This Archive : 2010年03月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.03.29 *Mon

ボケテで歩く。

ボケテは、昼間は少し暑いくらいだけど、風が吹いてジメジメしてないし、
夜は涼しいし、過ごしやすくてさわやかな気候。

ボケテでは、宿のハンモックでゆっくりしたり、
コーヒーショップで美味しいコーヒー飲んだり、お散歩したり、
そうやって過ごす人が多いところ。
年齢層高めの西洋人もいっぱい来ていて、はしゃいだ感じの人は少なめ。

宿でゆっくりするのもいいけど、こんなさわやかな気候で、
宿にいるのはもったいない!と思って、歩いて来ました。
たぶん、6~8キロぐらいで3時間コース。 別のルートを2回。

1日目。

P1090211.jpg
庭園を橋の上から。

P1090217.jpg
こんなに上ってきました。ボケテの町が小さくなってきた。

P1090222.jpg
歩いてる人がなかなかいない。

P1090241.jpg
ミラドール(展望台)は大したことなかったけど・・・。

P1090257.jpg
よく見る花だけど、きれい!

そんなにダイナミックな景色は無かったけど、
キツツキの音を聞いたり、静かな道をひたすら歩いたり、花の横を歩いたり・・・
約3時間のお散歩は、心地よい疲れで幕を閉じたのでした。


2日目。

P1090282.jpg
おどおどする馬。

P1090289.jpg

P1090291.jpg
日陰がないところは、暑いけど・・・

P1090293.jpg
川で休憩したり。

P1090300.jpg
にわとりを追いかけたり。

さすがに、2日続けて、3時間ずつ歩くと、もうへとへと・・・。


明日は、宿でゆっくりくつろごうと思ってたのに、キッチンが全然使えず、
自炊できると思ってたから、2人で25ドルも出したのに、
これじゃ買った材料も無駄だーってことで、明日は宿代が安い、ダビに戻ることにします。


P1090277.jpg
↑でも、ボケテに素敵レストランがあって、お肉・野菜・付け合せの種類を選べて、
 飲み物もついて、2.5ドル!
 RESTAURANTE LAS ORQUIDEAS。地元のサラリーマンもいっぱい。ボケテに行く方、おすすめです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。
スポンサーサイト
CATEGORY : パナマ | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.03.27 *Sat

パナマの高原リゾート、ボケテ。

無事、3月23日にパナマに入国し、
今日、ボカス・デル・トーロからボートとバスを乗り継ぎ、
約6時間半かけて、ボケテに移動してきました。

ボカス・デル・トーロからボート(4ドル)でアルミランテまで30分、
そこから幹線道路まで暑い中荷物を引っ張って徒歩15分、
何度も峠を越えて、ミニバス(7ドル)でダビまで4時間、
そこからさらにローカルバス(1.5ドル)で1時間、
そうやって、パナマの高原リゾートといわれる、
ボケテという町までやってきました。

ボカスからのミニバスは、寒いぐらいクーラーが効いていて、
あらためて、パナマのクーラー率の高さを実感。
コスタリカ、物価高いくせにどんなに暑いところでもクーラー効いてるとこないし、
バスも本数少ないし、ボロいし、高いし、
隣のパナマに来て、物価は物によって高かったり安くなってたりだけど、
すごく進んでる感があります。

ダビのバス停に着いて、たくさんのバスやミニバスが、
客引きしてるのを見て、なんだかほっとしました。

P1090204.jpg

移動を頻繁にしなきゃならない旅人にとっては、
エコノミコなバスがたくさんあるかどうかは、結構重要。
というか、心配性の私は、バスがたくさんあると安心する。
しかも、トイレチップ集金のおばさんや、バスの客引きも感じがよくて、
何も言わなくても、荷物見ててくれたり、運んでくれたり、
バスの出る時間教えてくれたり、愛想も自然で感じがいい。

ボカスの海も良かったし、パナマ、今のところ結構好きです。


そうやってルンルンでボケテに到着したけど、
ボケテの宿、「歩き方」や「ロンプラ」に載ってるよりもだいぶん値上がってた。

1泊7ドルぐらいで過ごせたらいいな~と思ってたのに、
そんなとこ全然ない。
2人部屋だって、どこも25ドル。
まぁ、花咲き乱れる高原リゾートのシーズン真っ最中だもんね・・・。
しかも、もうすぐセマナサンタ。

P1090206.jpg

という訳で、パルケセントラル沿いにある、
hostel mamallenaの、1泊11ドルのドミに泊まっています。
ドミで11ドルって、高いし!
でも、ネットがつながる宿はここボケテではあんまりないので、
夜は頑張ってブログの更新でもするとします。

明日は、近場にハイキング!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。
CATEGORY : パナマ | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.03.26 *Fri

もう、海で感動しないと思ってたけど・・・。

無事、パナマに入国し、やってきた一つめの町、コロン島にあるボカス・デル・トーロ。

ここは、パナマの中では有名な、カリブ海のリゾート。
パナマ本土からボートで数十分の距離に点々とする島々に行く、拠点となる町。
色んなビーチがいっぱいあって、シュノーケリングはもちろん、
サーフィンをしに来る人も多い。

プエルト・ビエホで、海はお腹いっぱいになりつつも、
海に浮かぶ家を見たり、行ってみたいビーチがあったりして、
やってきた訳です。

P1090145.jpg

コスタリカのプエルト・ビエホのビーチは楽しかったけど、
マヌエル・アントニオのビーチは、
ほとんどのツーリストがオススメしてくれてたわりにあんまりでガッカリだったので、
ここも、ガッカリを多少覚悟してやってきました。

でも、でも・・・・。

なんだここは!天国か!ってぐらい、素敵だった!


■STARFISH BEACH

ボカス・デル・トーロの公園前から、
往復5ドルの冷房付き快適シャトルで、10時に出発。片道45分。

P1090092.jpg

着いたBOCA DEL DRAGOのビーチから、
砂浜沿いを15分歩くと、ヒトデが群生するビーチがある。

P1090101.jpg

そこまで向かうビーチもすでにきれいで、早く泳ぎたくてうずうずするし、
すぐ目の前の透明の海には、大きな赤い星型のヒトデが点々として、かわいい!!

P1090127.jpg

このビーチは、数メートルは膝ぐらいの浅瀬なんだけど、
そこから急激に斜めに深く落ち込む。

そこをシュノーケルで泳いで片側を見ると、
ななめになった白い砂に、赤い星が点々としていて、すごく不思議な感じ。
ヒトデの他には、白い小さな魚がいっぱいいて、砂を掘ると、
好奇心なのか、エサと勘違いするのか、その魚達が寄ってくる。
かわいすぎる・・・。

ヒトデなんて興味なかったし、むしろ苦手だったんだけど、
ここのヒトデはステキでした。
きれいなビーチはいっぱいあるけど、こんな個性的なビーチはなかなかない。
メキシコのカンクンを越えるビーチはないかなーと思ってたけど、
ここは心に残るビーチになりました。


そして翌日。
普段は、ツアーにあまり参加しないんだけど、
有名なビーチは、違う島にあって、ボートじゃないと行けない。
せっかくだし、もう一つぐらいビーチ行こう!ってことで、
泊まってたホステルで一番安かった、12ドルのTOUR#1に参加。
(一番人気があるのか、翌日13ドルになってた。)

P1090141.jpg

P1090142.jpg

予想以上に盛りだくさんで、
ボートで野生のイルカを見に行った後、
シュノーケリングポイントCAYO CORALでシュノーケリングして、
RED FROGビーチ(入場料別途3ドル)で休憩。
最後にもうひとつ、PUNTA HOSPITALでシュノーケリング。
朝10時頃にボートを出発して、夕方16時頃まで1日満喫。

P1090157.jpg
イルカ!何匹もいて、ボートが動き出すとついてくる。かわいい!

P1090187.jpg
波が高くてもみくちゃにされたRED FROGビーチ。

P1090186.jpg

もう、わたし真っ黒です。


ボカスは4泊だけ。
2人で25ドル、温シャワー・トイレ、小型冷蔵庫(これ嬉しい)、
しかもクーラー付きの部屋で、贅沢しました。

感じ悪い若いスタッフに勝手にクーラーの電源消されたりしたけど、
ここはドミにもクーラー付いてるし、設備は悪くないホステルでした。

★Hostel Calipso
P1090081.jpg

有名なHEIKEのとなり。HEIKEは賑わってるのに、ここは空いてる。
ドミは10ドル。キッチン、Wi-fi、コーヒー・水フリー。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。
CATEGORY : パナマ | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.03.23 *Tue

13カ国目、パナマ入国。課題クリア。

コスタリカ、プエルト・ビエホを出発する前夜は、雷&大雨。
その雨音を聞きながら、また明日延泊かなぁ~としょんぼりしてたら、
朝には雨がなんとか止んだので、もう降らないことを祈りつつ出発。

朝8:30の国境シクサオーラ行きのバス(1440コロン)に乗って、
バナナ畑をびゅんびゅん走り、1時間ちょっとで国境に到着。

コスタリカの出国は、書類を書いて、10分ほど並んでスタンプもらって終了。


P1090067.jpg
↑コスタリカとパナマは、こんな橋を渡る。人もトラックもバスも渡る。怖い。


そして問題のパナマの入国。

以前の日記にも書きましたが、パナマに入国するには、パナマの出国チケットが必要。
バスでも飛行機でもいいんだけど、私はパナマからどこに移動するか決めてない。
というか、パナマシティに着くまでわかんないよ、そんなの。
旅行代理店だって、情報だってパナマシティにあるのにさ、
パナマにだって、何日いるかもわかんないのにさ。
決めちゃったら、急いで移動しなきゃなんないし、最後の中米の国、バタバタしたくない。

という言い訳というか、理由のもと、私はチケットがないんだけど、
最近国境を通った人に情報を聞いたりしてたら、
チケットなしでの入国は、やっぱり難しいみたいだった。
でも、先に南米に渡るチケットはまだ買いたくないし、
コスタリカに戻る、不要のバスチケットも買いたくない。

という訳で、プエルト・ビエホで、色んなブログを検索しまくってるうちに、
そういえば、コパエアーのEチケットは、予約時に現金払いが選択できて、
48時間オフィスに支払いにいかずに放ったらかしにしておけば、
自動キャンセルされるって記事をいつか読んだのを思い出した。
その予約チケットは、未払いでも、実際のEチケットみたいな体裁のメールが来る。
これだーーーー!と思い、幸い泊まってたホステルで無料プリントアウトできたので、
その予約チケットを用意。

でも、じっくり読み込まれると、それは確定チケットじゃないってバレる。

そのチケットを握り締め、ドキドキしながら、並ぶこと小一時間。
とうとう私の番がやってきた。

P1090071.jpg

しれっと、パスポートとチケットをイミグレのおばさんに渡す。
あくまで、自然に。自然に・・・。

イミグレのおばさんは、Eチケットの、たぶん名前とフライト部分を確認して、
すぐチケットを返してくれた!やったーーー!

でも、私のパスポートをえらい長い間ペラペラめくってる。
え~、別に、怪しい部分は無いはずだけど・・・。

「ねぇ」

「はい。」

「コスタリカの出国スタンプないから、もらっておいで」

「いや、ここにあります!ここ、ここ!」

「あら、ほんとね。見落としてたわ。」


ということで、無事入国スタンプをもらえました!
しかも、今まで5ドルのツーリストカードを買わなきゃいけなかった制度も
廃止されてたので、1円も払わずに済みました。
あーー良かった!!

チケットを持ってない外国人は、
不要なサンホセ行きのバスチケットを、素直に買ってました。
たぶん10~15ドルぐらい?

ちなみに、私はカリブ海側のグアビートの国境を越えましたが、
太平洋側の国境は、TICAバスで越えると、免除されるらしいです。
それ以外のバス会社だと、25ドルのチケットを買わされるという悲劇。
みなさん、気をつけてください。


そうやって、出国チケット代を節約した私は、
国境からボカス・デル・トーロ行きのボート乗り場まで直行で行く、
アルミランテ行きのツーリストシャトルに、10ドルで乗ったのでした。
ローカルで行くと、たぶん半額以下なんだけどね。。。

ともあれ、無事13カ国目、パナマ入国。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。
CATEGORY : パナマ | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.03.22 *Mon

海、海、雨。

まだ、コスタリカにいます。
気づけば、プエルト・ビエホ・デ・タラマンカに、11泊。。。

やっと、パナマのボカス・デル・トーロに移動しようと用意してた早朝、
どしゃぶりの雨。
これはダメかと、さらに1泊と決めたら、晴れてくるし!!
まだ雨期には入ってませんが、夜中や早朝に雨が結構降ってます。

そんな長い間に何してたかというと、
居心地のいいホステルでゆっくりしてたり(最近そんなのばっかり)
自転車で少し離れた海に行ったり、歩いて行ける海に行ったり、
カウイータ国立公園でトレイルしたり。

着いた日は、面白そうなところじゃないなと思ったこの町ですが、
町の周辺にはビーチがいっぱいあって、
浅瀬でシュノーケルできて、魚やカニが間近で見れて楽しめるところがあったり、
サーフィンできるぐらい高い波のビーチがあったりと、
海で遊ぶにはいいところです。

面白かったけど、でももう飽きた。明日は晴れますように。
CATEGORY : コスタリカ | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.03.21 *Sun

プエルト・ビエホ・デ・タラマンカでの日々。

プエルト・ビエホ・デ・タラマンカは、
サーフィンもシュノーケルも、手軽に楽しめる町でした。
しかも、快適なホステルのおかげで、快適に過ごせた。

宿でゆっくりしたり、シュノーケルしたり、自転車乗ったり、
また宿でゆっくりしたり・・・の繰り返し。


とある1日は、宿のすぐ近くの自転車屋で、
1日2500コロン(約430円)で自転車をレンタルし、
暑い中、隣町マンサニージョまで、約1時間半かけて泳ぎに行きました。

P1080959.jpg
とりあえず、久しぶりに乗った自転車は暑くて、お尻も痛かった。

P1080958.jpg
道の終点にある、小さなマンサニージョの町。

P1080955.jpg
マンサニージョのビーチ。

P1080957.jpg
水がきれい!!

マンサニージョより、PUNTA UVAの方が
シュノーケルは楽しめるってロンプラに書いてあったけど、
マンサニージョの方が水がきれいで、色んな魚が見れて楽しかった。


カウイータ国立公園も、入場無料なので、トレイル&泳ぎに行ったよ。
トレイルは、約6キロのトレイル。
砂浜の横を、ビーサンでてくてく歩いてると、
有料のマヌエル・アントニオよりも、動物を楽しめて面白かった!

P1080971.jpg
歩く。

P1080983.jpg
さらに歩く。

P1080993.jpg
シュノーケリングポイントにいた、アライグマみたいなの。

P1080998.jpg
ヤドカリを観察してみたり。

P1090013.jpg
これ、カメラの望遠なし!こんなに近寄ってくる。そして私の財布を盗ろうとした。

P1090031.jpg
ビーチは、大したことなかったなー。藻みたいなのが多かった。
でも、エイ見たよ~。


そして、12泊もした、PAGALU HOSTEL。

P1090049.jpg
めっちゃおしゃれ!タオルは、IKEAのだった。
シャワーはがんがんにお湯でるし、シャワーヘッドは日本みたいに取り外せるし。
オーナーも感じがよくて、親切だった。

私が訪れたコスタリカの町の中で一番レストランが高かったので、毎日自炊。
スーパーが徒歩30秒と目の前だったので、めっちゃ便利だった!

P1080951.jpg
ある日のばんごはん。
白いお米が高かったので、半透明な黄色いお米を使って、炊く前に炒めてピラフみたいにしたら、
ごはんがめっちゃもちもちしてて美味しかった!!
これ、日本でも使いたい!

P1090039.jpg
コスタリカ産のチーズを使ったパスタ。

P1090036.jpg
サラダパスタ。

どうしてもパスタが多くなるんだけど、確実に日本にいる時よりも自炊してます。
CATEGORY : コスタリカ | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.03.12 *Fri

哀愁漂う、幻の鳥。

サン・ホセでは、合計10泊もしてしまいましたが、
少し町を散策して、宿に帰ってゆっくり…の日々がほとんどだったものの、
近郊のショッピングセンターに行ったり(特に何もなかった)、
国立劇場を(外から)見たり、動物園に行ったりしてました。

P1080709.jpg
目抜き通り。

P1080707.jpg
国立劇場。


■シモン・ボリーバル動物園(2000コロン・約340円)

宿からすぐ近くの動物園。
暇つぶしに・・・と思って行ったけど、まぁ値段相当というか、
ちょっとそれ以下かな、という感じ。

見れた動物は、ライオンやトゥーカン、サル、ワニ、カメとか。
でも、ここには2種類のカラフルなカエルを見れた。
これが一番コスタリカらしかった。

P1080889.jpg
コンゴウインコ。サービスエリアで飼われてたりして、結構よく会える。

P1080730.jpg
トゥーカンは好奇心旺盛で楽しい。

P1080721.jpg
やっぱりカエルはかわいい。


■Zoo Ave(大人15ドル・学生13ドル)

サン・ホセからアラフエラでバスを乗り継いで、約1時間半。
最後のサン・ホセ滞在をどう過ごそうかとネットで色々検索してたら、
この鳥園でケツァールが見れるという情報を見た。

本当にいるのか疑わしかったものの、行ってみたら、いました!!

P1080914.jpg
↑わかるかな?影しか写らなかったけど・・・

ケツァールというのは、「あいのり」や「水曜どうでしょう」でちょっと話題になった、
鮮やかな緑と赤の、火の鳥のモデルになったらしい、有名な鳥。
見ると、幸せになるとかなんとか。

中米のどこかで見れたらいいなと思ってたけど、ここで見れて感動!!

・・・なんてことは全くなく、とにかくこの動物園、
動物にとってはいいことなんだけど、オリの中に木が多いし、
柵があってオリの近くに近づけないし、見る側にとっては非常にみづらい。

しかもこのオリの中のケツァール、微動だにしない。
さらに木の陰になってて、暗くてよく見えない。色も浅黒いし・・・。
本当に本物??
だって、ケツァール、つかまえたら3日で死ぬとか何かで読んだけど・・・。
本物だったとしても、なんだか可哀想な感じで、全然感動しませんでした。

ケツァールは、「見れるかどうかわからない」とドキドキしながら、
何時間も森の中をさまよって、もう見れないかもしれない、、と思った時に、
やっとこさ自然のケツァールを見つけるのが感動なんでしょう。
楽しちゃダメやねーー。

P1080892.jpg

この他には、トゥーカンやダチョウ、サル、巨大イグアナとかがいました。


サン・ホセ、もっと先進的かと思ったけど、
物価が高いわりに冷房率低かったし、
西側のバスターミナル周辺は汚くて治安悪いし、
長距離バスの本数は少ないし、
昼間から今どきビニール袋でシンナー吸ってる若い子がいるし、
そんなに楽しい町ではなかったです。

でも、海から離れてるのに魚のメニューが多くて美味しかった。
今までの中米は、魚のメニューはお肉よりも値段が高かったんだけど、
ここでは定食のメニューに出てきたり、同じ値段だったり。

P1080704.jpg
こんなのとか、

P1080708.jpg
こんなの。だいたい、350~450円ぐらい。

魚が食べれる時は、結構魚食べました。
白身で、フライやソテーが多かったけど、骨もないし味も良かった。


そして10泊もした、トランキーロ・バックパッカーズ。

キッチンはまぁまぁ使いやすいし、朝ごはんもついてるし、
共有スペースも居心地良かったりで、設備は悪くなかったけど、
1ドル=580コロンのレートで、どこよりも悪かったし、
朝のスタッフの感じが悪く、イライラさせられることが多かった。
人気のホステルで、毎日満員御礼で殿様商売なんだろうけど、
常に上から目線で、「ごめんなさい」も「ありがとう」もなかなか言わない。
最後にチェックアウトする時も、手際が悪く、
私の前に並んでた荷物を預けたくて待ってるお客さんを電話中でしばらく待たせ、
その人を地下にある倉庫に案内する間、
5秒で終わる、洗濯物を受け取るだけのお客さんをさらに待たせ、
さらに5秒で終わる、鍵を渡してデポジットのお金を返してもらうだけの私を待たせ、
もちろん、「待たせてごめんなさい」の一言もなく、逆に「待ってろ」みたいな態度。

倉庫に案内するのは電話が終わってからでも、
電話してる間に、洗濯物受け取ったり、鍵を受け取ったりぐらいできるやろ!!
「お客様が一番」の日本を見せてやりたいわ。
まぁ、他のスタッフは感じ良かったんだけどね・・・。


そんな感じのサン・ホセを後にして、昨日11日、
カリブ海沿いのプエルト・ビエホ・デ・タラマンカに着きました。
ここは99%、外国人旅行者向けの町。欧米人いっぱい。
外国人向けレストラン、ツアー会社、レンタル自転車屋、
外国人向け価格のスーパーが軒を並べてます。

現地の人は、内陸や太平洋側と違って、黒人が多い町。
スーパーの店員も黒人。そして、動きがスローリーで愛想もない。
社会主義のキューバを思い出しました。。。
町は小さくて、30分もあれば中心部を一周できるぐらいの大きさ。
東洋人、いまだ一人も見かけず。なんだか一人浮いちゃってます。

P1080939.jpg

P1080931.jpg

海と木で、雰囲気は悪くないけど、暑くて蚊が多いです。
明日ぐらいに待ち合わせしてる人が到着予定なので、
それを待って、海とか国立公園とか行ってみます。

P1080936.jpg
たぶん、ここでの最初で最後の外食。カリビアンソースのチキンの定食。
2500コロン(約430円)。
カリビアンソースがちょっとカレーっぽくて美味しかった!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。
CATEGORY : コスタリカ | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.03.08 *Mon

コスタリカといえば、カエル。

今、コスタリカの中でも有名な国立公園、モンテベルデ国立公園の玄関口、
サンタ・エレーナという町にいます。

本当は来る予定になかったんですが、
先日サン・ホセから向かった、
同じく有名で人気のあるマヌエル・アントニオ国立公園に行ったものの、
なんとなく予想してたけど、あまり動物が見れなくて物足りなかったので、
コスタリカのガイドブックでよく表紙に登場する、カラフルなカエルを見たい!
ということで、そこからこのサンタ・エレーナという町まで移動してきたのです。


■マヌエル・アントニオ国立公園(一人10ドル)

ここは、森だけじゃなくて海があるので、動物に会えなくても楽しめる公園。

P1080766.jpg

海の透明度は大したことないけど、水はお湯のように温かくて、長く遊べる。
シュノーケリングを持っていって、2時間ほど魚を見てたら、背中が真っ黒。。。

P1080773.jpg

サルは何度か遭遇。あとは、イグアナとか、やどかりとかぐらい。

P1080756.jpg
ちっちゃいフグ!かわいい!

マヌエル・アントニオ国立公園にあるホテルやレストランは高いので、
そこからバスで20分の、ケポスという町に滞在してました。

P1080787.jpg

メルカドだったら1000~2000コロン(2~3ドル)でゴハン食べれるし、
結構美味しい。スーパーもあるし、宿も7ドルぐらいであって安い。

P1080789.jpg
コスタリカに入ってよく出てくる豆ごはんのピント。これは朝ごはんメニュー。
1550コロン(約260円)。


急遽、サンタ・エレーナにカエルを見に行こう!と決め、
そのケポスという町から、朝7時半のバスでプンタレナスまで3時間半、
そこで蒸し暑い中、スーパー行ったりして、3時間の待ち時間を暇つぶしし、
1時50分のバスで、さらに4時間かけてやってきたのですが、
このサンタ・エレーナ、涼しくて居心地がよく、気に入っています。

町に着いたのが、日も暮れかかってる18時頃で、しかも土曜日。
高い宿かしょぼい宿しか残ってないだろうなぁと思ってたのに、
観光客より宿の方が圧倒的に数が多いらしく、バスを降りたら客引きがわんさか。

どうしようかと思ってたら、バスを降りてすぐの町の中心にある、
HOSTEL MONTELENAの客引きが、一人7ドルだというので
見に行ってみると、バスルームはきれいだし、キッチン付いてるし、
コーヒーフリーだし、WI-FIもフリーだし、個室だし、言うことなしでした。

しかも、この偶然訪れたガイドブックにも載ってない宿で、
アンティグアの宿で一緒だったご夫婦と再会!!
もう一度会いたいと思ってたお二人だったので、嬉しかった!

そして、こないだまで居てたけポスは、35度を越える暑さだったので、
ここの涼しさに、すっかりりラックスしています。


さて、ここサンタ・エレーナの町は、多くの鳥が見れるということで有名な
モンテベルデ国立公園があるのですが、
ガイド(高い)を雇わないと大した動物が見れないし、
しかも鳥なら、近くで見れないだろうし、というので、
ここにいるほとんどのツーリストが行くだろう国立公園には行ってません(笑)

でも、カエルは見てきました!


■カエル園、RANARIO(12ドル、学生証で10ドル)

P1080859.jpg

カエルは夜行性で、夜の方が活発らしいので、
夕方に訪れ、まだ明るいうちに一周、暗くなってから懐中電灯と共にさらに一周。
小さかったり、大きかったり、茶色だったり、半透明だったり、
目が赤かったりするカエルは、かわいかった!

P1080863.jpg

P1080868.jpg

P1080875.jpg


サンタ・エレーナの町を基点として、ヘビ園や蝶園、キャノピーツアーや、
コーヒー園見学、お金さえあれば、遊べるものが色々あります。

私は他にもバタフライ・ガーデン(学生証で9ドル)に行ったけど、
値段の割りに、結構しょぼかった。
4種類程の蝶と、昆虫類の展示で、まぁ3ドルぐらいの価値だったかなー。

P1080831.jpg
↑透明な蝶。


それでも、この小さな町は過ごしやすく、
町を散歩するだけでも気持ちよくて、どこにも行かずに、
今日は散歩するだけの日を過ごしています。

P1080852.jpg

P1080801.jpg

P1080797.jpg

P1080794.jpg

P1080876.jpg


最近、熟れたマンゴーがよく売ってて、めっちゃ甘くて美味しいです!1コ80円ぐらいです。

P1080858.jpg


明日は、6時半のバスでサン・ホセに戻って2泊して、
その後、パナマの国境に近い、プエルト・ビエホ・デ・タラマンカという、
カリブ海側の小さな町に向かいます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。
CATEGORY : コスタリカ | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

プロフィール

ゆっきー

Author:ゆっきー
2009年2月から、約1年・・・の予定を大幅に延長し、世界をふらふら一周中。英語もダメで不安だらけの女のひとり旅。2009年9月に再スタート。



最新記事



カテゴリ

旅立ちまで。 (69)
旅のきっかけ (1)
旅立ちまでの心境 (12)
旅の持ちもの (12)
旅の身だしなみ (1)
予防接種 (8)
健康診断・保険関係 (6)
旅のお金・カード類 (5)
本・ガイドブック (5)
インターネット便利ツール (3)
引っ越し・あと片づけ (5)
公的手続・役所関係・ケータイ (5)
パスポート・ビザ・航空券 (4)
旅のルート (4)
☆世界のATM事情 (2)
☆世界のネット事情 (1)
旅の小話 (1)
そのた (1)
中国 (15)
ラオス (8)
タイ① (3)
インド① (6)
ネパール (4)
インド② (20)
タイ② (3)
日本 (7)
アメリカ (3)
メキシコ① (12)
キューバ (5)
メキシコ② (2)
グアテマラ① (5)
エルサルバドル (3)
グアテマラ② (7)
ホンジュラス (2)
ニカラグア (4)
コスタリカ (6)
パナマ (10)
コロンビア (26)
エクアドル (17)
ペルー (45)
ボリビア (23)
チリ①(北部) (4)
アルゼンチン①(北部) (9)
パラグアイ (3)
アルゼンチン②(北~中部) (5)
チリ②(ビーニャ・デル・マル) (9)
アルゼンチン③(メンドーサ) (2)
チリ③(イースター島・サンチャゴ) (10)
アルゼンチン④(メンドーサ) (5)
ボリビア②(ウユニ・トゥピサ) (8)
アルゼンチン⑤(メンドーサ) (2)
チリ④(中~南部) (6)
アルゼンチン⑥(パタゴニア) (32)
チリ⑤(パタゴニア・ビーニャ) (7)
自転車旅(ビーニャ~湖水地方~プエルトモン) (40)
自転車旅(アウストラル街道) (30)
自転車旅(エルチャルテン~ウシュアイア) (6)



最新コメント



月別アーカイブ



旅の日数。



旅の足あと。

PassportStamp



↓お世話になってます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



最新トラックバック



リンク



ブロとも一覧


azumiの旅日記

世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

Take it easy!!

なかっぴー通信NEO

FEEL the WIND in the WORLD  ~地球に触れたい!~



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Google Map

顔文字教室



世界の時間



RSSリンクの表示



カウンタ



03
--
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
24
25
28
30
31
--
Copyright © LOOP★LOOP All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。