This Archive : 2010年06月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.06.30 *Wed

実はキトで・・・

今、エクアドルのキトにいます。

実はキトに着いてすぐ、宿の1階で典型的なケチャップ強盗の被害に遭ってしまい・・・
サブバックすべて、盗まれてしまいました。

もろもろの処理は終わったものの、最初は全然いなかった日本人が今たくさんいて、
すっかり沈没中。ここの滞在も2週間になりました。

さらに、今いる宿のバカシャワーで手首にやけど。
水ぶくれができて、まっかっか。
まだひりひりして痛いけど・・・そろそろ南下しようと思います。
次は、小さな温泉街、バーニョスです。

今までの日記や、盗難について書きたいことは山ほどあるのですが、
ここにはWI-FIもなく、ネットはあるけど有料なので、
次の宿でゆっくり更新しようと思います。

ではまた。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。
スポンサーサイト
CATEGORY : エクアドル | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.06.24 *Thu

世界の中心で・・・・(MITAD DEL MUNDO)

世界の中心、っていうか、赤道に行ってきました。

「エクアドル」とは、「赤道」って意味らしい。
やっと南半球。
でも、キトの標高は2800mを越えてるので、長袖じゃないと寒い。

でも、暖かい天気の今日、一緒の宿の日本人3人で遠足です。


P1130099.jpg
以前、フランスが測ってちょっとずれてた赤道の位置にたつ記念碑。
これと、お土産屋街だけで2ドル。うーん。

P1130109.jpg
赤道記念碑のすぐ近くに、アメリカのGPSで測った本当の赤道の上にある、
赤道テーマパーク。
経営者が違うのか、全く案内されてなくて、けっこう探した。

P1130112.jpg
このテーマパークの入り口。手作り感たっぷりで笑える。ガイド付きで3ドル。

P1130132.jpg
こっちが本当の赤道ライン。

P1130117.jpg
日時計があったり、

P1130130.jpg
卵をたてるのに挑戦するところがあったり。私もたてれたよ。数秒だけだけど。


他にも、水が排水溝に流れていく渦を観察したり、赤道の真上での力の強さの実験したりとか。

実際、赤道の真上じゃなくても、
これぐらいにかかる重力って隣の記念碑でもそう変わりはないだろうし、
もしかしたらここから2時間離れたキトでも同じことできるかもしれないけど、
私達を楽しませる工夫をしてくれていて、小学校の実験教室みたいで面白かったです。

他にも、エクアドルの民族についての展示があったり、
サボテンの気持ちわるい虫について教えてくれたり。

P1130121.jpg
このサボテンについてる、白い小さな虫が・・・

P1130119.jpg
手でぷちっとつぶすと、赤くなる。口紅の原料となるのです。きもいー。

P1130118.jpg
もちろんお土産屋もある。オタバロやキトにも売ってる、へんてこなかぶりもの。
たまに欧米人がごっそり買ってる。


最後に、新しいパスポートに、赤道の記念スタンプ押してもらいました。
しかも、エクアドルの入国スタンプの真下に・・・。
こんな手作りテーマパークのはんこ押しちゃって、大丈夫なんだろうか。
イミグレで怒られないかって、今からびくびくしてます。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。
CATEGORY : エクアドル | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.06.22 *Tue

スリル満点。キトの教会「LA BASILICA」。

デジカメも手元に戻ってきたし、
キト旧市街にある、宿からも遠くに見える、2本の時計塔を持った、
La Basilicaという教会に行ってきました。

P1130025.jpg

教会に入るのは無料だけど、上の時計塔に上るには、2ドル必要。
でも、予想以上に教会内を探検できる。しかもスリル満点。

P1130044.jpg
こんなところを歩いたり・・・

P1130036.jpg
こんなところを上ったり!! めっちゃ急で、めっちゃ怖い!落ちてもおかしくない。


P1130037.jpg
でも、その先から見える景色は絶景!


P1130045.jpg
時計は止まってるけど、中から見れる。カリオストロの城みたい。

P1130053.jpg
時計塔に上る途中に、結婚式場のようなカフェがあったり。
奮発して、冷たいデザートコーヒー頼んだのに、水っぽくてイマイチだった。

P1130054.jpg
でもやっぱり、景色は素敵。

P1130062.jpg
ステンドグラスの陰も素敵で・・・。

教会も結構見飽きてきたけど、ここは面白かった。おすすめです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。
CATEGORY : エクアドル | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.06.16 *Wed

キトで強盗に遭う。

オタバロからキトにやってきた日。


とうとう、盗難にあってしまいました・・・



私のサブバックすべて。

中には、パスポート、現金、キャッシュカード、デジカメ、電子手帳、化粧品、
普段よく使う、ミニライトや電卓、日本製のボールペンやシャープペン・・・
それに、地球の歩き方に、ロンプラ・・・
とっても大事なものばかり。



手口は、定番のケチャップ強盗です。


実際には、ケチャップじゃなくて、妖怪の口から吐き出されたような、
緑色の得体のしれない液体でした。



昼間、まだ明るくて人通りも多い15時頃、
緊張しながら宿まで歩いて、やっと宿について、宿の建物に入ったとたん、
「あなた、汚されてるわよ!」って女性と男性の二人組みがやってきて、
女性は、私の気持ち悪い液体がついたバックパックを拭いてくれ、
「服も汚れてる!脱いで脱いで」って、ジャケットを脱ぐついでに、
男性が、私のななめがけしたバックを床に下ろし・・・

変な液体をかけられる事件は知ってたから、
「やられた!」って思ったけど、
宿の建物に入ったところだったから、その人たちは宿のお客さんで、
私の汚された部分に気づいて、助けてくれてるんだと思った。

私のサブバックも、私のすぐ目の前に置いてたし、注意してたつもりだった。

でも、宿の人が2階のフロントから降りてきて、
ちょっと眼を離したすきに、私のサブバックと、男性が消えてた。

すぐに外に出て、そのおっさんを探したけど、時すでに遅し・・・

すぐにそのへんにいた警察がかけつけてきて、
外にいた人が、誰かタクシーに乗って逃げたというので、
近くのタクシーを捕まえたりしたけど・・・
結局、見つからず。

もうひとりの女性も、グルだ!と思って、
途中で私が手を掴んで捕まえたけど、自分の荷物を探すことと、
宿の1階に置いたままの自分のバックパックを守ることで頭がいっぱいで、
結局、その女性にも逃げられてしまった。


エクアドルのキトで、気をつけないといけないことは頭にあったけど、
コロンビアの人の良さに慣れきってたのと、
エクアドルに入ってからも、バス停で親切な人に会ってたこともあって、
すっかり油断してた。


もう、悲しすぎる。情けないやら、悔しいやら。。。


昨日の夜は、朝ごはんを食べたきりで、何か食べないとと思って、
近くの中華に行ったけど、食欲なくて、少ししか食べれず・・・

夜は、眠れないだろうなと思ってたけど、やっぱりあまり眠れず・・・
しかも、ワールドカップやってて盛り上がってるのか、
宿のロビーで、夜中2時頃まで、
外国人が、夜遅くまで騒いでたり、ギター弾いて歌ってたり・・・
何時やと思ってるねん。あほか。



荷物を、身体から離した私が不注意だったのは認める。

でもさ、この事件があって、
私の楽しみにしてたこれからの南米の旅は、色褪せた。

盗られた荷物は、保険に入ってたから、現金として返ってくるけど、
それらを手に入れた私の苦労や思い入れやはどうしてくれる??

泥棒の彼らを、信じた私の気持ちのやり場は??


エクアドルは、日本より発展してないし、貧困な国だと思う。
だからって、豊かな国の人を狙って、私達の隙を狙って、ものを盗っていいわけ?
気持ちを踏みにじる権利なんかあるの?

旅してて思うけど、日本は偶然、幸運にもここまで発展したわけじゃない。
日本人の努力や粘り強さ、相手を思いやる仕事の仕方や、気遣い、
他の国の人には真似できない細かい作業ができる国民性で、
ここまで発展したんだと、日々日々実感する。

だから、日本をうらやむなら、あなた達も、勉強して、国全体で努力しろ!!
ってよく思う。


それでも、慣れない旅行者の私に親切な人もいっぱいいたわけで・・・
彼らを信じてしまった、私へのお返しがこの結果。

そういうのって、違う意味で悲しいよね。



盗られたものは仕方ないし、手続きをさっさと済ませて、
ここは気持ちを切り替えて、元気だそう!


なんて、簡単に思えないよ。



気をつけなかった私が悪いの?
そうやって、途上国の泥棒たちは仕方ないものと諦めていいの?



いや、違うでしょ。全然仕方なくなんかない。
明らかに外国人観光客を狙った悪質な犯行。
もっと厳しく取り締まらないといけない国が悪い。



オタバロでも見かけたけど・・・
日本が援助して作られた病院や施設があったりする。

でもさ、エクアドル人、それで日本に感謝したりなんかしてないよ。
「チーノ!チニータ!」ってからかわれることはあっても、
「日本って素晴らしい国だね。」なんて言われたことなんかない。
これは、同じように援助を受けてる他の中米でもそう。



日本が何かしら援助してることによって、
私達旅行者は、ビザが不要だったりして、旅しやすいのかもしれない。

でも、こういうことあると、援助してほしくなくなるよね。
エクアドルなんかに税金使ってほしくないわ。


別にエクアドルに限らないけど・・・
国が自分自身の力で発展する為に、
例えばインフラを整える技術やトンネル掘る技術を伝授するのはいいと思う。

でも、ただお金を援助したりだとか、建物を建ててあげたりとか、
子供に何かを教えてあげたりとか、そういうの無駄な気がする。



おっと、少し話がそれました。



言いたいことは、こういう犯罪が続く限り、
私みたいにエクアドルを軽蔑する外国人が増えていって、結局国としてダメだから、
発展したり協力を得たいなら、国がこういう犯罪をもっと取り締まれ!!
ってことを言いたかったのです。



あ、ちなみに、事件があったのは、有名な安宿スクレの1階です。
たぶん狙われてるので、行く方はお気をつけを。

P1130195.jpg
↑犯行現場。

(つづく)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。
CATEGORY : エクアドル | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.06.14 *Mon

オタバロで食いだおれ。

オタバロにやってきたのは、オタバロの土曜市が目的。

写真が無いのが残念なんですが、普段広場にしかないお土産屋が町全体に拡大されて、
土曜以外は静かな町なのに、この日は観光客もたくさん来ていて、活気がありました。

私もお土産を物色しつつ・・・
中米とは少し雰囲気が変わって、色使いが原色に近くカラフルになったので、
それがとっても新鮮で、あやうくたくさん買いこんでしまうところでしたが、
きっと、この先のペルーやボリビアでも、似たようなのがあるはず・・・
と考え直して、ぐっと我慢。今自分で使えそうなものを、少しだけ買いました。


でも実際、オタバロでもっと楽しめたのが、中華!!

南から来てたなら感動しなかっただろうけど、
物価が高く、中華が高かったコロンビアからやってきた私は、
エクアドルのCHIFAと呼ばれる中華料理のボリュームと安さに大興奮。
しかもこのCHIFA、あちこちにある。

1.7ドルで、ドリンク付きの大盛りチャーハンが食べれるだけで幸せ感じました。

滞在中、晩ごはんは毎日中華。
昼間はエクアドルの食堂とかに行ったりしてたけど・・・
中華は野菜もたっぷり食べれるから、やめられません。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。
CATEGORY : エクアドル | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.06.11 *Fri

エクアドル最初の町、オタバロ。

名残惜しいコロンビアを後にし、この旅16カ国目、エクアドルにやってきました。


朝9時頃にイピアレスの宿を出て、国境行きのコレクティーボ(1400ペソ)を捕まえ、約15分。

両国境手続きは、手際が悪く、待たされる・・・って誰かのブログで読んだけど、
時間がまだ早かったからか、改善されたのか、全然そんなことはなく、
コロンビアとエクアドル、両方あわせて30分ほどで終了。
エクアドル側は、手際が悪いどころか、むしろテキパキしてました。


無事に、エクアドル入国です。
エクアドルもコロンビアみたいに、楽しい国だったらいいなぁ。
(→後日、大嫌いになるのですが、この時は期待していた。)


エクアドルは、紙幣は米ドルの国です。(コインはエクアドル独自のコイン)
両替のこと心配しないでいいから、ドルの国はとっても気楽です。

そして、国境から一番近い町、トゥルカンへコレクティーボで約20分(0.75ドル)。
そこから約3時間かけて、オタバロへ(3ドル)。
途中、検問があって、30分ぐらい待たされた。
私は質問されただけでしたが、荷物を開けさせられてた人もいた。


そしてオタバロに着いたはいいけど、セントロから随分離れたところで降ろされたらしく、
セントロに行き着くまで、1時間も歩いた・・・。
ハイウェイで降ろされるってことは知ってたけど、こんな遠くに降ろされるなんて!!
しかも、やっと着いた目的の宿はフルで・・・
そこから、また重いバックパックを引きずり、10ドルの部屋を7ドルに値切って、
ようやく落ち着いたのでした。



■オタバロの宿

RESIDENCIAL EL ROCIO

MORARES通り沿い。RICAURTE通りを北西に超えたところ。

1泊 一人5ドル
シングル、ダブル、ツイン、トリプル部屋もある。
(シングルがひとつだけなので、タイミング悪いと入れない。)
チェックアウト11時

共同ホットシャワー、タオル付き。

おばあちゃんが一人で経営してる宿。
建物は古くて、廊下を歩くとぎしぎしうるさいけど、部屋も広いし、まぁまぁきれい。

ホットシャワーも出るには出るけど、おばあちゃんが不在時は、
ガスの元栓を閉じてるようで、使えない。そして、たまに冷たくなる。
おばあちゃんは、朝と夜はいるけど、
昼間は不在のことが多く、ホットシャワーを浴びれないどころか、
その時間にここを訪ねると、宿自体に入れない。
部屋が空いても、部屋をすぐ掃除しないぐらい平日はすいてるけど、
金~日はオタバロの土曜市があるので、結構いっぱい。
2010年の最新版のロンプラにはもう掲載されてなかったし、
おばあちゃんも、客室のある2階にあがるだけで息切れしてたので、
そのうち、この宿も閉じることになるのかも・・・
でも、屋上に洗濯物干せるし、シングルの部屋は少し暗いけど、
なかなか落ち着ける宿でした。


HOSTAL COLOMBIA

1泊 一人7ドル(10ドルをディスカウント)
チェックアウト11時

プライベートホットシャワー、タオル、テレビ、石けん付き

上記のホテルが金曜日フルだったので、適当に探して入った宿。
バスターミナルの方からSUCRE通りを歩いて、
CALDERON通りを右に曲がって、すぐ左側。
すぐ近くに学校とかあって、結構にぎやか。目抜き通りの近くだし、安全。
日本のちょっと古いビジネスホテルってぐらい、結構きれい。
ツインの部屋を一人で使わせてもらった。
最初は10ドルって言われて7ドルに値切れたけど、
料金表を見たら、20ドルって書いてあった。
お客さんはほとんどおらず、結構ガラガラ。
私は、窓がある明るい部屋に案内してもらったので、雰囲気は良かったです。
ホットシャワーもたっぷりであつあつ。
オタバロには、HOSTALって書いてある宿がいっぱいあるけど、
ここを含め、たぶん、連れ込み宿兼用って感じ。
だから、私はバックパッカーしかいない上記のホテルの方が、
なんだか落ち着けました。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。
CATEGORY : エクアドル | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.06.10 *Thu

崖の上の教会。

コロンビア、最後の街、イピアレスにやってきました。



この街は、エクアドルと3キロも離れてないからか、単に田舎だからか、物価が安い。
宿もご飯も、他の街の半額ぐらいで食べれる。

そして、標高が高くなってるからか、寒い・・・。ボゴタより寒いかも。
大体、気温15度ぐらいです。


この街に寄ったのは、ここから車で約20分ぐらい行ったところにある、
ラス・ラハスの教会に行きたかったから。

コロンビアという国に、行ってみたい!!って初めて思ったきっかけは、
この教会の写真をネットで見た時でした。

それがここです。



(デジカメ盗まれたので、データがありません。コチラをどーぞ)


天気が悪かったのと、教会が工事中だったのと、想像してたより小さかったのが、
残念といえば残念だったのですが・・・

でも、深い谷底にそびえたつ教会。素敵すぎます。

そばで見るより、コレクティーボでラス・ラハスに向かう時に、
その車内から遠くにチラっと見えた時の方が、なんか感動だった。

駐車場から教会までの道には、宗教関係から、ガラクタ関係まで、お土産屋がいっぱい。
ちょっとひなびた感じで、お年寄りも結構いて・・・なんだか巣鴨のようでしたが。



これで、とうとう楽しかったコロンビアも終わりです。
たくさんの旅人が絶賛するというコロンビア。
7週間滞在しましたが、うわさ通り、人も、街も、自然も素敵な国でした。
世界を代表する、世界遺産は無いかもしれないけど、
スペイン語圏を初めてひとり旅したい人にも、ぜひオススメしたい。

そして次は、南米2カ国目のエクアドルです。



■移動情報

ポパヤン→イピアレス 30000ペソ→28000ペソ。約8時間。

ポパヤンからイピアレスまでの車窓からの風景は、絶景でした。
深い谷底が見える渓谷が見れたり、雲がかかった高い山が見れたり。
絶対右側に座るべき!!

イピアレスのターミナルからセントロまでは急坂があるので、
ターミナルの目の前の道路に出て、コレクティーボ(白いタクシー)を、
捕まえるのがエコノミコ。1000ペソ(約50円)。
タクシーだと、3000ペソぐらいだそうです。

イピアレス⇔ラス・ラハス

コレクティーボで、行きは1800ペソ、帰りは2000ペソでした。
Carrera6とCalle4の交差点から発着。
右側の窓から、教会を見つけましょう!


■イピアレスの宿

HOTEL BELMONTE

シングル/ツイン 一人 11000ペソ(約550円)
ダブル 二人で 18000ペソ(約900円)

共同ホットシャワー(電気)、タオル、石けん、テレビ付き。

値段相応の宿って感じ。可もなく不可もなくかな。
建物はちょっと古めだけど、まぁきれい。
私の部屋は窓が無かったけど、広かったし、机やイスもあったし、
窮屈は感じなかった。部屋によって多少雰囲気は違うと思う。
窓のある部屋は、とっても明るかった。
シャワーは、電気なので湯量を絞らないと熱くならない。便座もない。
でも、安いから許せるかな。
掃除したりしてるおじさんは愛想悪いけど、おばさんは感じのいい人です。
ベットの毛布のシュールなパンダがちょっと笑えます。
(写真で見せたかったのに、盗まれたから・・・。残念。)


宿を出て左の2軒隣のエンパナーダ屋さんがオススメ。
大きめのエンパナーダが600ペソ(約30円)。
朝、6時から開いてるので、朝食におすすめ。
じゃがいもボールも、ボリュームたっぷりでおすすめ。

夜は、宿の通りの斜め向かいの駐車場に、屋台が出る。
ホットドッグやハンバーガーが多いけど、2500~3000ペソでボリュームたっぷり。
これもオススメ。
広場周辺に行けば、3500ペソぐらいで定食(スープ、ジュース付き)も食べれます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。
CATEGORY : コロンビア | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.06.08 *Tue

ポパヤンの宿。

さて、明日はポパヤンからイピアレスに移動です。8時間の日中移動。
ようやく、コロンビア最後の街です。

エクアドルに入ると、Wi-fi事情が良くないらしいので、
ネットに接続しても、ブログはなかなか更新できないかも・・・。

ちなみに、エクアドルは、赤道と、ガラパゴス諸島で有名な国。

ガラパゴス、最初は絶対行こう!って思ってた観光地なのに、
あまりの値段の高さに、迷い中・・・。
バックパッカーには、高嶺の花になってしまいました。

とりあえず、オタバロ→キトと移動して、後は未定。
ではまた。


★ポパヤンの宿

HOSTEL TRAIL

ドミ 1泊 16000ペソ(約800円)
シングル 1泊 28000ペソ(約1400円)
ダブル 1泊 1人20000ペソ(約1000円)

共同キッチン(電気コンロ)、コーヒーフリー、共同ホットシャワー(電気)、
タオル、Wi-Fiフリー(PC利用、1時間2000ペソ)
DVDルーム、ギター、ロッカーあり。
チェックアウト 12:00

P1120386.jpg

ポパヤンの宿、サン・アグスティンに行く前に3泊、帰ってきてから2泊しましたが、
とっても居心地良かったです。

清潔だし、フリーシティマップ、バス情報、国境情報などもあるし、スタッフも親切。
洗濯場もなぜか2箇所もあり、ロッカーは、電源付きのものもあり!
ドミでも、安心して電子機器を充電して寝れます。

ロンプラに載ってる安宿も安くて評判がいいみたいだけど、
ここは、町の中心とバスターミナルの中間にあって、重い荷物を持った私には立地的に便利。
バスターミナルからは、徒歩15分ほど。スーパーEXITOがターミナルの隣にあります。

P1120388.jpg
かわいいワンコもいます。スタッフに言えば、散歩もさせてもらえる。


キッチンのコンロが2つしかなくて、しかも電気(でも弱くない)なのと、
シャワーも、水量を少なくしないと、かなりぬるめではあるんだけど、
それが気にならないぐらい快適に過ごせました。

こういうところに泊まっちゃうと、ランクダウンした時に、
テンション下がってしまってダメなんだけど・・・
でも、快適ホステル、やっぱり好きです。

※アグアボルサ 500ペソ、ソフトドリンク1200ペソ、ビール2000ペソで販売。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。
CATEGORY : コロンビア | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.06.08 *Tue

シルビアの火曜市には・・・

サン・アグスティンから帰ってきた翌日、今日は火曜日。

ここからバスで1時間半程行ったSILVIA(シルビア)という街で、
週に一度の火曜市がある。

9時のバスに乗って、朝から行ってきました。(バス代5000ペソ・約250円)


マーケットと言っても、お土産類はほとんど売っておらず、
野菜やフルーツ、洋服や靴など、生活用品ばかり。

P1120399.jpg

それよりも、この火曜市に買い物しにくるコロンビアインディアン達の服装や様子が、
とってもかわいいのです。

P1120391.jpg

P1120397.jpg

P1120404.jpg

P1120424.jpg

P1120429.jpg

P1120435.jpg
↑左のおばちゃんは、糸をつむいでます。
 歩きながら、話しながら、糸をくるくるつむいでる人がいっぱい!!

P1120411.jpg
サレントやサン・アグスティンでもよく見かけたけど、このカラフルバスに一度乗ってみたかった。
遊園地の乗り物みたい。

P1120439.jpg
たくさんのインディアン達がいた広場。


1時間あれば、ぐるっとまわれる程の小さな町。あちこちに、インディアン達がいっぱい。
話によると、彼らは恥ずかしがり屋なので、写真は望遠で撮ったり、後ろから撮ったり。

意外と、外国人観光客をほとんど見かけなかったけど、
よく他の国で見かける、写真撮らせていくらって商売をしてる人も誰もいなかった。
すごくほのぼの。私もこっそり、ひっそり、彼らに混じって滞在してきました。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。
CATEGORY : コロンビア | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.06.07 *Mon

San Agustin の FINCA でちょっと贅沢。

ポパヤンから、バスで6時間。 San Agustin(サン・アグスティン)にやってきました。

ここは、変な(?)遺跡で有名な町。
かわいい表情をした遺跡が点在していて、コロンビアでも、結構メジャーな観光地。

多くの観光客は、遺跡見学を含め、
ジープや乗馬でこの周辺をあちこち散策するツアーに参加するけど、
私はそんなに興味が無かったので、ツアーに参加せず、遺跡見学だけ。
遺跡まで、宿から歩いて40分。町の中心からは徒歩1時間。


■PARQUE ARQUEOLOGICO(入場料15000ペソ・約750円)

P1120273.jpg

P1120283.jpg
ちょっとそこまでお買い物に。

P1120284.jpg
オイラも連れてってよ。

P1120288.jpg
ぺったんこ。

P1120316.jpg
うふふ。

P1120317.jpg
ぺんぎん??


今日は日曜日だったからか、家族連れやカップルのコロンビアーノ達もいっぱい。
ツアーに参加せずとも、ゆっくりマイペースで楽しめました。


遺跡見学をした後は、街を少しぶらっとしただけで、宿でゆっくり。

P1120331.jpg
雨あがりの空は、空気が澄んでて、とってもきれいでした。

P1120338.jpg
サン・アグスティンは、もっと村かと思ってたら、スーパーもあるし、
ちゃんとした街だった。

P1120333.jpg
お土産屋もいっぱい。



最初は、遺跡だけなら、サン・アグスティンには来ないつもりだったけど、
先にポパヤンにやって来たから、ここに荷物置いていけるし、
それなら、郊外にあるFINCA(フィンカ)にも気軽に行ける!と思って、
一度泊まってみたかったFINCAに泊まるのが楽しみで来た。

FINCAというのは、現地伝統様式を改造した宿泊施設らしい。
もっと簡単に言うと・・・というか、私の勝手なイメージでは、
「農場を持った家庭の宿泊施設で、手作りの美味しいものを食べれる!!」といった感じ。
OL時代に美味しいものいっぱい食べてたことが恋しくて、ここでちょっと贅沢する。

1泊2食付きで、プール付きのラグジュアリーなFINCAも多いみたいだけど、
私はバックパッカークラスのFINCA。一人なので、ドミです、ドミ。

↓私の泊まったFINCA EL MACO。
P1120345.jpg
玄関。

P1120250.jpg
ドミのドーム型の部屋。見た目より、中は結構広い。

P1120347.jpg
6人ドミ。多少隙間があって虫が入ってくるので、蚊帳がある。
ドミ専用のバスルーム付き。


当然、バックパッカーが多くて、静かにのんびり・・・というわけにはいかなかったけど、
ご飯は想像以上に美味しかった!!

普段食べてる食事よりも随分高いし、(普段は200~300円前後)
コロンビア料理が無かったのがちょっと残念だったけど、結構満足。

P1120256.jpg
↑1泊目に食べたタイ風レッドカレー。(12500ペソ。約620円)
 コロンビアでタイカレーなんて・・・と思ったけど、
 食べてる人のを見たら美味しそうだったので、頼んでしまった。
 これ、レッドカレー??って思うぐらい白かった。
 ココナッツがかなり多くて、辛いの苦手な欧米人向けなのか、
 全然辛くなくて甘かったけど、美味しかった!
 野菜とチキンがたっぷり。量も多くておなかいっぱい。

P1120369.jpg
↑2泊目に食べたピザ・マルガリータ。(9500ペソ。約470円)写真暗いけど・・・。
 朝食のパンが美味しかったので、ピザ生地も美味しいはず!って期待して頼んだ。
 ペラペラで小さいのが出てきたらどうしよう・・・って思ったけど、
 日本の宅配ピザの、MサイズかLサイズぐらいの大きさ。
 クリスピータイプじゃなくて、パン生地。
 チーズも美味しいし、パン生地も甘くて美味しいし、おなかいっぱい。

P1120373.jpg
↑朝食。5500ペソ(約270円)。
 牛乳は、なんと温めて出してくれるので、美味しいカフェオレが飲める。
 パンが、釜で焼いてるのか、外はカリカリ、中はもちもちで美味しい。
 もうひとつ別のタイプの朝食があって、スクランブルエッグの代わりに、
 フルーツ盛り合わせと、コーンフレークがある。
 私の嫌いなヨーグルトってメニューに書いてあったから頼まなかったけど、
 別添えだったから、こっちにすればよかったって後悔!フルーツ食べたかった。

他にも、パスタや甘くないクレープがあって、クレープもしっかり量があって、美味しそうだった。
あー、一人じゃなかったら、それぞれ違うの頼んで、色んなもの食べれたのに・・・。残念。

P1120365.jpg
レストランからの眺め。

2泊目の朝、ゆっくり朝食をとりながら庭を眺めてると、ハチドリ発見。
たまにやってくるスズメにパンくずあげたり・・・。
3杯も美味しいカフェオレ飲んで・・・うーん、幸せです。


ゆっくりしてたせいで、ちょうどいい時間のバスに乗れず、
ポパヤンに戻ってこれたのは、暗くなった19時。疲れた。。。

でもサン・アグスティン、食に満たされた日々でした。



■サン・アグスティンの宿

FINCA EL MACO

ドミ 1泊15000ペソ(約750円)
※オフシーズン価格。オンシーズンは値段違うそうです。HPの値段更新されてないけど・・・


共同キッチン、コーヒーフリー、共同ホットシャワー、タオル、Wi-Fiフリー
チェックアウト 12:00


キッチンは、簡単なものが揃ってるけど誰も使ってませんでした。冷蔵庫なんてくもの巣はってた。
しかも、この宿だけじゃないと思うけど、水道の水が透明じゃない!少しにごってます。
歯を磨くぐらいなら大丈夫だったけど、料理に使いたくない。
トイレの水が、ブルーレットみたいなのされてて、なんでかなぁと思ってたら、
水の濁りをごまかすためだった。
もちろん、シャワーもこの水です。
しかもドミのシャワーはお湯が出なかったので、外のを使った。
コーヒーや、ここでの食事も、たぶんこの水を使ってるんだろうけど・・・知らぬが仏?
Wi-fiは、使えないと思ってただけに、その設備があってびっくり。フリーです。
私はPC持っていってなかったのでわからないけど、不安定で遅いらしいです。
有料PCもあり。1時間2000ペソ。

虫は、蛾みたいなのが多少入ってくるけど、部屋もトイレも清潔。
夜、寒くて眠れないかと思ってたら、結構暖かかった。

宿は、町の中心(バスが発着するあたり)から、徒歩30分ぐらい。
PARQUE ARQUEOLOGICOまでの途中にあります。
道路をはずれて、急な未舗装の道を5分ぐらい上らないといけません。

P1120344.jpg
やっぱりゴロゴロは連れてこれなかった。
他のバックパッカーは、タクシー使ってたけど・・・


宿泊者のほとんどが、この宿で食事してましたが、
幹線道路に戻れば、レストランがいっぱいあります。
でも、夜はきっと道が真っ暗だし、坂も急だし、一度宿に戻ったら、もう出たくない感じ。
EL MACOのレストランは、注文してから、30分は軽く待ちます。
お腹すいてる時は、早めに注文しましょう。

※アグアボルサ400ペソ、ソフトドリンク1600ペソ、ビール2000ペソ。


観光だけでよければ、バス停近くのEL JARDINの方が、外食するのに便利そうです。


■ポパヤン⇔サン・アグスティンの移動情報

行きは、9:30発のバス。28000ペソ→25000ペソ(約1250円)。
結局、出発が大幅に遅れ、10:00にターミナルを出る。
サン・アグスティンへの5キロ手前の分岐でタクシーに乗り換え。(料金はバス会社負担。)
タクシーにはツアー会社のおっちゃんが同乗していました。

帰りは、11:30発に乗ろうと思って、15分前にバス会社に行ったら、
なんとチケット売り場が閉まってた!!
なんでも、今日は祭日だからとか・・・。意味わからん。前日、明日大丈夫?って確認したのにさ。
昨日は気付かなかったけど、すぐ斜め前にポパヤン行きのバス会社があったので聞いてみたら、
ついさっき、11:00発がいったばかり・・・。次は14:00。
いつもは15分ぐらい、出発遅れるのにさ!何なの!!

2時間半も時間つぶすのしんどい・・・ポパヤンの宿予約してるから、寝床は確保できてるけど、
到着するの暗くなっちゃうやん!!と思って、途方にくれてたら、
ピタリトまで行けばいっぱいバスがあるよ、とセニョールが教えてくれたので、
ポパヤンとは逆方向なんだけど、そこまでのバスを4000ペソ(定価5000ペソ)に値切って移動。
おっちゃん、30分って言ってたのに、40分もかかったよ・・・。
結局、ピタリト1時発のバスに乗車。
サン・アグスティン2時発と到着時間、あんまり変わらないけど・・・。

でも!
ピタリトは、お客さんの取り合いが激しく、バス代28000ペソが、なんと20000ペソに。
結局、サン・アグスティンから直接ポパヤンに向かうより、合計1000ペソ安く帰れました。
時間はかかったけど、まぁいいか。
もしかしたら、行きももっと値切れたのかも。

ちなみに、この区間は、未舗装道路がほとんど。
検問は、行き帰りとも、1回ずつ。簡単な荷物チェックのみ。

P1120246.jpg

途中しばらく、犬や牛すらいない道が続くので、トイレが近い方はご注意を・・・。
88キロポスト付近のレストランで、休憩があります。

ちなみに、以前は、サン・アグスティンからパストに抜ける道が危ないようだったけど、
今は問題ないようです。
たくさんのツーリストが、イピアレスに向けて、ピタリト→モコア→パストと抜けてます。
しかも、この道は舗装されてるので、サン・アグスティン⇔ポパヤンより、
最近は多く利用されてるらしい。
私は遠回りしてポパヤン経由したけど、
ボゴタからなら、夜行でサン・アグスティンに来る方がおすすめです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。
CATEGORY : コロンビア | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.06.04 *Fri

ポパヤンでサイクリング。

ボゴタから、17:00発(実際は17:15発)の夜行に乗り、
約14時間半、POPAYANに着きました。

colombia_map.jpg

ボゴタのバスターミナルに行くまで、また悪戦苦闘・・・。
宿の人から、スーパーLEYの前で待ってたら、5分ぐらいで捕まえられるって聞いたけど、
20分待っても、TERMINALと書いたバスが来ない。
トランスミレニオのMUSEO DE OLO駅の大きな交差点まで行ってみたら、
交通整理のおじさんがいて、ターミナルまで行きたいって言ったら、捕まえてくれて、
バスのドライバーにも、この人をバスターミナルで降ろしてあげてって言ってくれた。
それでも、そのバスが来るまで20分ぐらい待った・・・。
カンデラリア地区からターミナルまでは遠いから、ターミナル行きのバスは少ないよう。
だから、教えられた通り、AV.68あたりで降りて、ターミナルまで歩く。
(タクシーだったら、8000ペソ・約400円らしいです。バスは1300ペソ・約65円)

ターミナルの近くで、ターミナルはあっち?って尋ねたお姉さんがまた親切で、
私はまだ時間があるからって、私のポパヤン行きのバスを探してくれて、見送ってくれた。

本当は、60000ペソ(約3000円)のバス代を、
50000ペソぐらいに値切るか、もっと安いバスを探したかったんだけど・・・
せっかく見つけてくれたバスを断る訳にもいかず、そのまま乗車。
(実際は、60000ペソを55000ペソぐらいに値切れたみたいです。)



そうして、白い街並みで知られる、ポパヤンに着いた訳です。

P1120199.jpg
街の中心。

P1120238.jpg
スーパーも白。

P1120237.jpg
郵便局(472)も白。

P1120208.jpg


ビジャ・デ・レイバと似てるかなぁと思ってたけど、ちょっと違いました。
ポパヤンはもっと大きな町で、人も多い。
ビジャ・デ・レイバの方が、セントロが石畳な分、趣きがあったかなぁ。
まぁ、街自体、そんなに見所もありません。
ここも、中心を離れると、白い街並みでもなくなるし。

でも、ポパヤンから約30キロ離れたCOCONUKOという街に温泉があるらしく、
温泉までバスで行き、帰りは自転車でダウンヒルを楽しむというツアーもあれば(40000ペソ)、
ローカルバスに45分乗って、行って帰ってくることもできるけど、
ツアー代ももったいないし、ただバスで行くのもあっという間に終わっちゃうし・・・
それなら行きも自転車で行ってしまおうと、15000ペソ(約750円)で自転車を1日借り、
往復約60キロ、しかも、行きはほとんど登りという温泉サイクリングに行きました。


街を出てから、早速ずっと上り・・・。ほとんど平らな道はない。
最初は自転車こげてたけど、18キロを過ぎたぐらいから、もうへとへとで、
ほとんど自転車を押して歩いた。

8:45にポパヤンを出てから、COCONUKOの街に着いたのは、12:30頃。
小さなお店で、コーヒーと持ってきたサンドイッチを食べ、
もう近いだろうと思ってた温泉まで、さらに、しかも悪路の坂道をのぼる。そして雨。。。

ずぶ濡れになりながら、自転車を押して、未舗装の山道を登り、
こんなところに温泉があるはずない!道を間違えたかも・・・って思ってた頃にようやく到着。

P1120227.jpg

P1120225.jpg
入場料、5000ペソ(約250円)

P1120219.jpg


ただの暖めた水かなと思ってたら、ちゃんと硫黄の匂いがしたので、温泉でした。
もちろん、日本とは違い、水着着用の温泉プール。

お客さんは、私達以外に、一組だけ・・・
その人達はすぐ出ていったので、貸切状態!泳ぎ放題!

ひさしぶりの温泉は、気持ちよかった~!ぬるいところもあったけど、いい温度でした。
しかも、辛い辛い思いをして到着しただけあって、楽しさも倍増。

もっとゆっくりしたかったけど、帰りは下りとはいえ、
行きは5時間かけて来た道を帰らないといけない・・・。


雨も止んだし、15時45分に温泉を出て、来た道を戻る。

P1120230.jpg

P1120234.jpg
↑途中道路に、こんな絵が・・・。交通事故、怖いです。


こがなくていい分楽だけど、ブレーキを握る手は疲れてくるし、
お尻が痛くて、サドルに座ると辛いし・・・

少ししかない上りも、なかなか自転車をこげない。

2時間走って、あと5キロ・・・あと3キロ・・・と走ってたら、
やっとポパヤンの街が、山間から見えてきて、ちょっと感動。嬉しかった~。
ただ、バスの中から街が見えてくる感動とは、何倍も違いました。

P1120236.jpg

最後の最後に、↑この写真撮った後、バランス崩して、コケてちょっと血が出たけど・・・
足もガクガクになるぐらい疲れ果てたけど・・・
久しぶりに運動して、気持ちのいい1日でした。


そして今日、サン・アグスティンに行くつもりが、足が痛すぎて動けませんでした。
というわけで、今日は休息日。

明日は、早起きして、移動です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。
CATEGORY : コロンビア | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

プロフィール

ゆっきー

Author:ゆっきー
2009年2月から、約1年・・・の予定を大幅に延長し、世界をふらふら一周中。英語もダメで不安だらけの女のひとり旅。2009年9月に再スタート。



最新記事



カテゴリ

旅立ちまで。 (69)
旅のきっかけ (1)
旅立ちまでの心境 (12)
旅の持ちもの (12)
旅の身だしなみ (1)
予防接種 (8)
健康診断・保険関係 (6)
旅のお金・カード類 (5)
本・ガイドブック (5)
インターネット便利ツール (3)
引っ越し・あと片づけ (5)
公的手続・役所関係・ケータイ (5)
パスポート・ビザ・航空券 (4)
旅のルート (4)
☆世界のATM事情 (2)
☆世界のネット事情 (1)
旅の小話 (1)
そのた (1)
中国 (15)
ラオス (8)
タイ① (3)
インド① (6)
ネパール (4)
インド② (20)
タイ② (3)
日本 (7)
アメリカ (3)
メキシコ① (12)
キューバ (5)
メキシコ② (2)
グアテマラ① (5)
エルサルバドル (3)
グアテマラ② (7)
ホンジュラス (2)
ニカラグア (4)
コスタリカ (6)
パナマ (10)
コロンビア (26)
エクアドル (17)
ペルー (45)
ボリビア (23)
チリ①(北部) (4)
アルゼンチン①(北部) (9)
パラグアイ (3)
アルゼンチン②(北~中部) (5)
チリ②(ビーニャ・デル・マル) (9)
アルゼンチン③(メンドーサ) (2)
チリ③(イースター島・サンチャゴ) (10)
アルゼンチン④(メンドーサ) (5)
ボリビア②(ウユニ・トゥピサ) (8)
アルゼンチン⑤(メンドーサ) (2)
チリ④(中~南部) (6)
アルゼンチン⑥(パタゴニア) (32)
チリ⑤(パタゴニア・ビーニャ) (7)
自転車旅(ビーニャ~湖水地方~プエルトモン) (40)
自転車旅(アウストラル街道) (30)
自転車旅(エルチャルテン~ウシュアイア) (6)



最新コメント



月別アーカイブ



旅の日数。



旅の足あと。

PassportStamp



↓お世話になってます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



最新トラックバック



リンク



ブロとも一覧


azumiの旅日記

世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

Take it easy!!

なかっぴー通信NEO

FEEL the WIND in the WORLD  ~地球に触れたい!~



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Google Map

顔文字教室



世界の時間



RSSリンクの表示



カウンタ



06
--
1
2
3
5
6
9
12
13
15
17
18
19
20
21
23
25
26
27
28
29
--
Copyright © LOOP★LOOP All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。