This Archive : 2009年03月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.03.28 *Sat

国境の町スノウリと、ストライキ。

ネパールのストライキで、交通網が麻痺し、
半日、することがないまま閉じ込められた、小さな国境の町スノウリ。

sunouri1
↑国境のためにあるような町。

sunouri2
↑国境。ネパール側から。

後から、同じようにストライキに遭遇した人たちから話を聞くと、
私達はホテルで半日待っただけだから、ましな方だったと思う。
ホテルで待てたといっても、屋外のレストランしか居場所がなかったから、
蚊にもいっぱい刺されたし、暑かったし、ゴハンも美味しくなかった。
でも、30~40人いたツーリストの中に、
私と友達以外に、ひとりだけ日本人の男の子リョウタくんがいて、
一緒にトランプしたりクイズしたりして、楽しく過ごせました!
その後、リョウタくんも一緒に、ネパールは3人旅です。

nepal_h1
インド→ネパールのツアーバス料金に含まれてた、
死体置き場のようなネパールゲストハウス。
たぶん、このあたりで最安値のゲストハウスのような…。
歩き方には、シングルかツインルームで1泊とか書いてあるけど、
実際は、適当にグループ分けされて、ドミトリー。
私たち日本人グループ3人は、
チェックインしたのが遅かったから、暗い部屋しか残ってなかった。
くもの巣いっぱい。蚊の多さも尋常じゃなかった。
バンコクで再会した旅友からもらった蚊取り線香も効かず、
先輩から頂いた大きなスカーフを蚊帳代わりにしてようやく寝れた。

ストライキに関しては、
1日~2日、バスで閉じ込められた話は何人にも聞いたし、
(2日閉じ込められた人は、民家の人にも助けてもらったそうな)
ネパールからインドに抜けようとした人は、
スノウリ手前20キロで夜中にバスからおろされ、
そしたらリキシャが待っていて、
国境まで500Rsなんて高額な値段を吹っかけられたらしいです。
(たぶん、バス会社とリキシャがグル)
で、道路封鎖っていうけど、その現場に行ってみれば、
小石が置いてあっただけとのこと。
ほんと、ツーリスト相手にセコイ商売してるよね…。

結局、私達もスノウリからポカラまで本来のルートで行けなかったので、
ムグリンという町で、ローカルバスに乗り換えて、
100ネパールRs(約130円)自腹払って、向かったのでした。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 
スポンサーサイト
CATEGORY : ネパール | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2009.03.27 *Fri

ガンガー。

今朝、朝5時過ぎに早起きして、ガンジス川を見に行ってきました。

夜明け前の薄暗くて涼しい中、朝日が出てくるのを待ってたんだけど、
昨日見た昼間のガンガーとは違って、静かで厳かで、
あー、バラナシに来てよかったーーー!ってちょっと、やっと感動した。

ganga
↑迫力ないパノラマ(笑) 左端にいる犬は、なぜかくっついてきて、私達と一緒にガンガーを見てた。
 最初はちょっと怖かったけど、ガンガーを見つめるワンコが愛らしかった。

ganga_1
鳩がいっぱい。なんか、鳩使いみたいなおっちゃんがいた。

ganga_2
朝日。こんなに丸くキレイに見えるなんて思ってなくて、感動!

ganga_4
昼間のガンガー。暑くて、あんまり人がいない。

ganga_5
夜は、お祈りとかしてて、観光客がいっぱい!

朝日を見てる時、4匹の犬が私達にくっついてきて、顔をすりつけてくるので、
犬は大好きだけど、インドの犬は狂犬病の危険があるので、めっちゃ怖い!って固まってたら、
ボート乗りのインド人が、追っ払ってくれた。
軽くボートを薦められたけど、断ったらあっさりどこかに行った。

今までインド人に話しかけられても、無視か「No!(怒)」としか答えなかったけど、
もうちょっとちゃんと向き合ってもいいかも・・・と思い、
それからちょこちょこと、ちゃんと話たりするようにした。
確かにしつこい時もあるし、これからもやっぱりムカつくことも多々あると思うけど、
優しい人も多いのかも。

また、細い路地でちょっと怖そうな牛の横を通らなきゃいけない時、
やっぱり私が固まってたら、それを見た男の子が牛に思い切りボールぶつけて、
移動させてくれたし・・・。
私が思ってたほど、みんな下心が無いのかもしれない。

vara_2
↑触って怒らない牛がほとんどだけど、一回怒られて、手に頭ぶつけられた。でもかわいい!
 南インドの人は、牛のおしっこを頭にかけるのが良いらしく、実際、おばあちゃんが思い切りかけてた。
 私にも少しかかって、びっくりした。

vara_1
↑旧市街。お土産屋やチャイ屋、サモサ屋がいっぱいで、歩いてるだけで楽しい。


午後は、地球の歩き方にも乗ってるソナさんの店に嫁いだ日本人の女の子がいて、
そのメグミちゃんが、自宅で髪を300Rsで切ってくれるというので、
散髪したかった友達についていってきました。

sanpatsu_1 sanpatsu_2
↑(左)玄関先で散髪ー。気持ちよさそう! (右)メグミさんと、メグミさんの心の弟。かわいい!

ソナさんは、自分のお店紹介する時、「中途半端ななんでも屋ですー」って言う(笑)
ネパールまでのツーリストバス、私達が泊まってるBABAゲストハウスは750Rsって言ってたけど、
ここは700Rsだったので、ソナさんとこで申し込みました。
(地球の歩き方には600Rsって載ってるけど、ガソリン代の関係で値上がりしたらしい。)
来年には、ソナさんの自宅で、漫画喫茶をはじめるらしいです。

***

自分のPCをつなげるネット屋を見つけたので、
過去の日記に写真をつけて、ちょこちょことメモも追記しました。
無線じゃなくて有線LANだけど、結構早くて快適ー。

明朝、ネパールのポカラに向けて、2日がかりの移動です。
今までの移動の中で、一番キツそう。あー、憂鬱。でも、バスからの景色は楽しみ!
ポカラはネットがめちゃくちゃ高いらしいので、しばらくネット出来なさそうです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 
CATEGORY : インド① | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2009.03.27 *Fri

コルカタの定番詐欺。

ちょっと遡って・・・
ずっと更新できてなかった、コルカタで出会った、定番詐欺のハナシ。

コルカタ到着には、バンコクの空港で、同じ飛行機に乗る日本人のトムと知り合え、
今まで不安だったけど、勇気が出ました!

コルカタは噂どおり、客引きがしつこくて、ウソつきで、
渋滞はすごくて、クラクションがうるさくて。
街もゴミゴミしてて、汚いし…。

ただ、タクシーは丸っこくて、かわいかった。

taxi

コルカタに着いた夜、トムと一緒に街を歩いてたら、
インド人2人組に声をかけられ、
ビリヤニの美味しいお店を紹介してあげると言われ、
ひとりじゃ絶対無視するけど、トムはインド人と交流したそうやし、
ひとりじゃないし、まぁいいかーとついていったのが始まりでした。

biriyani
インド初の食事。牛肉とじゃがいもが入ってるビリヤニ。50Rsぐらい。
今思えば、ここのは美味しくなかった。

ダージリンで大学に通ってる2人の名前は、ラージとロニ。
春休み中で、コルカタ、ブッタガヤ、バラナシなど周遊旅行に来てるとのこと。
なんだかんだ話してると、いい人そうな気がして、
翌日またランチを一緒にすると、
「今日は、カーリーテンプルで、3年に一度のお祭りなんだ!
君はラッキーだ!旅の安全や、家族の幸せをお参りしたらいいよ!
すぐ近くだから、これから行こう!」

ということで、ついていったら、
カーリーテンプルのガイドにお布施を言われ、
横でラージは3000Rp(約6000円)を出してて、
「え!そんな高額を!」って思いながら、私は100Rpを出したら、
500Rp(約1000円)以上じゃないとダメって言われ、
500Rpを出してしまったのでした。

巧妙な手口でもなんでもなく、地球の歩き方読んだら、
似たような詐欺のことが書いてあった。

たぶん、3年に1度のお祭りっていうのはウソ。
ダージリンに住んでるっていうのもウソ。
彼らの写真をとろうとしたら、
「僕達は旅行中は写真を取らないって、家族と約束してるんだ!」
って、意味不明の言い訳もウソ。
なんか、彼らにもめっちゃムカついたし、自分にも腹がたった!

普段、日本で知らない人に声かけられてもついていかないのに、
日本でやらないことを、トムが一緒だからって気を緩めてしまった自分がバカ。
自分の持ってた歩き方にもちゃんと載ってた手口だったのに…。

私は、自分の身を守らなきゃという心配もあって、
現地の人と仲良くなりたい願望とかないのに、ついつい流されて行動してしまった。

全部疑うのは寂しいし、面白くないけど、騙されるとやっぱりムカつくし、悲しいし・・・。
これからは、同じ失敗しないように気をつけます!
CATEGORY : インド① | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2009.03.26 *Thu

バラナシに着きました。

昨日、無事バラナシに着きました!
今回も、意外や意外、列車はほぼ時刻どおり。
出発も到着もたった20分遅れでした。インドの鉄道、やるやーん。

agra_cant
アグラ・カント駅

アグラで滞在してたMAYAというホテルを出る時に、
私たちと同じ列車に乗るという、
インド人のガイドに連れられた日本人の男の子がいて、その子が、
「インド大変っすよ!!俺、今まで色んなハプニングありました!
 インドの列車は、インド人が勝手に荷物あさるから、絶対寝ちゃダメっすよ!」
と、ご丁寧に忠告してくれた。
そして、列車出発までまだ3時間もある頃に、
ガイドに連れられ、宿を出ていった。
もしかしたら、高いお土産屋に連れていかれてたのかも・・・。
しかも、デリーで高いツアー組まされたんかな。
その後、同じ車両だったんだけど、
わざわざ私の座席にまで来て、また同じことを忠告された。
気をつけないといけないのはわかってるけど、もー、うるさい!

確かに、その危険性は大いににあって、
私も乗る度に緊張するし、まわりの乗客の様子確認するまで怖いけど、
今まで持ち運んでるだけだったパックセーフを活用して、
荷物も無事だし、危険もなく、寝台列車で爆睡できてます。
デリー→アグラの、エアコンなし寝台はインド人男性だらけだったけど、
アグラ→バラナシは、エアコン付きの寝台にしたら、
小奇麗なインド人や、インド人女性、外国人観光客もチラホラいて安心!
でも、今は友達と一緒だから心強いけど、
ネパールの後は、ひとりで南インドをまわることになるから、
その後は本当に気をつけないと。
また、胃が痛くなるかな・・・。

日本人だけじゃなく、西洋人もインドは気をつけないと!って思ってるみたいで、
自然と電車を待つプラットホームには外国人が集まり、
「どこの車両?」って声をかけあったりして、
みんな同じように緊張してるんだーと思うと、ちょっと嬉しかった。

バラナシまであと4時間ぐらいの時に目が覚めたら、
まわりに、私の友達以外誰もいなくて、もしかして乗り過ごしたかも!
って思って他の乗客探してみたら、
インド人は途中の駅で全員降りたらしく、
私の車両でバラナシに向かうのは外国人観光客だけでした。
インド人が降りる時、まったく気づかず熟睡してたから、
起きた時、ほんと焦ったーー。


***

で、バラナシ!

vara_0
人や牛や、リキシャでいっぱい!!

バラナシがめっちゃいい!ってたくさん聞くけど、
やっぱり私は感動が薄いのか、何がそこまでいいっていうのかわかんない。
だって、ゴミゴミしてるし、路地は汚いし、停電もするし、
ひとりで歩いてると、「マダーム」「マダーム」とやたら声かけられるし、
雑貨も、かわいいのもあるけど、それほど惹かれるものもない。

ただ、牛一頭、人ひとりがようやく通れる小さな路地は迷路のようで、
それは日本とは全く異世界で、そこを歩くだけで面白かったりします。
ガンガーは、東側は何もなくて、西側にはガートや建物がいっぱいあって、
それを見渡せる風景は、結構感動だったかも。

写真を更新できてなくて悔しいんだけど、
いつかまとめて更新します。


昨日は、GANGA FUJI HOMEというゲストハウスに泊まってたけど、
ツイン1室440Rs(約880円)もするのに、バストイレ外で、
部屋も普通だったので(ただ、シャワーがめっちゃ熱くて嬉しかった!)、
BABAゲストハウスに引っ越しました。
ここは、バストイレ付きで、1室250Rs(約500円)。
ありんこがベッドの上で何匹か歩いてたけど、まぁガマン。
ここに2泊して、土曜日にネパールのポカラに向かいます。
涼しい国、楽しみーーー♪♪

そして、ここバラナシのネット代の相場は、1時間20Rs。
自分のPC使えるとこがなかなか見つけれません!
ネパール行ったら、もっと難しくなるかも。
CATEGORY : インド① | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2009.03.24 *Tue

インドの鉄道チケット。

またさっき、インド人にイラっときてしまいました。

今夜、21時発の鉄道でバラナシに向かうチケットを、
宿のオーナーに2日前(日曜日)にお願いしてたんだけど、
今朝、念のために確認したら、チケットはとれてるって言ってたのに、
17時にレイトチェックアウトしたら、
21時のチケットはフルだったので、23時半に変更って言われた。

日曜日、宿の近くのインフォメーションで
自分たちで買おうと思って行ったけど閉まっていて、
早く予約しないと満席になっちゃうしと思って頼んだのに!!

遅くても月曜日に手配してくれてると思ってたのに、
たぶんチケットを手配したのは、当日の今日、火曜日じゃないんだろうか。
だって、ついさっきまで、21時発だからって他のスタッフから言われてたし。

23時半発で、バラナシの到着予定時間が翌日11時。
たぶん遅れるやろうから、到着が昼過ぎになってしまう。
昼過ぎならともかく、夕方になっちゃったら、宿探しが大変やんーーー!

チケットすぐ手配できないなら、
自分たちで外国人専用オフィスに行って買ったのに!!


似たようなことがコルカタでもあって、
同じように、サダルストリートにある旅行代理店に、
コルカタ→デリーのラージダーニエクスプレスの予約をお願いしたら、
ハウラー駅発のは満席だから、
シアルダー駅発(両方コルカタにある駅)でラージダーニがあるから、
出発、到着時間もほぼ同じだし、そっちなら取れるというのでお願いして、
翌日の出発2時間前にチケットを取りに来いというので取りに行ったら、
なかなかチケットを発行してくれず、
「システムがビジーなんだ」みたいなことを言われたけど、
そもそもすぐ予約手配をしてくれてたら、
Eチケットなんだから用意できてるはずなんじゃないの?とイライラし、 
私が「早くして!シアルダー駅まで歩いて行くんだから!」
と何度も怒ってたら、
「ハハハ。急がなくても大丈夫だよ。タクシーで30分なんだから」
って。
だから、歩いて行きたいって言ってるし、
しかもそもそも2時間前に用意してるって言ってたやん!
と怒り爆発させて、何度もせかして、
結局、出発1時間前に私の座席が確定し、
しかも、ハウラー駅は満席って言ってたくせに、
シアルダー発は取れなかったからハウラー駅発だと言われ、
タクシーでハウラー駅に向かったのでした・・・。

たぶん、私が申し込んだ時点で予約したんじゃなくて、
後から手配したか、もともとそのつもりだったのか、
キャンセル待ちをシアルダー発とハウラー発の両方に
してたんじゃないかと想像してるんだけど・・・。
それやったら、最初からキャンセル待ちやと言え!!
普段の自分ひとりの移動なら、急な変更でも構わないけど、
デリーで待ち合わせしてた友達に、自分の列車の番号とか連絡してたから
ほんまムカついてしまった。

代理店手数料300Rp(約600円)も払ったのに・・・。
二度と使うもんか!!


で、ここアグラで泊まってる宿のオーナーは、商売熱心そうだし、
信用できるかなと思ってたけど、結局同じやった。

日本と同じ感覚でサービスを求める私が悪い?
でも、外国人相手に商売してたら、普通のことやと思うねんけど。
インドの常識って、いったいどんなん?

しかも、
インドで一番の豪華列車ラージダーニ(エアコン・毛布&シーツ、ご飯付き)で、
コルカタ→デリーで、チケット代金が1535Rpやったのに、
それよりも距離が短いアグラ→バラナシで、エアコンは付いてるけど、
ご飯も付いてない今夜の列車は、1350Rpだとか。

radhi_1 radhi_2
↑ラージダーニExpの車内と、ゴハン。ゴハンは、おやつと夕食(アイス付き!)、朝食と3回出た。
 味はまぁまぁ。飛行機の機内食みたいな感じ。お茶のサービスも何度もある。

最初は、1600Rpとか言われたけど、高いって言ったら、1350になった。
たぶん、チケット手配手数料を値引いてくれてる(ハズ)。
まだチケットの現物を見てないから、わかんないけど・・・。

インドでは、自分で窓口で手配するのが一番だ!
とあらためて思った先ほどでした。

ということで、20時には宿を出ようと思ってたけど、
22時で十分になってしまったので、
またこうして、ネット屋で時間をつぶしてる訳です。

コルカタ→デリーは、予定時刻に出発、到着は15分遅れ。
デリー→アグラは、予定時刻に出発、到着は30分遅れ。
今のところ、ウワサよりずいぶん正確になったもんだと思ってたので、
今夜もそう願います。
CATEGORY : インド① | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2009.03.23 *Mon

ケオラディオ・国立公園

んー、昨日の日記、なぜか折りたたまれてますね。
使ったPCの関係?? 設定変えてないのに、なぞ。
昨日きたネット屋さんが、聞いてみたらWi-fi使えるというので、
今日は、自分のPCを持ち込んで書いてます。
めっちゃ小さい小屋みたいな場所なんだけど、意外とちゃんとしてた。


今日は、朝4時に起きて、アグラから車で約1時間半ぐらいのところにある、
ケオラディオ国立公園というところに行ってきました。

軽自動車をチャーターして、1台で200Rp(約400円)と宿のオーナーに聞いたので、
安すぎるなーと思いつつ手配したら、
当日の朝、1200Rp(約2400円)とドライバーに言われた。
英語に乏しい私が聞き間違えたのか、宿のオーナーが言い間違えたのか(たぶん前者)、
とにかく予算オーバーだったので、朝5時にオーナーを叩き起こして、
確認してみたら、やっぱり1200Rp。

悩んだけど、バラナシに向かうのは明日だし、アグラにいてもすることないし、
自分で行くにしても、情報が歩き方のミニコラムだけど、地図も何にもなくて、
自分たちじゃどうしようもなかったので、1000Rpに値切って行ってきました。

keo_park1

keo_park2

keo_park3

keo_park4

公園は、静かで、キレイで、ゴミゴミしたインドの街中とは大違い!
(入場料200Rp)
鳥がいっぱいいて、双眼鏡さえ持ってこなかった私達は、遠くからしか見れなかったけど、
それでもなかなか楽しかったです。

北インドは、4~5月が猛暑らしいけど、まだ朝晩は涼しくて、
自転車を借りて広大な公園内を走りたかったけど、
レンタル自転車を置いてると、ガイドのリキシャの商売があがったりなのか、
今はもうないって言われ、1時間半ほど歩いて、
帰りは入り口までリキシャで帰ってきました。(1台1時間50Rp)

そして、アグラに戻ってきたのが12時。
昼寝して、やることがないので、またこうやってネット屋さんにいるワケです。

写真をアップしたかったけど、デジカメを宿に忘れてきてしまったので、
また後日、更新しますー。
CATEGORY : インド① | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2009.03.22 *Sun

アグラにいます。

今、アグラにいます。
無事インドに入国し、デリーで待ち合わせしてた友達とも合流でき、
昨日ここに着きました。

デリー、アグラでは特に問題なく、楽しく過ごしてたのですが、
コルカタでは、腹の立つことばかりで・・・

ここアグラでは、Wi-fiが使えるところを見つけれてなくて、
しかも、コルカタではネット1時間15Rp(30円)ぐらいだったのに、
アグラでは1時間50Rp(100円)とかが相場です。

1時間20Rpでいいよというおじさんがいて、
ぜんぜんネットカフェじゃない店に入ったら、
1台しかない自分の店のPCを使えと。
ハイスピードだと言ってたのに、
PCの立ち上げに5分ぐらいかかりそうでした。

そこは遠慮して、あちこち探し、日本語が読めるこのネットカフェに、
1時間30Rpで交渉して、使わせてもらってます。

話は戻って、そのコルカタでのむかつく出来事を自分のPCで下書きし、
USBでインターネットカフェで更新しようとしたら、
文字化けして、どうにもなりませんでした。

ということで、それはまた後日。


今日、タージマハルを見に行ってきました。

taji_1

写真で何回も見てるので、深い感動はなかったけど、
それでも見に行ってよかったです。やっぱりキレイ!
影になってる部分は涼しくて、大理石が冷たくて、
ついタージマハルで寝転がって昼寝してしまいました。

taji_2
↑タージマハルで寝転がって見上げた青空。

明日は、アグラとジャイプールの間にある、
ナントカカントカという国立公園に、朝5時起きで、
バードウォッチングに行ってきます。

日帰りで訪れる人も多いこのアグラで、3泊もする予定。
大観光地なのに、騒々しすぎないこの田舎のアグラは、
小さくて、のんびりできて、雰囲気は好きだけど、
何もなさすぎてちょっと飽きてきました。
あさっての夜に、鉄道でバラナシに向かいます。

あ、カレー美味しいです!
1皿9Rp(18円)のカレーから、
140Rp(280円)もする高級カレーまで食べたけど、
両方好き。
安いほうは、インド人仕様なので、かなりスパイシーです。
高級なのは、バターたっぷりで、日本で食べるインドカレーと似てる。
今のとこ、お腹も順調。

curry_1
↑コルカタで食べたそのへんの食堂の1皿9Rp(18円)のカレー。
 かなりスパイシー!でも好きー。

curry_7 curry_6
curry_3
↑アグラで3日間通い続けた、そのへんのカレー屋。1食100~150円ぐらいで食べれるけど、
 たぶん中級か高級のたぐい。ちょっと小奇麗なインド人のお客さんばっかり。
 ここの1枚3Rs(約6円)のチャパティが、高級なナンよりもめっちゃ美味しくて!!
 焦げ目が香ばしくて、もちもちで、またこんなチャパティーに出会いたいー。

maya_restaurant curry_4
↑泊まってたMAYAホテルのレストラン。雰囲気は結構よかった。
 チキンマカニ(ハーフで240Rs)が評判いいとのことで頼んだら、バターたっぷりで
 美味しかった!マトンカレーも、全然お肉に臭みがなくて美味しかったー。
 でも、20%オフにしてもらって、1食500円ぐらいする。超高級。

curry_8 curry_5
そのへんの屋台で売ってたサモサ。2個10Rs。アツアツでめっちゃ美味しかった!


最近痛かった胃も、ウソのように収まりました。
やっぱり、恐ろしいインドに行くって気構えのストレスだったのかも。

ただ、日中はかなり暑いです。歩くだけで結構疲れます。
とはいえ、かなり贅沢なホテル(1泊ひとり500円ぐらい)に
泊まってるので、わりと快適。

自分のPC使えるまで、写真はなかなかアップできないけど、
インドの日記もまた、お付き合いください。
CATEGORY : インド① | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2009.03.18 *Wed

そろそろタイも終わりです。

やっと、ブログ追いつきましたー。
だんだん手抜きになってるような気もするけど・・・
文章が下手なので、写真いっぱいアップしました。

明日の午後にバンコクを出発して、とうとう恐ろしいインドに向かいます。

21日に友達とデリーで待ち合わせをしたので、
コルカタに着いた翌日に、ラージターニという豪華(らしい)夜行列車で、
デリーに向かいたいんだけど、
自分でネットで予約しようとしたら、NG。
デリーの旅行代理店にメールで手配をお願いしたら、
最初は、2等ならとれるって言ってたのに、満席って返事が!!

コルカタに着いて、空港か鉄道の窓口で購入すれば買えるかもって。
買えるんかなー??キャンセル待ちってことよね。不安!!
前日の購入になるんだけど、どうか取れますように・・・。神様・・・。
というか、コルカタの空港から無事に町までたどりつけるんやろうか。
あー、あー、何も起こりませんように!!
CATEGORY : タイ① | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2009.03.17 *Tue

バンコクにて近況報告。

今、バンコクのカオサン通りの1本北の通り沿いの、
ちょっとリッチなホテルに泊まっています。めっちゃキレイで嬉しい!

こんな高いホテルに泊まるつもりは無かったんだけど、
自分のPCを部屋でネットに繋げる宿を探したら、こんなとこしかなかった。
中国ではいっぱい使えたのに・・・。やっぱり中国は旅しやすかった。
ここは、1泊650B(シングル)+1日ネット使用料100B。約2000円。
この旅、初めての贅沢です。
あまりにキレイすぎて、この部屋にいると、日本にいるみたいです。
(でも、たまにネット回線が切れて、PCを再起動しないとつながらない。
 この日記も一度消えた…泣)

ここで3泊して、19日にAIR INDIA EXPRESSにて、インドのコルカタに飛びます。
みんながシーク教って呼んでるカオサンにある旅行代理店で手配して、
3350Bでした。(1万円弱)
あとから、HPで航空券の値段を調べてみたら、
100円以下のわずかな手数料しか取られてなかった。良心的!

ここ、バックパッカーが集まるカオサン辺りにいたら、
今まで出会った人たちと再会できました。

中国の昆明で同じ宿だった、カナダ人のデイビット。
景洪で別れてから、数回メールのやりとりしてたんだけど、
わざわざ私の宿泊ホテルまで会いに来てくれました。
彼は、50か60歳ぐらいだと思うんだけど、節約家。
西洋人には珍しくタクシー嫌いで、すすんで公共交通機関を使う。
バンコクでどこ泊まってるの?って聞いたら、
カオサンから20分ぐらい歩いた、ユースホステルだかのドミに泊まってて、
1泊100Bだかなんだかって言ってた。さすが!
昆明から景洪に移動するバスで、中国人の詐欺師が乗ってきて、
「トランクに荷物預けたなら、1kg10元払えー。学生証持ってるなら半額や。」
って言われた時、デイビットは絶対払わないだろうと思ってたら、
ちゃんと追い払ってくれた。

あと、バンビエンで一緒にツアーに参加したナオキくん。
旅で再会すると、親近感沸くし、嬉しい!
しかも、偶然、隣の隣ぐらいのホテルだった(笑)
もうすぐ旅を終える彼から、蚊よけグッズや、ポカリの粉末をもらった。
ありがとう!!

それと、上海で一緒だったトオルくんもいるはずなんだけど・・・
どこにいるんやー。


日中は、粛々とブログの更新しています。
まだ全然途中なんだけど・・・。
タイを出るまでに仕上げていくので、よかったら遡ってみてください。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 
CATEGORY : タイ① | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2009.03.16 *Mon

3ケ国め。タイ。

ビエンチャンのバス停から、タイの国境の町ノンカイまでのバス(15000K)に乗って、
3ケ国目のタイに入国しました!

ノンカイは今日がお祭りらしく、
ヒョウメンチョウリョクというゲストハウスが見つかれば、
そこで1泊しようということになったけど、場所がわからず、
その日の夜行列車で、バンコクに向かいました。
寝台は満席だったので、ファン付きの二等(イス)で388B(1050円ぐらい)。

thai_train1 thai_train2

前日は南京に遭遇したおかげで睡眠不足だったので、
イスでもぐっすり寝れました。

***

タイに着いてからは、寺裏のピーチーゲストハウスで2泊。(1人1泊100B)
1日目はまいちゃんとケーイチくんと一緒にカオサンあたりをぶらついて、
2日目は、ひとりでウィークエンドマーケットと、サイアムスクエアに行ってきました。
特に何も買わず、食べてばっかりだった(笑)

thai_food1
春巻きー。揚げ物やめられない。20B。

thai_food2
串焼きー。ソーセージ(20B)より、牛肉(10B)のが美味しかった。

thai_food3
ココナッツアイス。ココナッツのカップがかわいい!25B。

thai_food5
みかんジュース。何回も飲んだ。ポンジュースより美味しい!小10~15B、大25B。

thai_food5
パッタイの屋台。春巻きと一緒に。これも何回も食べたー。
パッタイ30B。春巻き1本10B。

夜は、日本の友達が偶然タイに来てたので、待ち合わせしてゴハン。
なんだか、タイにいるのにタイじゃないみたいで、不思議だったー。
バンコクのお寺でお守りを買ってきてくれた!
お守りって、今まではもらっても喜ぶようなものじゃなかったけど、
この旅のためにもらうお守りは、本当に嬉しい。
私にはたくさんの神様が付いててくれてるハズ!!

3泊一緒だったまいちゃんとケーイチくん。
まいちゃんは、小さくて、一見かよわそうなのに、
強くて自分の夢を持ってて、めっちゃ素敵だった。
ケーイチくんの描く絵も優しくて、なんだか愛情あふれてて。
2人と一緒に過ごせて楽しかったよー。ほんとうにありがとう。
これからも応援してます!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 
CATEGORY : タイ① | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2009.03.13 *Fri

ビエンチャンで恐怖体験。

3月12日。ビエンチャンに移動してきました。

バンビエンからビエンチャンまでは、
大きなツアーバス(50000キップ)だったので、
冷房も効いて快適だったし、予定どおり4時間ぐらいで到着。

ただ、着いたのが夕方だったから、宿がなかなか空いてなくって…。
1室トリプルで100000キップの宿にようやくチェックインすると、
シーツに嫌な染みが…。

バックパッカーの人は、すぐにピンと来ると思うけど、そうですアレです。

もしかして…と思ってたら、でました!ベッドの上に、南京虫らしきものが!!
(南京虫に噛まれると、とんでもない痒さに襲われ、跡は半年ぐらい消えない。
 ひどい人は、100ケ所とか噛まれる。
 バックパッカーがゴキブリより嫌う最強の虫。)
ケーイチくんがつぶしてくれたけど、なかなか死なない!
その生命力に恐怖!!
でも、ただの虫かもしれないし…と思ってシャワーを浴びにいったら、
私の袋に、また奴が!!

部屋に戻ると、また数匹出現。
もし南京虫だったら、私達が朝起きたら、全員体中噛まれて、
痒さに悶えるに違いない…。

宿のスタッフに確認したら、やっぱり南京らしくて、
部屋を変えてくれると言ってくれたけど、1つは同じ階で、
怪しい染み(南京をつぶしたら血が出て、その染みがシーツに残る)が
いっぱいあって、
安全そうなのは、ダブルベッドひとつの冷房付きの部屋だけだった。

南京を連れていかないようにカバンをチェックして、
3人で川の字になって、電気を付けたまま寝ました。
心配だったけど、噛まれなくてよかった。

今となっては面白かったけど、本当に怖かった。
ひとりじゃ絶対寝れなかったと思う…。

nankin_h nankin_h2
南京宿。この狭いベッドに3人小さくなって寝た。NAPHAVONG GUEST HOUSE。

でも、ビエンチャンでは、満室だったゲストハウスのオーナーに
スイカシェイクをご馳走になったり、美味しいパン屋に行けたり、結構楽しかった!

bakely
ケーイチくんオススメのスカンジナビアベーカリー。美味しかった!

iguana
イグアナがネット屋さんに飼われてた。ぽってりしてカワイイ!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 
CATEGORY : ラオス | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2009.03.12 *Thu

今日、バンビエンを発ちます。

今、ラオスのバンビエンという小さな町にいます。
ここは、外国人観光者が集まる、外国人のために発展したような町で、
小洒落たカフェや、川遊びをするアクティビティが充実してたりします。

ここで2泊して、今日、ラオスの首都ビエンチャンに向かい、
あさってに、バンコクに向けてまた移動します。

ラオスはネットが高くて、宿にインターネットがないところがほとんどなので、
なかなかブログ更新できてません・・・
今、自分のパソコンでアクセスしてるこのネット屋も、
1分250キップ。(1時間180円ぐらい)
日本だったら、1時間100円ぐらいやったっけ?
たった180円だけど、私の旅でアジアで1時間180円なんて高いんです・・・。

バンコクに着いたら、1週間ぐらいゆっくりしようかなーと思ってるので、
そこで、中国の景洪からラオスまでの下書きしてた日記、更新します。

バンコクでは、人様に迷惑をかけ続けた私のくそ重たい荷物の整理と、
インド行きの安いチケットを探します。
あー、バンコクかなり暑いらしくて、ちょっと憂鬱・・・。
寒かった中国が恋しいです。

とりいそぎ、近況のご報告まで。
CATEGORY : ラオス | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2009.03.11 *Wed

ルアンパバーンからバンビエンへ。

3月10日。
ルアンパバーンからバンビエンへ移動。
ウドムサイから来たバスと違って、外国人ばかりのミニバス。
110000キップもした。高い!

バンビエンへの道のりは8時間ぐらい。
いつかどこかで体験するだろうと思ってたけど、早速遭遇しました。
バスのタイヤのパンク。

taiya
↑面白がって見学する乗客たち。誰もイラついてなかった。

パンク自体は15分ぐらいで修理が終わったんだけど、
エンジンの調子も悪かったみたいで、
バンビエンまであと20キロちょっとというところで、車が止まってしまった!

他のバスがピックアップに来てくれるまで待つことになったけど、
裕福そうな現地人の人が車の荷台に私達を乗せて、
バンビエンまで連れていってくれました!
(ミニバスの運転手が、いくらかお金を渡してたけど。)

toyota1
びゅんびゅん飛ばすTOYOTAの前に牛が・・・かわいい!
車の荷台の乗り心地は、おしり痛かったけど、風が気持ちよかったー。

ushi_bang
途中で会った牛。めちゃかわいいー。

toyota2
バンビエンまであともうちょっとってところ。

***

バンビエンでは、景洪でユースケくんに教えてもらった、
洞窟チュービング&カヤックのツアーに行ってみたくて、
ひとりじゃつまんないなーと思って、
同じバスに乗ってた日本人の男の子を誘って、翌日行ってきました!

bang_tour2
洞窟の入り口。最初はめっちゃ怖かった…。

bang_tour3
中はまっくら・・・。暗所、苦手なんだけど、みんないたから大丈夫だったー。

bang_tour4
お昼のランチ。ボリュームたっぷりで美味しかった!みかんとバナナのデザート付き。
あと、ひとり1本ビックボトルのお水も。

bang_tour7
午後はカヤック。(写真は夕方だけど)

bang_tour6
川の途中で、飛び込み台や滑り台のアトラクションがあったり。

bang_tour8
水浴びしてた牛。かわいい!!


ユースケくんに紹介してもらった、できて1ケ月もたってない、
ワンダフルツアーは日本語を話せるガイドがいて、スタッフも日本人びいき。
120000キップのツアーを日本人だけは100000キップにしてくれて、
夜や朝に顔を出すと、ごはんやお酒を出してくれた。
カオニャオは温かかったし、マンゴーの葉っぱのラープも美味しかった!
ここまでしてくれるのは、それだけ、儲かってるんだと思う。

w_tour1 w_tour2
ワンダフルツアー。右は若社長。

このツアーで、日本人6人と一緒だったんだけど、
みんないい人で、メンバーに恵まれてよかった~!

ここで知り合った、まいちゃんとケーイチくんがバンコクに行くというので、
私も一緒にあいのりさせてもらいました。
まずはビエンチャンで1泊。そして翌日バンコクに向かいます。

バンビエン、結局私は2泊しかしてないけど、
物価高いけど、のんびりしたり遊んだりするには楽しい場所でした!

bang
町はちっちゃい。

bang2
川沿いにコテージがあったりして、いい雰囲気!

youth_h
ガイドブックにはまだ載ってないかもやけど、ユースが出来てた!きれいそうやった!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 
CATEGORY : ラオス | THEME : 日帰りお出かけ | GENRE : 旅行

2009.03.10 *Tue

ルアンパバーン。

ルアンパパーンは1泊しかしなかったけど、
小さなこの町を一通りぶらっとしました。

luan_river
↑ルアンパバーンのメコン川。写真のボートはスローボート。
1泊2日かけて、ルアンパバーンまでこのボートで移動してくる人が多い。
(でも、その1泊する宿は、22時には電気が消え、散々らしい・・・)
ヘルメットかぶって、水しぶき浴びながら、スピードボートで数時間で来る人もいる。

ここも田舎町で、のんびりしていて、ほんと何も無い。
luang_prabang

luang_nightmarket
↑ルアンパバーンのナイトマーケット・・・の準備中。
 私は買わなかったけど、カワイイものもあったよー。

出発当日は、5時起きして、托鉢を見に行ってきました。

takuhachi1
ずらっと並ぶお坊さんたち。

takuhachi2
観光客も、カオニャイとか、20キップ札の束を買って、参加できる。

takuhachi3
托鉢が終わると、観光客が持った食べ物やお札のおこぼれをもらおうと、
むらがる子供たちと犬(笑)。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 
CATEGORY : ラオス | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2009.03.10 *Tue

コールドリバーと日本人。

ここ、ルアンパバーンで、
あんまりキレイじゃないよと言われてたコールドリバーに泊まったのは、
ここは日本人がたくさん来るって聞いてたから。(地球の歩き方にも載ってる。)

ラオスのアクティビティは、ひとりより誰かと一緒の方が楽しいし…。
そう思って、誰か友達できるかなーと思って来たんだけど、
感じ悪い日本人に出会った。

学生らしき男の子と女の子の2人組だったんだけど、
宿に戻ったら、こんにちはって声をかけられたので話してみたら、
男の子は、ドラッグ欲しい~ってテンション高いし、
女の子は、気が強そうで、上から目線で話をする。

私が「本当はチベット行きたかったんだけど、今外国人が入れないみたいで」って
話したら、
彼女「ツアー組んだら行けるはずだけど。」
私「(そんなこと私も知ってるけど…)。
   この2~3月は、どこもツアー組めなくて、諦めてる人いっぱいいるよ。」
彼女「そんなこと聞いたことないけどなぁ。行けると思うけど…。」
って、私が勘違いしてると決めつけて、自分の情報しか信じないし、

彼らはバンコクで知り合って、一緒に来たって言ってたので、私が、
「じゃあカオサンで泊まってたの?さくらとか?どこかオススメのホテルある?」
って聞くと、
二人「あ~・・・カオサンね。俺ら、カオサンには泊まらないから。寺裏に泊まったし。
   しかもさくら?なんでそこがいいのか意味わかんない。
   日本人とつるみたかったらいいかもしれないけど、
   あそこの宿にいる客は、面倒な人多いしうるさいしねー。
   でも、日本語が恋しいなら、さくらもいいんじゃない?」

そのゲストハウスは、英語ができなくて、旅慣れてない私のために、
仲間や情報を入手しやすいように紹介してもらった宿。
日本人がたくさんいる宿に泊まる人をバカにしてるような素振りを
見せた彼らが泊まってるこのコールドリバーも日本人いっぱいいるって、
有名だと思うんだけど…。

と思って、「このホテルも日本人多いよ」って言ったら、
「俺ら、まだラオスに来て3日だから、知らなかった。」って。
私もまだ4日目やし!
しかも、あんたたちこそ、日本人同志つるんでるやん!
それで私に、日本語恋しいなら、日本人宿行けばって…。

自分たちは人と違うみたいに寺裏に泊まるって自慢げに話してたけど、
その時は私も気付かなかったけど、
そんなん本にも載ってるし、大した情報じゃないやん!

他にも、
「もしかして、海外旅行初めて?
 今までどんなツアー(ツアーということをバカにしてるっぽく)とかで、
 どんなとこ行ったの?」
「英語は話せるの?(もちろん俺らは話せるぜ)」
とか、感じ悪い質問が多かった。

私は、ツアーを使わない旅をしてる人間が旅慣れてるなんて思わないし、
本当に旅慣れてる人は、適宜ツアーを使ったり、自由旅行をしたり、
その時々に柔軟な行動をとったりすると思うし、
自分と他人の旅のスタイルを、比べたりなんかしないと思う。

私は、日本人と一緒にいるのも好きだし、
幸いにも今回の旅で、親切な西洋人とたくさん会えたから、
魅力ある素敵な人なら、日本人でも外国人でも、仲良くなりたい。
「日本人宿だから避ける」とかいう人がたまにいるけど、
そういうのにこだわってる人ほど、日本人が好きか、
もしくは自分にコンプレックス持ってるんじゃないかとさえ思う。

少なくとも、私が出会った「本当に」旅慣れてる人たちは、
日本人、西洋人共に、
私が欲しがってる情報を、私の立場で考えてくれたし、
自分が旅慣れてるなんて、自慢する素振りを見せた人なんか誰もいなかった。

しかも、彼らが話す英語を聞いたら、私とあんまり変わんなかったし…
白人見て、「あいつらカッコいいなー!」とか言ってる割りには、
話かけもせず、日本人やたどたどしい英語を話すラオス人にしか話しかけないし。

「日本人とつるまないことがカッコいい」と勘違いしてる彼らの行動は、
矛盾点も多くて理解しがたかった。


で、私は何が言いたいかというと、
今まで私が出会えた旅慣れた人たちは、心が広くて、優しくて強くて魅力があって、
彼らに教えてもらったこと、助けてもらったこと、一緒に楽しめたことに、
あらためて感謝の気持ちを抱いたワケです。

この旅で、私は自分の無力さを何度も感じます。
海外旅行には今まで何度も行ったし、ひとりで行ったことも2度あるけど、
今回みたいな旅は初めてだし、本当はめっちゃ怖がりの私にとっては、
少しつまずくと凹んだり、ふとしたことで寂しくなったり・・・。

日本で仕事してる時は、自分の役割もあったし、
何かしら誰かの力になれてると感じることもあったけど、
今は私は何もできなくて、むしろ助けてもらってばっかりで。

もちろん、慣れるためには経験を積まないといけないので、
今は仕方ないとか思うけど、
いつか私も、優しくて強い彼らみたいになりたい。

coldriver
★コールドリバー
ガイドブックにはめっちゃ清潔・きれいとか書いてあるけど、
それはたぶん高い部屋のことで、私の泊まった安い部屋は、そんな感じじゃなかった。
ウドムサイで泊まったホテルと同じ金額なんて信じられない。
せめて、誰かとシェアして泊まりたかった…。
coldriver_room
↑私が泊まった部屋。キレイに見えるかもやけど、コンセントは使えないし、結構ボロかった。
 あと、水まわりがビミョーやった。これでダメなんて言ってちゃダメなんだけど。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 
CATEGORY : ラオス | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2009.03.09 *Mon

ウドムサイ→ルアンパバーン。

3月9日。

今日は、ラオスでとうとう一人になる日。
私はラオスの次の街、ルアンパバーンへ。
フジさんは自分の自転車が待ってる中国の景洪へ。
フジさんと一緒にバス停行って、
ルアンパバーン行きの自分のバスを見たら、15人乗りの小さなミニバン。
ラオス人ばっかりで、外国人誰もいないし…コワイ。

なんで私がこんなにビクビクしてるのかというと、
フジさんがラオスで体験した、いかがわしくて恐ろしい体験記を読んだから・・・。
しかも、ラオスが葉っぱ(ドラッグ)天国だったなんて、
フジさんとユースケくんに会うまで知らなかった!!
ここラオスには、葉っぱ入りのピザとかがあったりして、
好きな人にはたまらない国だそうです。

そもそも私は、ラオスに全く興味がなかったんだけど、
中国で知り合った西洋人たちが皆ラオスに行くっていうし、
なんで行くの?何がそんなにいいの?って聞いたら、
「自然がいっぱいあって、物価も安くて、いいところなんだ!」
って言うので、それなら行ってみてもいいかなと思ったんだけど、
自然はいっぱいあるけど、そんなの他の国にもいっぱいあるし、
物価は決して安くないし、(アイスクリームの値段とか、日本と変わらない)
それ以外の理由を知って、なんだか納得。

そんな感じで、ラオスに対して頭でっかちな妄想を抱いて出発です。

lao_bus
このバス停はルアンパバーンだけど、右の車が私の乗ったバス。

そろそろ旅の出会いと別れにも慣れてきたかなと思ってたけど、
フジさんが去っていくバスを見た時、やっぱり涙が出た。
憧れてた人だったのに、全然私に気を使わせない、気さくなフジさん。
(もうちょっと気を使った方が良かったかな、ごめんねー。)
いっぱい楽しませてくれて、本当にありがとう!!

***

運良く助手席に座れた私は、乗り心地は快適だったけど、
相変わらず道はガタガタ道で、
居眠りしたら、窓に頭ぶつけたり、
車の揺れで、思いっきり首がガクってきて痛くて目が覚めたり。
このまま寝続けたら、首が折れて死にそうでした。

ルアンパバーンまで行く途中、何度も集落を通るんだけど、
紐で車を通せんぼして、お金(寄付?)を求められた箇所が
2~3ケ所あった。
ドライバーが、いくらか払って通してもらってたけど、
なんか、原始的でやくざみたいな商売だった。

ウドムサイを8時過ぎに出発したミニバンは、
13時前にルアンパバーンに到着。(45000キップ)
フジさんが言ってたとおり、5時間のバスは45000キップなのに、
ホテルまでのたった10分ぐらいのトゥクトゥクで20000キップ。
ラオスの値段設定はおかしなものが多いです。
Tシャツが20000キップで、
サンドイッチが10000~15000キップとか。
(10000キップ=約120円)

フジさんとユースケくんに紹介してもらった、
日本人が集まるというコールドリバー(1泊60000キップ)に
無事チェックインできたけど、
なんかくつろげそうにないので、ここは1泊だけして、
翌朝のバスでバンビエンに向かいます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 
CATEGORY : ラオス | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2009.03.06 *Fri

2ケ国め。ラオス入国、ウドムサイにて。

3月6日。
中国の景洪から、ラオスのウドムサイ(OUDOMXAY)まで、移動してきました。

何回も国境越えてるフジさんと一緒だったので、
移動のチケットも両替も、何から何まで問題なかったし、
不安どころか、道中楽しかった。
ほんと面倒かけてごめんねー。もう次は大丈夫だから!(たぶん)

ラオスのウドムサイまでは、
景洪の南側バスターミナルから、
ウドムサイ(孟力寨※こんな感じの漢字)行きが出ていて、
国境の磨憨(モーハン)まで行くバスしかないと思ってたけど、
ちょうど私たちがチケットを取った11:40発のバスが、
ウドムサイまで行くバスだったので、そのまま乗り越して着けました!
56元+30元で、出国・入国手続き含めて、約8時間半。
ラオスに着いてからは、ガタガタ道で結構揺れたし、結構疲れた。

kokkyou
中国とラオスの国境あたり

でも、ラオスに入ってから見れた小さな集落には、
大体どこにも、にわとり・ひよこ、黒豚・子豚、犬が
道路をうろついていて、めっちゃかわいい!
特に子豚がしっぽを左右にふりながら歩く姿はかなり萌えた。
中国は、どんな山の中を走っても、
田んぼがあったり、そこで人が働いてたり、
何かの建物の建築中だったり、人の気配が感じられたけど、
ラオスは、集落以外、山そのまま。
隣の国だけど、道路の作り方も、雰囲気も、全然違いました。

laos

***

ウドムサイは、特に何もない小さな街だったけど、
移動で疲れてたこともあって、1泊の予定が、結局3泊。
(大抵の旅行者は、中継地点のここで1泊して、すぐ移動する。)
毎日、特に何をするでもなく(最近ずっとそうだけど・笑)、
朝起きて、ごはん食べて、散歩や用事して、
暑い日中は昼寝して、夕方また散歩して夕日見て、ごはん食べて、
宿戻って、ゲームしたり、色々話したり。

chineserestran
↑ウドムサイで毎日行ってた中華レストラン。めっちゃ美味しかった!

odomxai_chinese
魚香茄子と、回鍋肉。ここの魚香茄子が一番好きだった。
山盛りごはんとビールも入れて、60000キップ(720円)ぐらい。
ラオス、物価高い・・・。

lao_food1 lao_food2
↑タイのイエローカレーと、魚のラープも食べた。
ラープはレモングラスやパクチーとか香草たっぷりで、クセあるけど美味しかった!


この旅は長くて、毎日が私にとって日常のようなものだから、
ガツガツ観光する日もたまにはいいけど、
もしその町に住んでたら過ごすような休日、という過ごし方が好きです。
グウタラしてるだけとも言えるけど、それでも十分、
その町の空気や雰囲気に触れ合えると思ってます。


oudomxai_yuuhi
Phuu Thatがある丘の上から見た夕日。お坊さんが歩いてた。

oudomxai_airport
ウドムサイの空港。小さい・・・。
oudomxai_airport_yuki
中に入って滑走路を歩けた!地元の若者がいっぱいいて、ごろごろしてた。


ウドムサイで泊まってた宿もめっちゃ快適で、インターネットはつなげなかったけど、
エアコンつけなくても部屋は日中涼しいし、清潔だし、
テーブルやタンス、タオルやきれいなコップもあるし、
水とティッシュ、トイレットペーパーは毎日補充してくれるし、
部屋も5部屋しかなくて、めっちゃ静か。
あ、日本でブログ読んでる人はこんなこと聞いても面白くないよね(笑)
今の私にとって、日本で当たり前のことが、ここではすごく貴重で嬉しいです。
これで一部屋60000キップ。
物価の高いラオスでめっちゃお得なホテルだったと思う。
(結果、ラオスで泊まった宿で、ここが一番良かった)

vivanh_hotel
★VIVANH GUEST HOUSE
ラオスに入ると、ホテルは土足禁止で、トイレは洋式になって、紙付き。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 
CATEGORY : ラオス | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2009.03.05 *Thu

中国からラオスへ。

今日5日、中国最後の夜です。
ここ景洪は、中国というより、タイに近いような雰囲気です。

景洪

お土産屋には、象と一緒にタイって書いてるTシャツとか売ってるし、
中国語と一緒に、タイ語?らしきものが併記されてる看板も多い。
朝晩は寒いけど、日中はかなり暑いし、ここは南国です。
メコン川沿いに、西洋風のコテージがいっぱい建設されてて、
景洪も、2~3年後には、中国人がもっと訪れる大観光都市になりそう。

kanban
↑ほにょほにょの文字。

mecon
↑メコン川。茶色かと思ってたら、そうじゃなかった。

そして明日3月6日、中国とラオスの国境を越えて、
ラオスの北部、ウドムサイという町を目指します。

約3週間、上海→西安→成都→麗江→大理→昆明→景洪と、
駆け足だけど旅してきましたが、私は、中国大好きでした!

1都市だけ、観光メインで来てたら、
つまらない国って思ってたかもしれないけど、
それぞれの街は、それぞれの雰囲気をもっていて、
色んな中国が見れて楽しかったです。

特に、上海と西安の街の違いは面白かったし、
もし西安行きたい人がいるなら、
ぜひ列車で上海から移動して欲しいなー。

中国は、日本では批判的な報道が多いけど、
どこの食堂でも、ごはんが安くて美味しいし、
バスや電車もほとんど時間通りだし親切な人も多くて過ごしやすく、
ユースホステルはレベル高くて、明日中国を離れるのが、
本当に残念です。いつかまた絶対訪れたい!

***

ここ、私の中国最後の街、景洪(ジンフォン)では、
自転車で世界一周してるフジさん(大沢たかお似)と、
2週間フジさんにあいのりしてたユースケくん(江口洋介似)と一緒に、
毎日何をするでもなかったけど、街をうろつき、それぞれの用事を済ませ、
美味しいごはんを食べ、遊んで笑って、
久しぶりに気兼ねなく笑える時間を過ごせました!

chinesefood1
↑フジさんのブログ読んで、ずっと食べたかった魚香茄子!(右下)
 お店によって、味がちょっとずつ違って、どこでも美味しかったー。

majan
↑青空麻雀。
 西安や成都でもいっぱい見たけど、景洪でも麻雀してる人がいっぱいいた。
 日本のルールよりもっとシンプルで、役が無くても、アンコやシュンツをつくって、
 とにかく上がればいいみたい。

majan2
↑牌がデカイ。

chinesefood2
↑蒸し餃子。4元。

chinesefood3
↑また食べる~。ウイグルの麺。10元。
 デミグラスソースみたいであっさりして美味しい。

boat_yuki
↑3人でボートに乗ったー。面白かった。

fuji
↑フジさんと一緒に走ってみたくて、ユースケくんが置いていった昴号で走った。
 ユースケくん、社会人がんばってね!!

今までもなんだかんだ楽しかったけど、
こんなにリラックスして楽しめたのは久しぶり。
本当に二人には感謝してます!

ラオスのウドムサイには、
ビザクリアするっていう用事を作ってくれた(私がお願いして作らせた・笑)
フジさんと一緒に、向かいます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 
CATEGORY : ラオス | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2009.03.03 *Tue

昆明から景洪へ。

今、私は中国のだいぶん南、ラオスに抜ける人が多くいる街、
景洪にいます。

旅立ち前は、成都から麗江にいった後、
また成都に戻ってチベットに行くつもりだったんですが、
この2~3月は、チベットのお正月や、昨年の暴動の一周年やらで、
チベット自治区が閉鎖されてて、外国人が行けなくなってしまい、
私以外にも、諦めてる旅行者がいっぱいいて、私のように南に抜けていきます。

私は、東南アジアには行かずに、昆明でインドに向かう格安航空券を
探そうと思ってたのですが、
昆明でのホステルCLOUDLAND(←めちゃ快適!)で一緒になったカナダ人が、
昆明からの国際線は高いから、それならバンコクまで行った方がいいよ、
と薦めてくれ、
その彼がまず向かう長距離バスの行き先が景洪で、
しかも、私がずっと一度会って話したかった、
もう3年前からブログを読んでる旅人がここ景洪にいて、
もしよかったらおいでと誘ってくれていて、
それならもう、昆明にいる理由はない!と思って、
予定を切り上げ、チェックアウトして、早速移動してきたわけです。
今朝、無事にその方と相棒さんと合流できました!

昆明から、ここ景洪までは、寝台バスで約11時間(172元)。
昆明には戻らず、このままラオスを通って、バンコクまで向かおうと思ってます。

ただ、予定外のラオスもタイも、ガイドブック持ってないし、国境越えが不安・・・
ということで、一緒にラオスに行こうと口説いてます(笑)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 
CATEGORY : 中国 | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2009.03.01 *Sun

さよなら麗江。そして大理へ。

とうとう、麗江もお別れの時。

2月28日 11:15のバス(42元)で、ヴィッラと大理に向かいます。

mama
MAMAと。

minimama
リトルMAMAと。

neco1 neco2
tori inu1
かなり萌えやった動物たち。

alina.jpg
アリーナはめっちゃ寂しそうやった。私も泣きそうになった。
アリーナは、最初は怖そうと思ってたけど、
みんなの難しい英語を、いつも私のために簡単な英語に変えてくれた。
中国語も話せるし賢いし、憧れたわー。

***

再び、2人になった私たち。
向かう方向が同じとはいえ、私もいつまでもヴィッラに甘える訳にはいかないし・・・
上海でも寂しい思いをしたけど、今度もまた同じ思いをしなきゃいけない。
あー、どうしようかなー、と思ってた大理までの道中、
中国人のおばちゃんと意思疎通を図ろうとしてたヴィッラが、

ヴィッラ 「 I miss アリーナ、うんちゃらかんちゃら」

私 「うん、うん、えーっと・・・なんて?」

ヴ 「ユキ!なんで君は、わかってないのに、I understand と言うんだ!
   こないだもわからない時は、yes,yesと言うなと言ったじゃないか!」
   (実は、トレッキングの時も、わからない単語があったら言ってと言われてた)

私 「ちゃうねん、ヴィッラ!
   私がうん、うん聞いてるのは、I understandの意味じゃないねん!
   ただうなづいてるだけやねん!」

ヴ 「フィンランドでは、そんな風に、人の話を聞かない。」

私 「あなたや皆が話した後、何て話したのか、いつも考えてる。
   しばらくしてから、何て言ってたかわかることだってある。
   その時はすでに会話が終わってることもあるけど・・・。
   時間をちょうだいよ!私も10年間英語を勉強したから、たくさんの単語を知ってる。
   でも、思い出すのに時間がかかるねん!」

ヴ 「それなら、その時に、ちょっと待って!って言えよ!
   そうじゃないと会話ができないじゃないか!僕は待てる!」

私 「そうですね、ごめんなさい・・・」

ヴ 「さっき、僕は、中国語をいつも訳してくれるアリーナがいたらいいのにって
   言ったんだ。」

私 「 I understand.」

ヴ 「・・・・・」

私 「・・・・・」

しばらく気まずい雰囲気・・・。

ヴィッラは、トレッキングの時に、
君の旅には英語が絶対必要だから、もし、わからない言葉があれば、
聞くなり調べるなりして、英語を学ばないとダメだよって、心配してくれてた。

私もそう言われて、会話を聞き流さないように、
わからないことはちゃんと聞くように心がけてたけど、
癖で、話終わるまで頷きながらいつも聞いてたから、
それが理解してるっ意味だと思われてて・・・。

やっぱり英語が出来ないのってツライ。

***

麗江を出発してから3時間半後に大理に到着。

MAMAゲストハウスにいた旅人に教えてもらった、
オーストラリア人のデイブがオーナーの、
The Jade Emu ゲストハウスにチェックイン。
ここはめっちゃキレイで、西洋風で、居心地よかった!

emu

小さな大理の街を散策しながら、ヴィッラと仲直りしたけど、
明日には、麗江で彼がちょっと恋に落ちたかもしれないって話してくれた、
シンガポール人の女の子が大理に来るっていうので、
これ以上面倒見てもらうのも申し訳ないかなーと思って、
予定より1日早く、ひとり大理を発ち、昆明に向かうことにしました。

dali

夜は、虎跳峡でも出会った世界一周中のイギリス人のロブと、
日本の小学校で英語を教えてるオーストラリア人のライアンと、
オーナーデイブとヴィッラと一緒に、飲みに行って、
ゲストハウスに戻ってきた時、明日発つことを告げると、
さすがに彼もさみしくなったのか、色々とゆっくり話が出来ました。
気まずいままのサヨナラじゃなくて良かった!
彼と出会ったことで、英語だけじゃなく、色んなことを教わった。
また寂しくて、何回も泣いてしまったけど、前に進む心の準備ができました。

翌日は、涙を流すことなく、笑顔で出発できた!
昆明からは、またひとりです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 
CATEGORY : 中国 | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

プロフィール

ゆっきー

Author:ゆっきー
2009年2月から、約1年・・・の予定を大幅に延長し、世界をふらふら一周中。英語もダメで不安だらけの女のひとり旅。2009年9月に再スタート。



最新記事



カテゴリ

旅立ちまで。 (69)
旅のきっかけ (1)
旅立ちまでの心境 (12)
旅の持ちもの (12)
旅の身だしなみ (1)
予防接種 (8)
健康診断・保険関係 (6)
旅のお金・カード類 (5)
本・ガイドブック (5)
インターネット便利ツール (3)
引っ越し・あと片づけ (5)
公的手続・役所関係・ケータイ (5)
パスポート・ビザ・航空券 (4)
旅のルート (4)
☆世界のATM事情 (2)
☆世界のネット事情 (1)
旅の小話 (1)
そのた (1)
中国 (15)
ラオス (8)
タイ① (3)
インド① (6)
ネパール (4)
インド② (20)
タイ② (3)
日本 (7)
アメリカ (3)
メキシコ① (12)
キューバ (5)
メキシコ② (2)
グアテマラ① (5)
エルサルバドル (3)
グアテマラ② (7)
ホンジュラス (2)
ニカラグア (4)
コスタリカ (6)
パナマ (10)
コロンビア (26)
エクアドル (17)
ペルー (45)
ボリビア (23)
チリ①(北部) (4)
アルゼンチン①(北部) (9)
パラグアイ (3)
アルゼンチン②(北~中部) (5)
チリ②(ビーニャ・デル・マル) (9)
アルゼンチン③(メンドーサ) (2)
チリ③(イースター島・サンチャゴ) (10)
アルゼンチン④(メンドーサ) (5)
ボリビア②(ウユニ・トゥピサ) (8)
アルゼンチン⑤(メンドーサ) (2)
チリ④(中~南部) (6)
アルゼンチン⑥(パタゴニア) (32)
チリ⑤(パタゴニア・ビーニャ) (7)
自転車旅(ビーニャ~湖水地方~プエルトモン) (40)
自転車旅(アウストラル街道) (30)
自転車旅(エルチャルテン~ウシュアイア) (6)



最新コメント



月別アーカイブ



旅の日数。



旅の足あと。

PassportStamp



↓お世話になってます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



最新トラックバック



リンク



ブロとも一覧


azumiの旅日記

世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

Take it easy!!

なかっぴー通信NEO

FEEL the WIND in the WORLD  ~地球に触れたい!~



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Google Map

顔文字教室



世界の時間



RSSリンクの表示



カウンタ



03
--
2
4
7
8
14
15
19
20
21
25
29
30
31
--
Copyright © LOOP★LOOP All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。