This Archive : 2010年02月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.02.26 *Fri

今抱える問題。

問題ってほど大したことでもないんだけど、
勝手気ままな私の旅にでも、たまに考えなきゃいけないことがあります。

そろそろ3月。セマナ・サンタの時期です。
私たち日本人にはあまり馴染みがないですが、
イエスの復活を祝う、復活祭前の1週間のこと、らしいのですが。
今年は、4月の頭が一番盛り上がる時期みたい。

中米・南米、ほとんどがこの時期大盛り上がりで、
宿代が高沸&交通機関も休み or 満席とか。
お祭り自体は楽しいものかもしれませんが、
うっかりこの時期に移動なんてしてしまうと、
着いた町で安宿が見つからない、バスに乗れない、
なんてことになってしまうのです。

そのお祭り自体にあまり興味が無いので、
逃げれるものなら逃げたい・・・って思うのですが、
この辺の国は、どこもかしこもセマナ・サンタは実施される。

ということで、それを意識しながらこれから移動せねばなりません。

たぶん、今のペースだと、パナマかコロンビアになるんだけど、
3月末にコロンビアに入っちゃったりすると、
宿を見つけるのが大変そう…。

ということでパナマあたりかなーーと思ってるのですが。

そのパナマに入国する際にもひとつ問題があって、
入国する際に、出国チケットの提示が必要なんです。
もちろん、いずれ出国するんだけど、
コロンビアまで、船で行くか飛行機で行くかもパナマシティに着いてから
決めるつもりなのに、そんなの今からチケット買えない!!
だから、手ぶらで入国したい。

なんとかならないかな?と思って、
今のところ、私が集めた情報では・・・

■ケース①
 チケット持ってるか?って聞かれて、
 「持ってる」って答えるだけで、見せろって言われなかった。

■ケース② (西側の国境)
 国境にあるTICAバスオフィスで、まったく不要のパナマ→サン・ホセの
 25ドルもするチケットを買わされる。
 (もちろん、そのチケットは捨てるだけ…)

■ケース③ (カリブ海側の国境)
 11ドルを払って、免除してもらう。
 (それって問題解決になるの??結局ワイロやろーー!)

入国したけりゃ、お金で解決できるんだけど…
でも、こんなの払いたくないよね。形だけの解決法やし。
ネットで、航空券を買って、e-ticketをプリントアウトした後、
キャンセルする…って方法もあるんだけど、
ネット上でキャンセルの手続きを簡単にできる航空会社をまだ見つけれてない。


というような、情報収集も、旅の一部です。
誰か、いい情報知ってたら、教えてください。

旅人同志の情報交換も、とってもとっても貴重です。
もしよかったら、下のバナーを気がむいた時にでもクリックお願いします!
1日1クリックが有効なんですが、順位が上がると、
他の旅人に見てもらえやすくなるので、奇跡的にどこかで会えてお友達になれたり、
コメントもらえたりします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。

他の人の旅行ブログで、旅の移動や宿情報などが書いてあると、
本当に助かるし、実際かなり参考にしてます。
だから、私もたまに移動や宿のことを書いたりしてます。

あ、エルサルバドルからニカラグアまでのブログ、更新しました。
良かったら遡ってごらんください!
(キューバは相変わらず更新できずにいますが、いずれ。)
スポンサーサイト
CATEGORY : コスタリカ | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.02.25 *Thu

コスタリカ、サン・ホセに着きました。

昨日、24日、コスタリカの首都、サン・ホセに着きました。

朝7時にニカラグアのグラナダからTICAバス(23ドル)で出発し、
15時半頃、サン・ホセに到着。

ニカラグア側はTICAバスが手続きしてくれて、
コスタリカ側は自分で手続き。
国境は、他の人からの情報で、時間がかかることを覚悟してたけど、
イミグレ窓口で20分、荷物検査で20分でした。
荷物検査は、自分の荷物を机の上に乗せて開けたのを、
係員がごそごそっと軽く触るだけ。
待たされる時間の方が長くて、荷物検査が始まったらすぐ終わった。
国際バスを優先にさせてるって感じも見受けられなかったけど…。

なーんだ、こんなことなら、ローカルで来たら良かったかなと思ったけど、
まだ早めの9時半頃だったから、良かったのかも。
私が終わったぐらいから長い列が出来はじめていて、
お昼頃とかに着いてたら、係員のお昼休憩とかで、すごいことになってるんかなー。

コスタリカの出国チケットを見せるのが必要と「歩き方」に書いてあるけど、
そんな必要もなかった。
サンホセ行きのTICAバスのチケットの控えは見せろと言われましたが。
だから免除なのか、それとも??

そして定番のTICAバス手数料。
ニカラグアの出国税は3ドルなのに、TICAバス乗務員に5ドルと言われ、
事前に、TICAバスオフィスで「国境でいくらいるの?」って聞いたら、
3ドルって言われてたのに・・・
と思って、「3ドルやろ」って言ったら、「日本人はコピーがいるんや」と
言われて、またムカついた。
コピー代に2ドルもかかるわけないやろ!!高くても10円じゃ!ボケ!
と思ったけど、おとなくしく5ドル払う私・・・。

という感じで、予想してたことに腹を立てつつ、無事サン・ホセに到着。
「歩き方」に載ってるターミナルから随分移動していて、
治安の悪いコカコーラ地区に到着。

それにまたムカつきつつ、しばらく歩いたところで流しのタクシーをつかまえて、
1000コロン(約170円)で宿まで移動。

その日は宿のネット環境が不安定で、自分のPCつなげず…
翌日の今日、つなげるようになりました。
今日は、朝から、雨、雨、大雨・・・・。
サン・ホセに着いたけど、まだ何もしてません。

あ、中華のビュッフェは行ってきました。野菜、山盛り食べてきたー。
(2300C。約390円)

サン・ホセ、もっときれいなところと思ってたけど、結構ごみごみしています。
明日から何するかなーーー。とりあえず、晴れてほしいです。
CATEGORY : コスタリカ | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.02.23 *Tue

ニカラグアはバックパッカー天国。

ニカラグアのグラナダでは、結局4つの宿に泊まりました。

1泊目は、「歩き方」に載ってた「オスペダヘ・ラ・カルサダ」。

P1080601.jpg

一番きれいなメイン通りでホテルを探してて見つけたところで、
アウトバス(水)・トイレでひとり6ドル。
キッチン(汚い)ついてるし、冷蔵庫あるし(これ貴重)、
シャワールームは蚊がいっぱいいてあまりきれいじゃないけど、
安いしいいかーと思ってた決めた。
でも、冷蔵庫に入れてたコーラ勝手に飲まれて(たぶん従業員が!)、
「NO BEBER!!(飲むな!)」って書いても、
さらに飲まれてムカついた。
飲むなって、スペイン語間違ってる??これじゃ「飲みません」になるのかな。


そして、2~4泊目は、「歩き方」に載ってる「オアシス」の数件隣の「AMIGOS」。
ここは、ゲストハウスとホステルの間みたいな感じで、
建物の造りが隙間だらけだったり、鍵が壊れたり、でかい蟻が部屋にいたり、
シャワーがいきなり止まったり(1日目だけ)と、そんなに立派とはいえないけど、
キッチンが割りときれいで、冷蔵庫も使えて、従業員の感じが良かった。

P1080642.jpg

しかも朝ごはん(トースト、バナナ、パパイヤ、コーヒー)付きで、
ロビーでWi-Fiフリー。猫もいる。
2人で20ドル。
普段の予算よりちょっと高いけど、部屋にバス・トイレ付きだったし、まぁ満足。


さらに5泊目は、そこからすぐ近くの「ホステル・オアシス」。
ここは、いかにもなホステルで、
ドミには私の80リットルのバックパックが入るぐらいの大きなロッカー。
コーヒー、紅茶、Wi-fiフリー。
くつろぎスペースも広くて、ハンモックやゆらゆらイスもいっぱい。

P1080681.jpg

ドミで8ドル。ホステル内には、小さいけれどきれいなプールもある。


最後に6泊目は、長距離バス停にほど近い、「ホステル・リベルタード」。
ここも、設備はプール以外「オアシス」と同じ。
プールの代わりに、冷蔵庫はないけど、キッチンがある。

P1080686.jpg

6ドルと安いのに、共同バス・トイレも結構きれい。いや、十分きれいだった。


こんな風に、コーヒー・紅茶・Wi-Fiフリーで、
ハンモック・ゆらゆらイスなどのくつろぎスペース完備、
これにキッチンが付いたり付いてなかったりするけど、5~10ドルで泊まれる、
そんな宿が、ニカラグアのレオンにもグラナダにもたくさんあるのです。
こんなにきれいで、しかもネット環境が整った宿がニカラグアというこの国に
こんなにあるなんて、かなりびっくりしました。
まぁ、経営者はニカラグア人じゃなくて、欧米人っぽかったですけど。
「歩き方」にはあんまりこういうホステル載せてくれてない。センスない。

そしてそんな施設は、欧米人パッカーが大好きなので、人がどんどん集まるし、
ついつい居心地がよくて、長居してしまう。
ドミで一緒だったトルコ人としゃべってる時に、
なんでわざわざニカラグアに来てるの?って聞いたら、
「自然があるし、ビールが安く飲めるから!」って言ってた。
まぁこれは、ラオスに行くバックパッカーに、
「なんでラオス行くの?」って聞いても、同じ答えだったんですが…
要は、たぶんドラッグが安くて手に入りやすい国なんだと思う。

そんな感じで、バックパッカーに意外(?)と人気のニカラグアなのでした。
CATEGORY : ニカラグア | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.02.22 *Mon

ニカラグアもあとちょっと。

確か、スペインにも同じ名前の町があったと思うんだけど、
ここは大した見所もない、ニカラグアのグラナダ。

そう書くと、ニカラグアの人に怒られそうだけど、
コロニアルな教会や町を観光名所としたこの町は、
それと似たような、あるいはそれ以上にいい雰囲気を持った町が点在する
メキシコやグアテマラと比べると、なんちゃってコロニアルな町。

P1080644.jpg

コロニアルな町でも、そこに馴染んだ生活があったり、お店があったりすると面白いんだけど、
この町の一番きれいな目抜き通りは、外国人だらけで、
外国人が好きそうな、ハンバーガーやピザをメニューに揃えた、
似たようなカフェやレストランばっかり立ち並んでる。
もちろん値段も外国人価格で、何も考えずに注文しちゃうと、
ひとり500円以上は軽くかかっちゃいます。
しかも、ニカラグアのごはんは美味しいと聞いてたのですが、
地元の人ばかりが歩いてる市場の食堂は、ゴハンがプールの味で不味かったし、
グアテマラはポヨ(チキン)を頼めばそこそこ美味しいものが出てきてたのに、
ここじゃパサパサのささ身みたいなんが出てきたりするし・・・

P1080651.jpg
↑そんな中、50コルドバ(約250円)で美味しい定食が食べれたレストラン。
 サラダのドレッシングも出してくれるし、店員さんも感じがいい。

P1080652.jpg
↑グアテマラは黄色いパエリアみたいなお米が付け合せで出てきていて、
 ホンジュラスに入ると、お米の代わりに山盛り揚げバナナが出てきてたけど、
 ニカラグアに入ると、白いお米になった。ちょっと塩味。かな?

今日は、ひとり「歩き方」に載ってた「オアシス」という評判のいいホステルに
移動してきて、ネットしたり本読んだり、ゆっくりする予定。
たまってるブログも更新する。

2泊したかったのに、2泊目は予約いっぱいということで連泊できず、
バス停により近い「ホステル リベルタード」にまた明日宿替え。
明後日のコスタリカのサン・ホセ行き国際バスのチケットを買いに行く途中に
予約してきました。
自然なら、コスタリカやグアテマラにもいっぱいあるのに、
なぜか観光客、しかも年配の人も結構多いねんなー。

本当はコスタリカまで、ローカルルートで国境越えようと思ってたのですが、
ニカラグアからコスタリカに出稼ぎするニカラグア人が多いのか、
グアテマラ・エルサルバドル・ホンジュラス・ニカラグア4カ国共通ビザの
入り口、出口の国境だからか、
長蛇の列&横入り&国境越えガイドのうざい客引き&荷物検査&その隙を狙っての置き引き…
などなど、調べれば調べるほど面倒くさそうな感想がうじゃうじゃ出てくるので、
国境でバス係員に手数料取られるから使いたくなかったけど、
優先的にイミグレを通過させてくれるらしい国際バスで(TICAバス(23ドル))で
楽々長距離移動です。


治安が悪いと言われてたニカラグア、場所さえちゃんと選べば、旅できる国でした。
感じ悪い人も多かったし、変な人も昼間からいるし、あんまり好きな国ではなかったけど。


P1080618.jpg
↑マナグアの新市街。ヒルトンやショッピングセンターがあったり、きれいで安全。
 グラナダから日帰りで行ってきました。

P1080628.jpg
↑マナグアとグラナダの間にあるマサヤ。お土産屋さんがいっぱいある。
 ニカラグアのお土産も、結局グアテマラとほぼ一緒。

P1080669.jpg
↑MOMOTOMBOのチョコ。
 グアテマラで宿を経営してる日本人女性に教えてもらった、オススメの高級チョコ。
 9個入りで135コルドバ(約600円)。やわらかくて生チョコみたい。

P1080656.jpg
↑中米一大きい湖ニカラグア湖。きれいではなかった。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。
CATEGORY : ニカラグア | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.02.21 *Sun

ニカラグアのグラナダに着きました。

2日前ですが、ニカラグアのグラナダに無事着きました。
エルサルバドルのリベルタードを出てから、
かなりのハイペースで移動してきましたが、ここでちょっとゆっくりしています。

またもうちょっとして、コスタリカに向かいます。

ではまた。
CATEGORY : ニカラグア | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.02.17 *Wed

12カ国目、ニカラグアへ。

たった2泊3日のホンジュラスを後にし、次は12カ国目、ニカラグアへ。

朝5時発の国際バスTICAバスに乗って、国境へ。
TICAバスは、パスポートと書類を渡せば、
国境の手続きを乗客分まとめて、代理でやってきてくれるので楽ちん。
でも、ニカラグア入国手数料7ドル(領収書は5ドルらしいんだけど…)だけじゃなく、
3ドル上乗せされた、10ドルを徴収される。
いくらか手数料払ってもいいけどさ、ちょっと高すぎでムカついた。
バススタッフのチップ代わりにしては、儲けすぎ。そりゃ愛想いい訳や。
こんなお金、最初からバス代に含んどいてよって思う。

そして、国境手続きしてる間は、バスから降ろされる。
外は暑いのに、しかもドライバーはクーラー効いてる車内に乗ってるのに、
なんで乗客は乗せないのか、意味不明。
乗ろうとしたら、影行けば涼しいからそっち行けとか言うし。
乗客が乗って、なんか損することあるの??

P1080562.jpg
↑ムカつくTICAバス。

ムカつきながら、それでも予想してたよりちょっと早く、15時半頃レオンに到着。
TICAバスが到着するマナグアのターミナルは、治安が悪いことで有名。
だから、バスターミナル内の高いホテルに乗客は必然的に宿泊する羽目になるんだけど、
それは面白くないので、マナグアより1時間ほど手前のレオンで降りた。
でも、他に降りた人は誰もいなかった。。。みんな、マナグアまで行ってどうするの??

でも、レオンのセントロから少し離れたハイウェイのガソリンスタンドで降ろされるので、
そこがどこかもわかんないし、もう夕方だし、タクシーでホテルまで移動。

最初は100コルドバって言われたのに、簡単に40コルドバ(約180円)に落ちた。
だから、もうちょっと本当は安く乗れたかも。

行こうと思ってたホステルは一杯だったので、
仕方なしに、ネットで評判が悪かった、「歩き方」に載ってた「クリニカ」に。
これで170コルドバ(約760円)は高すぎやろって部屋だった。
「歩き方」も、もっとマシなところ載せたらいいのに…。
一応見なかったけど、たぶんごきぶりいる。1階より2階の部屋の方がマシ。
でも、かわいい子猫がいた。

レオンには、Wi-Fiフリー、コーヒーフリーの、
雰囲気が良さげなホステルがいっぱいあります。
ViaViaや、BigFootが有名みたい。他にもある。

次の日、早速グラナダに移動することになってたので、
レオンの町を見れたのは、ほんの数時間だけだったけど、
次の町グラナダより、ツーリスティックじゃなく、
教会があったり、大きなメルカドがあったり、スーパーがあったり、
活気のある町でした。

レオンは、中米最大の規模を誇る教会が見所らしいんだけど、
それよりも、黄色味がかったレコレクシオン教会の方が素敵でした。

P1080582.jpg
↑レコレクシオン教会。

P1080577.jpg
↑中米最大規模を誇るらしいカテドラル。

行った食堂も、ショーケースから選べて、美味しくて安かった。

P1080587.jpg
↑あれ?美味しそうに見えない(笑)?? でも、お肉に味がついてることが美味しいのです。
CATEGORY : ニカラグア | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.02.17 *Wed

ホンジュラス第二の都市、サン・ペドロ・スーラ。

コパン遺跡を見学した後、
サン・ペドロ・スーラ行きの直行バスが14時までないので、
明るいうちに町に着きたい私たちは、ローカルバスで向かうことに。

タイミング良く、出発しかけの、たぶん1時間に1本ぐらいしか走ってない、
ラ・エントラーダ行きのバスに飛び乗れた。
舗装されててもところどころガタガタの道を、
お客さんを降ろしながら、拾いながら、ゆっくりゆっくり進むローカルバス。
2時間半(50L・約250円)かかって、分岐点ラ・エントラーダに到着。

P1080543.jpg

すぐにバスが来ないかもと思ってたけど、
ローカルバスの到着を待ち構えてたように、
サン・ペドロ・スーラ行きのバスが目の前に停まってた。

そこから、しばらくはまたゆっくりと進むバス。
明るいうちに着くのか、焦る私。

サン・ペドロ・スーラは、中米の中で、たぶん唯一首都よりも治安が悪い町。

それを証明するかのように、町に向かう途中で検問に会った。
全員バスを降ろされ、男性はバスに手をついて、身体検査&身分証明書チェック。
女性は、身分証明書チェックのみ。
私はパスポートを見せて、何日ホンジュラスに滞在するのか聞かれただけ。

何人か詰問されてたみたいだけど、結局全員問題なくバスにそのまま乗れ、
バスは再び走り出したのでした。

そして、2時間20分(70L)かかって、やっとサン・ペドロ・スーラに到着。

P1080545.jpg

ここには、新しいバスターミナルが出来てて、
ボロっちいローカルバスも、きれいな国際バスも、みーんなここに発着するので便利。
そしてターミナルは、キレイでデカい。なかなか立派です。

着いて早速、翌日の早朝発のニカラグア行きTICAバスのチケットを買いにオフィスに。
バスターミナルのオフィスなのに、平日は17時に閉まるらしく、
私たちが着いたのは、その10分前。ぎりぎりセーフでした。良かった!!
土日は、12時までしか開いてないみたいやし…。これもどないやねん。
無事、翌日のマナグア行き、レオンで途中下車のチケットを購入し(32ドル)、
タクシーで、「歩き方」に載ってるホテルROSAに。
(タクシー、80L。それ以上値切ると無視された。)

レンピーラが余ってたので、ちょっと良さげなホテルにしたんだけど、
アウトバス(水)・トイレだったけど、とってもきれいで、
部屋も広かったし、190L(約950円)でも納得。

翌日、朝4時にバス停に向かうことを告げたら、タクシーを呼んでくれるとのこと。
ホテルのスタッフも感じがいいし、良かったです。

そして夜ごはんはマクドナルド。
旅中に、定期的にマック行ってるけど、やっぱり落ち着く。
日本と違って、入り口に警備員がいたりするけど、
さすがマックと言えるぐらい愛想もいいし、きれいだし、
わざわざ席まで、「どうぞ召し上がれ」って言いに来た。
単に、外国人が珍しかっただけだろうけど。

P1080550.jpg

P1080551.jpg

このあたりの目抜き通りは、歩行者天国になってたりして、
たぶん、遅くない時間帯なら、夜でも安全そう。

でも、1本路地を入ると、人通りがグンと少なくなって、寂しくなる。
想像してたほど危険さは感じないけど、気は抜けない感じでした。


そして翌早朝、10分前にロビーに降りたら、すでにタクシー呼んでくれていた。
タクシーというか、ホテルのスタッフの知り合いで、
ただ車持ってる人が送りに来たみたいな感じだったけど、
あのタクシー、大丈夫?って聞いたら問題ないっていうし、
ホテルの知り合いなら、安心だろうと思って、そのまま乗った。
もちろん、強盗されることなく、約10分でターミナルに到着。

タクシー、前日に呼んでもらってて大正解。
早朝4時の街中は、町は暗いし、人はもちろん歩いてないし、
タクシーどころか車さえ、走ってなかったのでした。

そして、TICAバスに乗って、次の国、ニカラグアです。
CATEGORY : ホンジュラス | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.02.16 *Tue

ホンジュラスのコパン遺跡へ。

次は、11カ国目のホンジュラスに向けて、キリグアから移動です。

ハイウェイに出て、運良く10分程で、チキムラ行きのミニバス(30Q)が来た。
チキムラで国境行きのLiteguaのミニバス(25Q)に乗り換え、すぐ出発。

P1080466.jpg

JOCOTANという町で、先発の国境行きバスに乗り換えろと言われたけど、
ドライバーが親切な人で、乗り換えるとお金いるから、
このまま乗っていなさいって教えてくれて、1便遅れて出発。

この国境は、ツーリストがいっぱい通るからか、他の国境で不要な出国税10Qが必要。
ホンジュラスの入国税は3ドル。レシートくれたから、本来必要なお金のはず。
でも、以前ここを通ったチヨちゃんは、ドルじゃ受け取れないから、
ホンジュラスの通貨、レンピーラに両替しろと言われたそうな。
たぶん、悪い役人にあたって、彼のポケットマネーに入ったんじゃないかと想像。
いたいけなチヨちゃんを…。そんな大した金額は要求されてないと思うけど…。
ツーリストシャトルで訪れる人たちからは簡単に余分にもらえると思って、
レシート出さないために、レンピーラで請求してるのかもしれない。
ほんと、役人腐ってるなぁ。

このへんにいる両替屋も、
「ホンジュラス入ったら、レンピーラでしかバスに乗れない、
ホテルやレストランで支払えない」
ってウソ言ってくるけど、もちろんそんなことはない。

国境からコパンまでのバスは、ドルどころか、グアテマラのケツァールも使えます。
(20レンピーラか、10ケツァール。町まで約20分。)

そしてコパンの町は、ケツァールは使えそうになかったけど、
ドルなら大抵使えます。
お土産屋もドル表示。そして、コインは使えないのに、3.5$とか書いてて、
その値段設定にちょっとむかつく。
4$払って、0.5$分はレンピーラでお釣りをもらうことになるけど、
たぶんお客が得するようにはなってないはず。どないやねん。

P1080476.jpg

P1080478.jpg

コパンの町もツーリスティックで、
きれいなカフェやレストランが立ち並んでいて、物価が高い!!
小汚いレストランは、誰もお客さん入ってないし…
もちろん、私は行きましたよ。西洋人は誰も行かないレストランに。
そういうところなら、50レンピーラ(約250円)ぐらいで食べれる。

着いたその日は、町をぶらぶらした。
コパン遺跡行こうと思ってたけど、暑かったし、もう夕方だったし、翌日に。

そして翌日、朝一入場を目指して、小雨が降る中8時前にチケット売り場に到着。
私は遺跡を見ても感動しないってわかってたけど、
想像以上かもしれないっていう淡い期待と、せっかく来たしっていう義務感で、
15ドルも払って、見学したのでした。

P1080508.jpg
どどーーーん。

P1080521.jpg
がおー。

P1080525.jpg
ほえ~~。

P1080535.jpg
かわいい。

P1080536.jpg
めっちゃ鮮やかなインコ。餌付けされてる。

グアテマラのティカルに比べると随分スケールも小さいし、
まぁ、こんなもんかって感じ。
遺跡が大したことないんじゃなくて、やっぱり私には向いてないだけ。
入り口にいたインコが一番コーフンしたなぁ(笑)

後から思ったけど、カリブ海側にある、
グアテマラのプエルトバリオスから、ホンジュラスのオモアの方に船が出てるから、
そっちをまわって、次のサン・ペドロ・スーラに向かった方が面白かったかも。

そして、2時間弱で遺跡を見てまわり、チェックアウトして、お昼ごはんを食べて、
サン・ペドロ・スーラに移動です。
CATEGORY : ホンジュラス | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.02.15 *Mon

フローレスからキリグアへ。ガテマラ最後の贅沢。

フローレスでティカル遺跡を観光し、次はキリグアへ。

朝6時半に宿を出ようと思ってたら、
ここで私たちと別れるチヨちゃんの遺跡ツアーに同行する宿のオーナーが、
サービスでバス停まで車で連れていってくれた。
ツアーを頼んでたチヨちゃんのおかげ。ありがとう!!

7時発(結果的に出発は20分遅れたけど…)のガテシティ行きのバスに乗って、
約6時間でキリグア到着。大型バスで80Q。


キリグアに来たのは、世界遺産のキリグア遺跡を見たかったからではなく、
日本人女性が経営する宿「ポサダ・キリグア」に泊まりたかったから。

ごはん美味しいらしいし、部屋もステキらしいし、
すでに泊まってきたチヨちゃんも絶賛してたからめっちゃ楽しみだった。

でも、到着した時、玄関は鍵かかってたし、
オーナーは熟睡中だったらしく、何かの勘違いでお手伝いさんには、
今日は泊まれないと言われ、めっちゃ焦った・・・・。

でも、しばらく玄関でどうしよう、どうしようってしずかちゃんと相談してたら、
オーナーが日本語に気付いて出てきてくれて、無事泊まれることになったのでした。

大抵の宿は予約不要だけど、ここは毎日お客さんが訪れるわけではないみたいなので、
行く方は、予約をおすすめします!!

チェックインした後、昼食をとって、とりあえずキリグア遺跡へ。

P1080367.jpg
↑トルティージャ・デ・アリーナ。20Q(約220円)
 この地方名物の小麦粉のトルティージャ。ナンみたいで美味しい。

そういえば、今日はバレンタインデー。
遺跡に向かうためにつかまえたトゥクトゥクのドライバーは、
仕事しながらデート中。

P1080368.jpg
↑美男美女だった。

P1080372.jpg
途中、一面バナナ畑。デルモンテのんらしいです。


キリグア遺跡は、詳しい人には素晴らしい遺跡みたいだけど、
私には、豚に真珠、猫に小判です。

彫りの深い遺跡…という以外、特に感想はなく、広い芝生を歩く方が気持ちよかった。

P1080378.jpg

P1080377.jpg

P1080385.jpg

P1080406.jpg

そして、晩ごはんは、宿のオーナーにお願いしてた、
カリブ海側でよく食べられる、ココナツスープのタパード。80Q(約900円)
けっして、こっちの物価からいうと安くないけど、これが、めっちゃ美味しかった!!

ココナツを、外側が真っ黒になるまで乾燥させた後、
中の実をすりおろして搾った汁で、できるスープ。
あまりにコクがあって美味しいので、ココナツ以外に何を入れてるのか聞いたら、
これだけなんだそう。
ココナツミルクでも、ココナツジュースでもこの味は出なくて、
先に書いた、随分経ったココナツで、この味が出るそう。

P1080444.jpg
タイのココナツカレーの、カレー味を抜いたような感じ。本当に美味しかった。
具には、白身魚や貝、エビ、バナナなど。これはお世辞抜きに必食です。

翌日の朝ごはんも、食パンがオーナーの手作りで甘くて美味しかったし、
出してくれるスターフルーツやレモンオレンジのフルーツの果汁を搾ったジュースも
何杯でも飲めるぐらい美味しいし・・・。もう感動。

P1080452.jpg
↑朝ごはん。

P1080455.jpg
↑もともと私が注文しようと思ってたチョコレートドリンクを、
 バレンタインデーということで、サービスで頂けました!!
 オーナー手作り。やさしい味。
 チョコレートといえば、ガーナを思い浮かべる人が多いと思うけど、
 カカオをチョコレートとして口にしだしたのは、このあたりのマヤの民族なんだそう。 
 グアテマラは、コーヒーよりも、実はチョコレートの方が歴史が古いのです。

先を急ぐしずかちゃんが一緒じゃなかったら、もう1~2泊滞在してたと思う。

部屋はシンプルな作りだけど、外のハンモックでゆっくりできるし、
晴れてる時にはたくさんの星を見れるらしいし(私の時は曇ってた)、
キリグアの村も小さくて素朴だし、私は好きなところでした。

P1080446.jpg

P1080434.jpg

本当は、ここからガリフナ族が住むリビングストンに日帰りで行く予定だったけど、
タパードも食べれたし、私もしずかちゃんと一緒に、先を急ぐことにしました。
CATEGORY : グアテマラ② | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.02.14 *Sun

フローレスの「すいか」より。

今、フローレスの「すいか」という日本人女性が経営しているレストランで、
SUSHI-TEN(35Q、約370円)を待ってます。わくわく。
思いがけずフリーWi-fiだったので、パソコン持ち込んでます。

P1080349.jpg


今日は、グアテマラの最大ともいえる観光名所、ティカル遺跡に行ってきました。

あんまり遺跡に興味がないって自覚してたものの、
ここはジャングルの中の遺跡ってことで、
ジャングルの自然と偶然見かける動物も楽しもうという目的。

たくさんの人が期待する朝日も今は色んな事情で見れないらしいので、
朝8時のシャトルを申し込もうとしたら、
遅すぎるからもっと早く行けと言われ、早起きして7時出発。

見るの早い私なら、2時間ぐらいで見てまわれると思ってたら大誤算で、
約5時間も遺跡内をウロウロ。
期待してた動物は大して見れなかったけど、(サル、リス、鳥ぐらい)
ジャングルの中を歩きまわって、たまに点在する遺跡に遭遇、
というオリエンテーリングみたいな感じが、なかなか楽しめました。
でも、入場料150Q(約1700円)!高すぎる!

P1080290.jpg

P1080287.jpg

P1080284.jpg

P1080337.jpg

私が滞在してるティカル遺跡の拠点となるフローレスは、
湖に浮かぶ島になっているのでちょっと期待してたのですが、
湖は藻だらけだったし、特に景観がいいという訳でもなかったです。
(アティトラン湖の方が、山もあって良かった!)
でも、観光地としてさらに強化したいのか、道を整備したり、頑張ってます。
そして、どこにでもあるような観光地にますますなるんだろうな。

ちなみに今日、日本じゃバレンタインデーですね。
グアテマラじゃ、バレンタインデーのプレゼントを選ぶ「男性」を
よく見かけました。ここも女性だけが贈るものでもないようです。

そして、私が最初に旅に出始めてから、はや1年が経ってました!
すっかり忘れてた!!
記念日の2月10日当日は、これっぽっちも思い出す事はなかった(笑)
早いもんです。一時帰国を除いたら、9ヶ月で10カ国。少ないかな?

ここ最近、午前中移動、午後観光、翌日もその繰り返し…が続いてます。
フローレスで、久しぶりに2泊、でもまた明日移動。
頑張って観光してます。頑張りすぎてブログも追いつきません。

そうそう、フローレスで、久しぶりに日本人2人と遭遇し、
しかも一人は私とほぼ同じルートで移動とのこと!!奇跡が起こった!!
ということで、私の考えてたルートを一所懸命プレゼンし、
ずっと心配してたサン・ペドロ・スーラの真夜中タクシーも、
一緒に移動できそうです。
そして、昨日の宿では久しぶりにごきぶり2匹が部屋に登場。
部屋をシェアしたチヨちゃんが、たくましくも退治してくれたのでした。
本当にありがとう…!

P1080352.jpg
ごちそうさまでした♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。
CATEGORY : グアテマラ② | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.02.12 *Fri

ランキンからフローレスへ。

今日も移動。
朝8時発のツーリストシャトル(125Q・約1400円)で、
欧米人の中に東洋人ひとり混じって、大移動。

ツーリストシャトルは、トイレ休憩も数時間おきに立ち寄ってくれるし、
ホテルからホテルまで連れていってくれるしで、
長時間の移動には楽ちんなんですが、
細かい時間を気にしない外国人と一緒に移動すると、
ローカルバスより、だいぶん時間がかかる。

○時ピックアップと言われてるのに用意できてなかったり、
20分と言われた休憩が30分になったり、
銀行寄りたい人がいれば立ち寄ったり・・・・

別にいいんやで。多少は。そんなんいつものことやし。
でも、ひとりで移動してる時には、到着が遅れて暗くなっちゃいそうだと、
明るいうちに宿探しするつもりの私は、焦るのです。
夕方以降になると、評判のいいホテルだとフルになっちゃうし。

でも、ローカルだとトイレ休憩が無かったり、
ボられて嫌な目にあったり、こっちだって多少は遅れる。
まぁ、どっちもどっち。

P1080256.jpg
↑サヤスチェという場所では、車ごといかだ?に乗って船を渡る。
 なんで橋を作らないんだろう。


結局フローレスに着いたのは、薄暗くなりかけた夕方17時前。
しかも、外国人が5人降りたホテルで私も降ろされ、
私の行きたいホテルを告げると、近いから歩けと言われた。
ドライバー、むかつく!!
石畳やから、近距離でも荷物引っ張って歩くの大変やねんって!

とりあえず、「歩き方」におしゃれできれいとか書いてた
「ミラドール・デル・ラゴ」に行ったけど、
湖に面した高い方の部屋さえそんなにきれいじゃなかったし、暗かったし、
ホテルの従業員も、今取り込んでるから、自分で部屋見に行ってこいとか
鍵渡して放ったらかしにされるし、感じ悪かった。

ということで、もういっこの安宿「タヤサル」へ。
アンティグアで会った日本人たちが結構ここに泊まってたというので行ったけど、
結果的にここでごきぶりに遭遇することになったのでした。

でも、ここのオーナーは親切だったし、
なにせ混んでないので、ツアーの手配とかもすぐしてくれるし、
意外にもシャワーのお湯はたっぷり出たし、
この宿の近くでこれからニカラグアまで移動を共にする日本人の男の子と、
この部屋をシェアできた女の子に出会えたので、よかった!!
私たちは道路に面した部屋だったので、夜中まで向かいのバーの音楽が
うるさかったけど…。
でも、フローレスで3人、楽しく過ごせたのでした。
CATEGORY : グアテマラ② | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.02.11 *Thu

グアテマラのパムッカレ、セムク・チャンペイ。

結局、ランキンの宿は無料になりませんでした。
いや、なるにはなったんだけど、フリーにするには、
明日またコバンに戻るシャトルに乗らないといけないとか。
そんなこと、一言も言ってなかったと思うけど…。

とにかく、もう、コバンに用事ないし、
明日はランキンから直接フローレスに向かいたかったので、
諦めて1泊支払いました。
まぁ、もともと必要なお金だったし。でも、ちょっとムカつく。
たぶん、コバンに戻ればまたそこの代理店でツアーなりシャトルなりを
申し込むから儲かるってことなんだと思うけど…。
私の英語もスペイン語もめちゃくちゃだから、
私に全く非がないって言い切れないところがまた何ともくやしい。

という訳で、10時半頃その宿にチェックイン。
(EL Retrio ドミ35Q。バンガローの割りに結構きれい。
 シャワーもぬるいけど一応お湯。しかもWi-Fiフリー。犬猫もいる。
 敷地内の川でも泳げるので、時間があれば2~3泊してもいいかも。)

P1080243.jpg

P1080247.jpg


ランキンの中心部まで15分程歩いて、ピックアップトラップをつかまえる。
(片道15Q。約160円)
トラックの荷台に乗って、そこから急なガタガタ道を走って30分。

入り口から、展望台までちょっとした登山道をビーサンでゆっくりゆっくり、
30分上がったら、写真で見てた景色がありました!

P1080193.jpg
↑セムク・チャンペイ。
 展望台まで上がるの、滑る泥道でめっちゃしんどかった。

泳ごうと思ってたけど、小雨降ってきたし、
一人で泳いでも楽しくないしなーと思って、足をつけただけ。

P1080215.jpg

やっぱり誰かと一緒に行って、泳いだ方が楽しめたなー。残念。


セムク・チャンペイ、コバン・ランキン・セムクチャンペイ、
それぞれから行けますが、
コバンからのツアーは往復6時間かかって、ごはん付きで270Qと超高い。
往復の車代だけだと100Qだけど、好きな時間に帰ってこれない。
セムクチャンペイのすぐそばに、EL PORTALという最近できたホテルがあるけど、
ここだと、まわりに何もないから、ホテルで絶対ごはん食べなきゃいけない。
ランキンからは、往復30Qかかるけど、このあたりには食堂があるので、
トータルで考えると、ここから行くのがお手頃かもしれない。
ピックアップトラックの荷台に乗るのも面白いし。

P1080237.jpg
セントロから宿に向かう途中にあったレストランの食事。意外にめっちゃ美味しかった。


ピックアップトラック、行きは現地人しか乗ってないトラックで、
帰りは、欧米人ツーリストしか乗ってないバスだった。
帰りの欧米人は、トラックの上でタバコは吸うし、そのまま捨てるし、
下品な笑い声あげてうるさいし、めっちゃ感じが悪かった。

現地人が利用するトラックにツーリストも乗せてくれるけど、
ツーリストが乗ってるトラックには、現地人は乗せない。

道端でトラックを待ってるグアテマラ人の見上げる顔。
それを無視して通り過ぎる欧米人が乗ったトラック。
グアテマラ人が乗ってるトラックやバスはぎゅうぎゅうで、
乗り心地が悪いからって、ツーリストバスを薦めるグアテマラ人。

なんだかなぁ…。

今いる宿は、久々に欧米人と一緒のドミトリーなんですが、
なんか落ち着かないわー。
すっかり日本人の居心地の良さに馴染んでしまいました。
CATEGORY : グアテマラ② | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.02.11 *Thu

今、コバン(グアテマラ)にいます。

あかん。せっかく、約10日ぶりにWI-FI使えるのに、もうすぐ24時半。
エルサル以降の下書きブログを頑張って更新してたのですが、
1つだけしかできませんでした。(2月4日をどうぞ。)

8日間のエルサルバドル滞在を終え、グアテマラに戻ってきてます。
明日は、朝からここからバスで2時間弱の町、ランキンに移動して、
グアテマラのパムッカレと呼ばれるセムク・チャンペイに行ってきます。

ランキンまでのツーリストシャトルバスが片道50Q(約550円)で、
私には高すぎると言って、旅行会社でローカルバスの行き方を聞いてたら、
私が泊まろうと思ってた宿が知り合いだから、オファーということで、
シャトルを申し込むなら、1泊フリーにしてあげると言われました。
宿はドミトリーで35Qだから、ローカルで行くより断然お得なんだけど、
本当に泊まれるのか、ちょっと心配。
ハンモックでも泊まれる宿なので、それだったりして・・・。
半信半疑で、本当にタダで泊まれたらラッキーってことで。

ではまた。おやすみなさい。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。
CATEGORY : グアテマラ② | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.02.10 *Wed

グアテマラ、コバン。

今日も、午前中移動、午後観光の日。
朝8時前にチキムラの宿をチェックアウトし、すぐ近くのバス停へ。

P1080142.jpg
↑チキムラは、やたらと露店が多い町でした。


8時発のグアテマラシティ行きの大型バスを見つけ、ほどなく出発。
運転手が途中食堂に寄り道したので、1時間半の予定が1時間50分で、
乗り換え分岐点、EL RANCHO に到着。20Q(約220円)。

そこでコバン行きのワゴンバスがすでに待っていて、またすぐに出発。
バス代聞いたら、35Q(約390円)。
調べてた金額よりちょっと高いなと思ったし、
25Qぐらいの小銭は用意してたけど、これじゃ足りないから、
100Q札出さないといけないの嫌だなって思ってたら、
このワゴンの兄ちゃん、「お釣りがないから後で」とのたまう。
さらに、運転手と「チーノ(私のこと)がうんたらかんたら」としゃべってる。
嫌な予感がして、
「ちゃんと返してくれへんかったら、なんて文句言おう」って考えてたら、
しばらくして45Q返してきた。

「バス代35Qやのに、これじゃ足りひんで」って言ったら、
「わかってる、わかってる」みたいな感じで何かスペイン語で囁かれたので、
とりあえず文句言って降ろされたら困るし、着いてからもう一回言おうと思ってたら、
着いたバス停は幸いにも、たくさんの他のワゴンバスがいて、警察もいる駐車場だった。

絶対取り替えそうと思って、

私「あと20Qちょうだい」

男「バス代55Qだから間違ってないよ。」

私「(やっぱり来た!)聞いてないって。35Qって言うたやん。」

そこに、同じEL RANCHOから乗ってきたおばさんが降りてきた。

私「ねえ、バス代いくらだった?」

セニョーラ「25Qだったよ。ベイ~ンテ、シンコ~。」

私「25Qやん!最初からボッてるし!35Qでいいし、あと20返して!」

男「…。」

10Qだけ返してきた。

私「あと10Q!」

なんやなんやと、2~3人集まってきた。
男は焦ったのか、もう10Qやっと出した。


あー、ほんとムカつく。見えすいた嘘、なんでつくんやろう…。
エルサルバドルからここまで、ローカルバスで順調やったから、
この後もローカルで乗り継いで行こうかと思ってたけど、
こういうのあると、ツーリストのシャトルバスに乗りたくなる。

しかも、ワゴンバスのバス停は、コバンの中心部から少し離れている感じで、
今いる場所がさっぱりわからん。
しかも雨振った後で足場が泥だらけで、
タクシーの運転手はその荷物で行けないよと言うので、
仕方なしに15Q(約160円)でタクシーに。

運転手が行ってたように、
私の荷物を引っ張ってじゃたどり着くのに困難な距離と、急坂だった。

P1080165.jpg
↑本当にすごい坂。45度はありそう。(実際ないけど・・・)
 しかも、登りも下りもあって、町自体起伏が激しい。

でも、行った宿(カサ・デ・アクニャ)がとってもかわいいカフェを併設してて、
ドミトリーだけど部屋もバスルーム(久しぶりにお湯!)もきれいで、
ちょっと気を取り直した。

コバンもコーヒーの産地なので、
美味しいコーヒーが飲めるらしいカフェに行って昼食。

P1080153.jpg

P1080155.jpg
↑menu del dia(定食)味はまぁまぁ。20Q(約220円)。
 コーヒーは期待してた程じゃなかった。

本当は、コバンでカキック(七面鳥のスープ)という郷土料理を食べようと思ってたんだけど、
安いお店を見つけられなかったので、断念。

宿がWIFIフリーだったので、久しぶりのネットに没頭してました。

コバン、意外とかわいらしい町でした。天気が悪くて、雨降ってたのが残念。
CATEGORY : グアテマラ② | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.02.09 *Tue

エルサルとグアテマラの国境、Anguiatu。&黒いキリスト像。

さて、今日は再びグアテマラへ向けて国境越え。

サンタ・アナを8時に出て、まずはMetapanまで1時間半。
(バス235。0.9ドル)
Metapanのバス停から、すぐ横から出てるAnguiatuまでさらに30分。
(0.3ドル)
エルサルのバスは、値段の書いたチケットがあるから、ボラれる心配がなくて安心。

P1080149.jpg

この国は通過がドルなのですが、30センタボを言う時、
25センタボ硬貨と5センタボ硬貨を出せばいいように、
「Quarter y cinco(25&5)」って言われます。
最初は何て言ってるのか全然わからなかったけど、こういう言い方もあるって発見。
面白い。

そしてバスは、イミグレーションのすぐ手前で到着。


国境手続きは至って簡単。というか、今までで一番楽ちん。
賄賂請求も手数料も、エルサル側はスタンプもなし。
エルサル側は窓口に誰もいなくて、警備員みたいな人にパスポート見せるだけ。
旅行者はひとりも見かけず、イミグレで並ぶこともなし。

エルサルとグアテマラの間には、小さい橋があるだけでめっちゃ近いから、
当然タクシーやトゥクトゥクの客引きなんかもいないし。

P1080116.jpg

「歩き方」には全然情報ないけど、ロンプラに載ってます。
旅行者にも結構便利なルートだと思うんだけど…。ガテとエルサル間の移動におすすめ。


あっという間に手続きを終え、グアテマラ側に入って、
「チキムラ行きのバスはどこ?」
「あっち」「こっち」「ここで待て」と15分ほど道端で待ってたら、
1台のワゴンが止まり、

おっちゃん「どこ行くねん?」 私「チキムラに。」

チキムラには行かないけど、とりあえず乗れ乗れというので、
お客さんらしき人も乗ってたし、いくら?って聞いたら「15Q」って言うから、
なんかよくわからんけど、連れていってくれるんかなーと思って乗ったら、
走り始めて数分後、チキムラ行きの走ってるバスを見つけて、
そこに私を放り込んでくれたのでした。
(15Qはそのバスの値段で、この人からはお金請求されなかった。親切でした。ありがとう!)

そんなこんなで、国境から2時間弱でチキムラに到着。
チキムラ自体見るものは無いので、とりあえず宿を見つけて荷物を置いて、
ここから1時間20分のエスキプーラスに移動(ミニバスで15Q)。

エスキプーラスは、黒いキリスト像があるということで、
中米の巡礼者が多く訪れます。

P1080123.jpg

P1080126.jpg

P1080132.jpg

P1080130.jpg

日曜日は一方通行の通路に大行列らしいのですが、私は平日だったので、ひとりも並ぶことなく、
さくっと見学し、またチキムラにとんぼ返り。
教会、町に行く度に見てきたけど、ここのはなんだか威厳があって、きれいで、
好きでした!

そしてまた、明日も移動と観光です。
CATEGORY : グアテマラ② | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.02.08 *Mon

エルサルバドル、第二の都市サンタ・アナ。

リベルタードを9時頃出発し、サンタ・テクラで一度乗り換え、
ほぼ待ち時間なしに、順調に2時間ちょっとで着きました。
乗り換えのサンタ・テクラでは、見知らぬ人が荷物を降ろすの手伝ってくれ、
サンタ・アナ行きのバス乗り場まで連れていってくれました。

P1080021.jpg
↑エルサルバドルのバス。
 グアテマラのバスの方がおもちゃみたいでかわいかったけど、
 エルサルのバスは、後部に荷物置き場が広くあって、通路も広いので荷物載せやすい。

エルサルバドル、多くの旅人が口にする「人がいい」っていうのは、
何をもって「人がいい」のか私はよくわからないけど、
話しかけると笑顔で返してくれることが多いので、何かを尋ねやすいです。
なんというか、的を得た答えを返してくれたり、手助けしてくれたりというか。
まだキューバのことは書いてないけど、
キューバは人に話しかけるのがめちゃくちゃ嫌だった。感じ悪かったし。
それに比べたら、安心して声をかけられます。
今から書くサンタ・アナででも、晩ごはんを食べる為に、
酔っ払いがたくさんいる飲み屋みたいなところに入ってしまって、
「しまった、ここに一人でいたら絡まれるかも。」ってどうしようか迷ってたら、
その店を仕切ってそうなおばさんが、
自分の持ち場のカウンターのすぐ前に座りなさいって誘導してくれて、
おばさんが目を光らせてくれてる場所で、安心してごはん食べれたのでした。
(でも、やっぱりおっさんには声かけられたけど。)


そうして着いたサンタ・アナ。
エルサルバドル第二の都市って「歩き方」には書いてあったけど、
乗り換えたサンタ・テクラの方が新しくてきれいな町だった。
コロニアル都市って書いてあったけど…ここは全然コロニアルじゃない。
それっぽいのは、教会とかだけで、
町自体は、結構寂れたというか、退廃したというか…
それなりに町は広いのに、昼間から人通りが少ない道が多くて、ゴミが多い。

P1080091.jpg

P1080095.jpg

P1080097.jpg


ツーリストも見かけませんでした。納得。だって何もないもん。
ここに来るなら、海沿いの町を訪れた方が絶対面白い。

半日町をぶらぶらしただけで十分でした。

しかも、せっかくロンプラ見て安い宿メモってたのに、そのことを失念してて、
「歩き方」に載ってた15ドル(14ドルにしてもらったけど)の宿を
選んでしまった…。もったいない。
中級ホテルらしいけど、広いだけで掃除が行き届いた感じでもないし、
あんまり好きじゃなかった。

後からメモってた宿を見に行ったら、キレイだったし部屋の雰囲気も良かった。
共同バス・トイレもきれいだったし、それで8ドル。
お客さん誰もいなくて、値切れそうだったし、バス停近かったし…あー、失敗。
( EL FARO :パルケコロンのすぐ近くです。おすすめ。www.hoteleselfaro.com)

2泊するつもりだったけど、1泊で移動します。
次は、グアテマラに戻って、チキムラに行きます。
久しぶりに、シャトルバスに頼らない国境越えです。
CATEGORY : エルサルバドル | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.02.07 *Sun

エルサルバドルの海辺の町その2。リベルタード。

エル・ソンテからバスで30分(0.5ドル)。
ここリベルタードは、エル・ソンテより、かなり町です。

スーパーも、冷房がガンガン効いたキレイなところも含めて3件もあるし、
食堂もいっぱいあって、メルカドもある。

海辺に、外国人観光客向けのきれいでプール付きのホテルを
どんどん建設してるようだけど、結構どこも閑古鳥だった。
しかも50ドルとかして高い。

でも、ここは色んな美味しいものが地元価格で食べれたし、
ビールも安く買えたし楽しかったです。
海でも泳いだし、見つけた宿は一人5ドルの蚊がうようよいる安宿で、
部屋は暑いし、トイレもシャワーも屋外にあってボロボロだったけど、
結局なんだか居心地良かったです。

P1080005.jpg
↑ここも黒い砂のビーチ。
 白砂だったら、中米でかなりのリゾート地になってたかも。
 現地の観光客がいっぱいいた。

P1080045.jpg
↑安っぽいセンスの、外国人向けエリア。これじゃお客さん来ないって…。

P1080009.jpg
↑白身魚のフライのプレート。美味しかった。2ドル。

P1080047.jpg
↑サンドイッチ1ドル。ボリュームもあって美味しい!

P1080014.jpg
↑メルカドの食堂

P1080015.jpg
↑ププサ。エル・ソンテでは1枚0.5ドルだったけど、ここでは0.3ドル。
 トルティージャの中に、フリホーレス(甘くないあんこみたいなの)とチーズ入り。
 2枚でお腹いっぱいになる。

P1080060.jpg
↑メキシコからしょっちゅう買ってたbon a bon チョコの、サンドバージョン。
 エルサルには、他にもbon a bon バーもあったりした。
 チョコは買ってもはずれが多いけど、ここのは美味しい。

魚市場もあったよ。

P1080033.jpg
P1080041.jpg
P1080026.jpg


ここリベルタードは、「歩き方」には全然情報乗載ってなくて、
「ロンプラ」にちょっと掲載されてるぐらいの町。
でも、面白かった。

そして、私はまたひとり、グアテマラに戻る途中の町、サンタ・アナに向かいます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。
CATEGORY : エルサルバドル | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2010.02.04 *Thu

10カ国目はエルサルバドルです。まずは海辺の町、エル・ソンテ。

アンティグアから、この旅10カ国目、エルサルバドルの小さな町、
エル・ソンテにやってきました。

P1070873.jpg
↑国境。

ローカルバスで行くと、乗り継ぎ4~5回、しかも乗り継ぎが悪く、
早朝に出て、やっと夕方に着くぐらい時間がかかるというので、
ちょっと高いけど、4時間半でdoor to doorで連れて行ってくれる、
280Q(約3100円)もする快適シャトルバスで来たのですが、
アンティグアでピックアップされてから、結局他に誰も拾わず、お客さんは私ひとり。
ひとりなのに、運行してくれたことにびっくり。キャンセルされたりするのに。
アンティグアの目抜き通りにあるサーフショップからは、週に数回しか出てないから、
スペイン語学校のCANOの南側に並んでる旅行代理店なら、
毎日出てるというので申し込んだんだけど、良心的で良かった!

そんな感じで、8時半頃アンティグアを出発し、13時頃にエル・ソンテに到着。

エル・ソンテ、小さいけれど、想像以上に観光地化されていて、
外国人はチラホラ見かけるし、ホテルもきれいなところが結構ある。

P1070929.jpg

レストランも数軒あって、でも高い。
スーパーやATMはもちろん無く、小さな商店があるぐらい。
たまに、トラックに載せた野菜やフルーツを売りに来てる人を見かけました。

本当に海以外何もないところです。
でも、欧米人バックパッカーが、好きそうな感じ。

P1070986.jpg
↑海。波は高いけど、カンクンほどじゃなかった。
 サーフィンするにはいい波らしいです。
 砂が黒い砂なので、海の水はきれいなんだけど、見た目は黒い。


待ち合わせしてた人とも無事合流できたのですが、
私たちはサーフィンしないので、たまに海で泳いだり、
宿のハンモックで昼寝したり、本読んだりしてました。

P1070892.jpg
↑1泊だけした安宿のくつろぎスペース。ここからの見晴らしだけは良かった。

すでに行った旅友が教えてくれた、最安の EL TECO の宿は、
申し訳ないけど、これで一人5ドルは高すぎるってぐらい、
ぼろぼろ…というか、宿経営にやる気ないやろって感じの簡素な宿。
トイレやシャワーの扉は穴だらけだし、私が着いた日は水出なかったし、
夜中は外の電気が消されてて、トイレまで真っ暗だし、
部屋からトイレまで砂の道なので、足に砂が着くし…(←細かい)
レストランも、他に比べると安いけど、町に比べたら倍ぐらいするし、
でもここは安いから何度も利用したけど、
Pollo(鶏肉)はささ身のようにパサパサで美味しくなかったし…。

P1070907.jpg
↑でも、猫3匹と、にわとりや犬がいるのはとってもとっても良かった。
 しかも猫、人なつっこい。触りたい放題。

でもこの宿、この町で一番安いし、
お金払えばキッチン使って自炊させてくれるみたいなので、
長期滞在する人にはいいかも。
私も泊まれないことはないけど、サーフィンしないし、
宿にいる時間が長いので、くつろぐにはちょっと…。


という訳で、2泊目、3泊目は川を挟んで西側の、
ひとり7.5ドルのキレイでおしゃれーーな宿に宿替えしました。

P1070902.jpg
↑Olas Permanentsの部屋。明るくて内装もかわいい。

P1070936.jpg
↑ここはトイレもきれいだし、コンクリートがあるから足汚れないし、
 ハンモックがいっぱいあって、居心地良かった!! 卓球台もある。

P1070939.jpg

P1070964.jpg

ファンが弱かったのと、レストランが1食8~10ドルもするので、
外食しないといけなかったけど、結構好きな雰囲気の宿でした。

最初、エル・ソンテに着いた時はテンション下がったけど、
宿変えして、落ち着けるようになってからは楽しかったし、
エルサルバドルにはあんまり見所がないので、ここに行けてよかった。
それに、海があると、ただのんびりしてるだけでも、
その価値が贅沢なものであるような気がします。

P1070947.jpg
↑毎日行ってた売店。ベンチに座ってお客さんを観察してると楽しい。

P1070956.jpg
↑牛も通った!!

そして、次はここからバスで30分程の、リベルタードに行ってみます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←世界一周ブログランキングに参加しています。
CATEGORY : エルサルバドル | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

プロフィール

ゆっきー

Author:ゆっきー
2009年2月から、約1年・・・の予定を大幅に延長し、世界をふらふら一周中。英語もダメで不安だらけの女のひとり旅。2009年9月に再スタート。



最新記事



カテゴリ

旅立ちまで。 (69)
旅のきっかけ (1)
旅立ちまでの心境 (12)
旅の持ちもの (12)
旅の身だしなみ (1)
予防接種 (8)
健康診断・保険関係 (6)
旅のお金・カード類 (5)
本・ガイドブック (5)
インターネット便利ツール (3)
引っ越し・あと片づけ (5)
公的手続・役所関係・ケータイ (5)
パスポート・ビザ・航空券 (4)
旅のルート (4)
☆世界のATM事情 (2)
☆世界のネット事情 (1)
旅の小話 (1)
そのた (1)
中国 (15)
ラオス (8)
タイ① (3)
インド① (6)
ネパール (4)
インド② (20)
タイ② (3)
日本 (7)
アメリカ (3)
メキシコ① (12)
キューバ (5)
メキシコ② (2)
グアテマラ① (5)
エルサルバドル (3)
グアテマラ② (7)
ホンジュラス (2)
ニカラグア (4)
コスタリカ (6)
パナマ (10)
コロンビア (26)
エクアドル (17)
ペルー (45)
ボリビア (23)
チリ①(北部) (4)
アルゼンチン①(北部) (9)
パラグアイ (3)
アルゼンチン②(北~中部) (5)
チリ②(ビーニャ・デル・マル) (9)
アルゼンチン③(メンドーサ) (2)
チリ③(イースター島・サンチャゴ) (10)
アルゼンチン④(メンドーサ) (5)
ボリビア②(ウユニ・トゥピサ) (8)
アルゼンチン⑤(メンドーサ) (2)
チリ④(中~南部) (6)
アルゼンチン⑥(パタゴニア) (32)
チリ⑤(パタゴニア・ビーニャ) (7)
自転車旅(ビーニャ~湖水地方~プエルトモン) (40)
自転車旅(アウストラル街道) (30)
自転車旅(エルチャルテン~ウシュアイア) (6)



最新コメント



月別アーカイブ



旅の日数。



旅の足あと。

PassportStamp



↓お世話になってます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



最新トラックバック



リンク



ブロとも一覧


azumiの旅日記

世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

Take it easy!!

なかっぴー通信NEO

FEEL the WIND in the WORLD  ~地球に触れたい!~



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Google Map

顔文字教室



世界の時間



RSSリンクの表示



カウンタ



02
--
1
2
3
5
6
13
18
19
20
24
27
28
--
Copyright © LOOP★LOOP All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。