぶりに、部屋でWi-fiが使える宿にチェックイン。
ちょっと高いしセントロから離れてるけど、7人ドミに私ひとりで個室状態。快適。

明日は、チャコ海岸に行って、バジェスタス島の下見にでも行ってきます。


■ピスコの宿

LOS INKAS INN

ドミ   20ソル(約630円)
シングル 30ソル
ツイン  25ソル(一人)

シングル、ツインはプライベートバスルーム。
ドミ内にもバスルーム、TVあり。24時間ホットシャワー。Wi-fiフリー。

チェックアウト 12:00

P1140430.jpg

P1140424.jpg
↑ドミ部屋。広いし、明るい。

きれいで清潔。お湯もちゃんと出るし、3階の部屋でもWi-fi使えるし、いいんだけど、
この値段なら、タオルとトイレットペーパーもつけて欲しい。

アルマス広場から徒歩10分もかからないけど、途中から未舗装の道路になる。
夜、ひとりで歩くのはちょっと怖いかも・・・。
あと5ソル安ければ文句なしなんだけど。でも、快適な宿だと思います。


※おまけ
後から見つけた、YUPPIEホステルというところも快適そうでした。
アルマス広場からセメンテリオ(お墓)に向かって、セメンテリオの前の道を
左に曲がって少し。
ドミ1泊18ソル、ツインひとり20ソル。(日本人価格。要交渉)
ネットもあるみたいだけど、シャワーは電気シャワー。
でも、オーナーが日本語を話せて、日本人びいきなので、いろいろ相談しやすいかも。



★移動情報

ほとんどのバスは途中下車になり、パンアメリカンハイウェイで降ろされるので、
町のセントロに到着する、FLORES社のバスが便利。
ロンプラに載ってる、オルメーニョ社の近く。MONTEVIDEO通りにあります。
FLORESの建物が2つあって、ひとつはセントロに行かないPISCO行きなので、要確認。
バスは、朝から晩まで1時間置きに出てます。当日購入で全然OKでした。
私は15ソルで買ったけど、ペルー人みんな13ソルでした・・・。
リマのセントロからターミナルまでは、TAXIで4ソル。

ピスコは、アルマス広場の西側に着きます。すぐ近く。
トイレなしの、ノーマルクラス。トイレ休憩なし。
行きたくなったら、CANETEかCHINCHAで。

オルメーニョ社もセントロに着くけど、ロイヤルカマクラスのみで、7時半発のみ。
40ソルです。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。
CATEGORY : ペルー | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.09.02 *Thu

リマの宿・沖縄、クローズです。

リマ滞在中、ずっとお世話になってた宿・沖縄

なんと、8月末でクローズとなりました・・・。
オーナーのおじいちゃん夫婦、もう高齢なので、引退するとのこと。

ちょっと高かったけど、いい宿だったのでなんだか残念。
私が最後のお客さんとなってしまいました。


9月からは、同じ日系2世の方が同じ場所で宿を始めるそうです。
インカ・なんちゃらって名前になるそうです。

宿代とか情報ノートとかどうなるのかわからないけど・・・
いい宿になればといいなぁと思います。新オーナーも感じのいい方でした。

新しい宿は、9月5日オープンみたいです。


おじいちゃん、お疲れ様でした!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。
CATEGORY : ペルー | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.09.01 *Wed

リマ観光。

日本からの荷物を待ってたり、待ち合わせしてたりで、約3週間いたリマ。

P1140312.jpg
(↑新市街にある恋人達の公園。)

P1140410.jpg
(↑横断歩道にいる天使。信号無視すると注意される。そうする人が多いので、大概怒ってる。)


さすが首都。色々あるので、退屈した日もあったけど、なんだかんだ楽しかった。



<リマでやったこと>


■中華街食べ歩き(うどんや和菓子、肉まん、シュウマイ、水餃子、他いっぱい)

P1140351.jpg

P1140362.jpg
蒸餃子と焼餃子(各7ペソ・約220円)。お値段も高めだけど、ボリュームもたっぷり。
でも、ぺろりです。

P1140364.jpg
10個買って、8ペソ(約250円)!!これもぺろり。久しぶりのあんこ、おいしい!


■天野博物館

平日1日2回、日本語ガイドツアーがあって、私が当日直接予約しにいった時は、
16:30しかなかった。
日本から来てる団体さんと一緒に、約1時間ちょっとのツアー。

P1140344.jpg

インカの歴史や、織物のことなど。日本語で説明されるとやっぱりわかりやすいし面白い。
紀元前に作られた織物が色鮮やかに残ってたりして、その技術の高さにびっくり。
ツアーの途中で、「この土器に書かれたものは何と思いますか?」って質問に、
日本人女性が「さば・・・?」と答えた。
答えは「魚」なんだけど、この答え方、すごく日本人らしい。
日本人は、魚食べる時、何の魚を食べたいかとか考えるもんね。
こっちじゃ、「魚」は「魚」。メニューには「ペスカード・フリト(魚のフライ)」とか。
「何の魚?」って聞いても、答えは返ってこない。
魚の名前が料理のメニューに出てくるのって、「トルーチャ(マス)」ぐらい。
でも、いつも白身魚。赤身は見たことないなぁ・・・。


■PARQUE DE LA RESERVA(噴水公園)

入場料6ソル(約180円)。火・水休み。こんな値段で、噴水ショーが楽しめる。

P1140368.jpg

P1140374.jpg

音楽と映像を使ったものとか、噴水の中に入って遊べるものとか・・・
かなりハイレベルだと思う。リマのおすすめ。


■サン・クリストバルの丘

サント・ドミンゴ教会のところからツアーバスに乗車(5ソル・約150円)。
私がバスに乗ってから、同じ場所をぐるぐるまわり、1時間半近く客引きをしてた・・・

P1140412.jpg

丘からの景色も良かったけど、
すんごい急坂を、カラフルな家をすり抜けのぼっていくのも面白いかもー。
夜もツアーやってるし、夜景もきれいかも。


■日秘文化会館

日本とペルーの文化会館。6階の図書館で日本の雑誌や漫画が読める。
種類はたくさんないけど、久しぶりの女性誌FRaUとか読み込んでしまいました。

P1140324.jpg
1階の食堂で久しぶりにとんかつ定食~!!しかもちゃんとソース付き!
しかもしかも関西ならお馴染みのKAGOMEのとんかつソース!!
美味しすぎ。嬉しすぎて2回も食べた。
カツ丼はキッチンと醤油があればこっちでも作れるけど、ソースはなかなか巡り合えません。


■NEWS CAFE

2-3日に一度は入り浸ってたカフェ。Wi-fiフリー。しかも速い。

P1140359.jpg
サン・マルティン広場にあるピザ・ハットのすぐ近く。
一番安いドリンクで、アイスティ3.9ソル。ソファふかふか。電源いっぱい。
トイレもめっちゃきれい。お客さんも少なくて、かなり居心地よしです。


あと、DVD市場行ったり、モール行ったり、宗教裁判所博物館行ったりもした。
(リマック川の北沿いの道路を走ってるバスに乗って、MEGAモールに行けます。めちゃ広い。)


最後に・・・念願のお菓子、ピカロネス!
JUNさんに何度もおすすめされてて、やっと食べれたー。
ワンチャコでも売ってたけど、蜜がチチャ(紫とうもろこし)だったので、微妙だったのだ。
P1140415.jpg
4個で2.5ソル(約80円)。リマのは黒蜜みたいなのがかかっていて、私好みの味でした!
ミスドのポン・デ・リングみたいな感じ。
JUNさん、やっと食べましたよー!美味しかったです!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。
CATEGORY : ペルー | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

プロフィール

ゆっきー

Author:ゆっきー
2009年2月から、約1年・・・の予定を大幅に延長し、世界をふらふら一周中。英語もダメで不安だらけの女のひとり旅。2009年9月に再スタート。



最新記事



カテゴリ

旅立ちまで。 (69)
旅のきっかけ (1)
旅立ちまでの心境 (12)
旅の持ちもの (12)
旅の身だしなみ (1)
予防接種 (8)
健康診断・保険関係 (6)
旅のお金・カード類 (5)
本・ガイドブック (5)
インターネット便利ツール (3)
引っ越し・あと片づけ (5)
公的手続・役所関係・ケータイ (5)
パスポート・ビザ・航空券 (4)
旅のルート (4)
☆世界のATM事情 (2)
☆世界のネット事情 (1)
旅の小話 (1)
そのた (1)
中国 (15)
ラオス (8)
タイ① (3)
インド① (6)
ネパール (4)
インド② (20)
タイ② (3)
日本 (7)
アメリカ (3)
メキシコ① (12)
キューバ (5)
メキシコ② (2)
グアテマラ① (5)
エルサルバドル (3)
グアテマラ② (7)
ホンジュラス (2)
ニカラグア (4)
コスタリカ (6)
パナマ (10)
コロンビア (26)
エクアドル (17)
ペルー (45)
ボリビア (23)
チリ①(北部) (4)
アルゼンチン①(北部) (9)
パラグアイ (3)
アルゼンチン②(北~中部) (5)
チリ②(ビーニャ・デル・マル) (9)
アルゼンチン③(メンドーサ) (2)
チリ③(イースター島・サンチャゴ) (10)
アルゼンチン④(メンドーサ) (5)
ボリビア②(ウユニ・トゥピサ) (8)
アルゼンチン⑤(メンドーサ) (2)
チリ④(中~南部) (6)
アルゼンチン⑥(パタゴニア) (32)
チリ⑤(パタゴニア・ビーニャ) (7)
自転車旅(ビーニャ~湖水地方~プエルトモン) (40)
自転車旅(アウストラル街道) (30)
自転車旅(エルチャルテン~ウシュアイア) (6)



最新コメント



月別アーカイブ



旅の日数。



旅の足あと。

PassportStamp



↓お世話になってます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



最新トラックバック



リンク



ブロとも一覧


azumiの旅日記

世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

Take it easy!!

なかっぴー通信NEO

FEEL the WIND in the WORLD  ~地球に触れたい!~



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Google Map

顔文字教室



世界の時間



RSSリンクの表示



カウンタ



09
--
4
5
9
10
11
13
15
16
18
27
29
--
Copyright © LOOP★LOOP All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。