FC2ブログ

This Archive : 2009年02月24日

2009.02.24 *Tue

麗江観光。

麗江に着いた翌日。

ホステルに長く滞在してるドイツ人のアリーナと一緒に、
3人で麗江を歩きました。

麗江は、トンパ文化を伝えるナシ族が多く住む街。
lijiang_machi

中国人は、人が集まる観光地は、
もっと人が集まるように進化させるのが好きみたいで、
どこまでが昔からの建物なのか、さっぱりわかりません。
街の中は、ゴミ箱がたくさん設置され、清潔な公衆トイレもいっぱいあるし、
外国人向けのカフェもいっぱいある。

でも、たまに生活風景も感じられるし、ここにいる中国人の顔つきも、
特に年配の人は、日に焼けてて、彫りが深い。

lijiang_seikatu
↑洗濯してたり。
lijiang_oldman
↑カフェのおじいちゃん

今まで、中国で買いたいものってなかったけど、
ここにある雑貨や洋服は、東南アジアのものに少し近くて、
結構かわいかったりします。

とりあえずぶらっと街を散策して、
黒龍潭(玉泉公園)に行こうとしたら、入場料が80元(約1200円)!
高すぎるので諦めたら、中国人のカップルが付いておいでと、
タダで入れる裏口まで連れていってくれました!
(正門を左に曲がってすぐ右折し、壁づたいに北上していけば、
 公園の垣根が無くなる・笑)

公園は、緑がたくさんあって、西洋風に見える場所も。
日向ぼっこしたり、本読んだり、ゆっくりするには落ち着く場所でした。

gyokusenpark
↑ベンチに座って、ゆっくりするには最適!

gyokusenpark_sakura
↑桜咲いてたり!

gyokusenpark_lake

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 

スポンサーサイト



CATEGORY : 中国 | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2009.02.24 *Tue

麗江到着。(つづき)

(前回の日記の続き)

ヴィッラが、住宿と書いてある、いかにも中国人向けの宿に
「行ってみる?」って声かけてくれたけど、
私は目の前の、それなりにキレイそうな宿の方が良かったので、
「お願い、出てきてー!」と思いながら、扉をたたき続けたら、
警備員さんが出てきてくれて、中に入れてくれました!

全く英語ができない人だったので、
今回ばかりは私が頑張らないと!と筆談で聞いてみたら、
ツインもダブルも、ドミトリーらしきものも、全部「没有(メイヨー)」。

でも、トリプルだったらあいてるので、1泊半するなら118元だけど、
もし約6時間後のお昼12時までにチェックアウトするなら、
1部屋60元でいいよ、というので、そこにチェックインしました。
ダブルだったらどうしようという私の無駄な心配は、必要なかったです(笑)

部屋は、まぁ普通だけど、トイレとシャワーがいかにも中国!
シャワーは蛇口みたいなものが数個設置されてて、たぶん水。
トイレは3つあって、もちろん紙なし、鍵なし、扉半開き、
でも、全部に、これ一人分?って疑うような忘れ物が・・・。

水道が壊れてるのかと、水を試しに流してみたら、勢いよく流れるし!
忘れ物は、あまりに大量で流れず、水しぶきが飛んだので、
思わず悲鳴をあげて逃げてしまいました。

さっき、ホテルの前で、中国人のおっちゃんが、
「ここは5つ星ホテルだよ!」って行ってたけど、
ここが5つ星なら、1つ星はどんな宿だ・・・。

2hotel
↑見た目は中国の中では立派。

数時間、この5つ星ホテル(でも、ホテルの看板は2つ星)で休んで、
翌日11時にはチェックアウトして、ここは何もなさそうだったし、
昼間に麗江に移動すると、風景がキレイだと聞いたので、さっそく向かうことに。

攀枝花の鉄道の駅は、攀枝花の中心部から少し離れてました。
すごい田舎かと思ってたけど、中心部はすごくキレイで、
木々は南国風、公園や、新しい建物がいっぱいありました。

鉄道駅のある攀枝花から約1時間かけて64路(3元)のローカルバスに乗り、
長距離バスターミナルで、麗江行きのバスチケットを購入(76元)。

予定時刻どおり、13:00にバスが出発。
私の乗ってみたかった、寝台タイプのバスでした!

bus_rijan
↑まぁ、清潔とは言いづらいけど・・・。でも、長時間なら座席タイプより楽!

想像してたとおり、麗江に向かう途中の風景は素晴らしくて、
運良く二人占めできた、
一番後ろの5人分のスペースがつながった広々とした場所で、
ヴィッラとふたり、同じ音楽を聴きながら、
広大な大地と、中国に来て初めて見た青空を見てると、
バスの中は、強烈な足のニオイと、
すさまじい上下左右の揺れにオエオエしてる中国人がいたりするけど、
うまく言葉にあらわせないけど、なんだか感無量でした。

keshiki
(with ♪葉加瀬太郎 ←風景にめっちゃあってた!)

20:30には麗江到着。約8時間半の道のりで休憩1回。
おなかの調子が悪いヴィッラは、嘆いてました(笑)

私も、ヴィッラも、MAMAゲストハウスが良かった!って情報をもらってたので、
そこにチェックイン。

前回の日記に書いてたとおり、
MAMAゲストハウスは、すごくいいです!
ごはんがめっちゃ美味しい!
MAMAのチャーハンは、唐辛子がいっぱい入ってて、スパイシー!
中国のチャーハンは、どこで食べても味付けは違えど、どこも美味しい!
MAMAゲストハウスでは、毎日希望者に晩ごはんを出してくれるんだけど、
これもめちゃくちゃ美味しくて・・・・。

mamagohan
↑めっちゃ美味しい!お米の味も美味しい!しかも毎日出てくるメニューが違う。

ごはんは、ほぼ食べ放題。
おかずは、大体人数分のお皿が出てきて、野菜がいっぱい!
今までの私の旅行は、ほとんど外食ばかりだったけど、
外食は疲れるので、少し高いけど、結構ホステルで食べてます。
MAMAの晩ごはんは、ひとり15元。その価値あり!!
テーブルにぎゅうぎゅうに人が集まって食べるごはんは、
本当に家族の食卓みたいで、毎日めっちゃ楽しみだった!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 
CATEGORY : 中国 | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

2009.02.24 *Tue

麗江到着。

やっとPCつながりました!

今は、成都から、約1日半かけて移動してきた、麗江という町にいます。
ここは、完成度の高い、古い町並のテーマパークみたいだけど、
ちゃんと普通の生活風景も残っていて、私は結構好きです。
MAMA というゲストハウスに泊まっていますが、
ここのママがめちゃかわいくて、しかも犬3匹、猫3匹と、にわとりまでいて、
めっちゃ癒されます。

ここで、PCに詳しい日本人に出会って、色々アドバイスもらいました!

彼いわく、シムズのネットと私のPCの相性が悪かったとのこと。
彼はシムズを何度か利用したことがあって、
同じようにつながらなかったと話してくれました。

シムズは、確かにバックパッカーには色々と便利な宿だったけど、
私個人的には、たくさんの人が言う世界で一番という評価は、
できないなーというのが、正直な印象。
(まだ、3つのホステルしか知らないけど・笑)

私は色々とタイミングが悪くて、PCのトラブルはあったし、
8人部屋のドミには私一人しかいなくて寒々しい印象だったし、
上海のBMYHは無料だったインターネットやランドリーが有料だったし、
色々読んでたみなさんの評価に多大な期待を抱きすぎてたから、
PCの件で、「他の人はつながってるんだから、私のPCに問題がある」
ということで話は終わり、親身になってもらえなかったことも、
欲張りかもしれないけど、日本人的ホスピタリティを期待してた私は、
色々と寂しい思いをさせられました。

シムズに着いた日の夜には、最後に壮行会してくれた友達の夢を見て、
朝起きて、「みんな、今頃どうしてるかな~」と色々と思い出しては、
まためそめそと、広い部屋でひとり泣いてしまいました・・・。


でも、おかげでここ麗江まで一緒に行動してきたフィンランド人の彼と
出会えてよかった!

彼、ヴィッラは、23才なのに、私の保護者みたいに、色々気をかけてくれます。
英語もろくに理解できない私に、わかりやすい単語を選んで話しかけてくれる。
最初は、彼の英語はわかりやすいって自惚れてたけど、
他の外国人と英語で話す話し方は、半分ぐらいしか理解できないので、
かなり私にあわせてくれてます。
めっちゃ緊張して話しかけたけど、言葉足らずな私を安心させてくれ、
困り果てて心細かった私の助けてオーラを察知して、
本当は一人で行動するのが好きなのに、お荷物な私を誘ってくれました。
大感謝!

成都に移動するまでにも、また見知らぬ人にお世話になり・・・
列車で、私の前に座った小奇麗で笑顔の素敵な中国人が、
「荷物上に上げようか?」「食堂車わかる?」(←訳:想像)
とか色々気にかけてくれ、めちゃ親切でした。
成都に着いてからも、私の激重荷物を心配して、改札まで荷物を持ってくれたし!

中国人、親切な人いっぱいいます!

それに、結構みんな真面目です。
たとえば、満員のバスの中で、料金箱から遠い入り口から乗った人は、
その人達でお金を集め、バケツリレーみたいにして、料金箱まで届けます。
ICOCAみたいなICカードみたいなのもあるけど、
それも料金箱に近い人がタッチして、持ち主までまたバケツリレーで帰ってきます。
たった2元の話だけど、セコイこと考える人はあまりいないみたいです。


ゆっくりしようと思ってた成都では、結局2泊しただけで、
観光といえば、パンダ基地にパンダ見に行ったのと、
有名な陳麻婆豆腐を食べにいっただけでした。
楽しみにしてた九寨溝は、天気の悪い今の時期にいっても、
きっと水はキレイに見えないだろうと思い直して、行くのは諦めました。


そんなこんなで、成都から麗江までは、
最初はヴィッラの提案で、西昌という町まで行って、バスに乗り換える予定だったけど、
シムズの方に、その先の攀枝花というところまで行った方が麗江まで近いと聞き、
列車に乗ってから、身振り手振り、筆談で、チケットの変更をしました。

15:07に出発した列車は、4:10に攀枝花に到着。
もちろん辺りは真っ暗。
インフォメーションでホテルを紹介してもらい、そこに向かう途中、
ヴィッラに、「もしツインが無かったら、ダブルでもいい?」と言われ、
断るのも意識してるみたいで変な話かなと思い、OK!と返事する私・・・。
まぁ、数時間寝るだけやし・・・

で、ホテルに着いたら、鍵が閉まってる。。。
隣は、私にはハードル高そうな「住宿」と看板が出てる宿があるけど・・・

(つづく)

※明日から、ゲストハウスで一緒の外国人達と一緒に8人で、
 Tiger Leaping Gorge という山に、3日かけてハイキングに行きます!
 着いていけるか心配だけど、景色がめっちゃキレイみたいなので楽しみ!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 
CATEGORY : 中国 | THEME : 世界一周 | GENRE : 旅行

プロフィール

ゆっきー

Author:ゆっきー
2009年2月から、約1年・・・の予定を大幅に延長し、世界をふらふら一周中。英語もダメで不安だらけの女のひとり旅。2009年9月に再スタート。



最新記事



カテゴリ

旅立ちまで。 (69)
旅のきっかけ (1)
旅立ちまでの心境 (12)
旅の持ちもの (12)
旅の身だしなみ (1)
予防接種 (8)
健康診断・保険関係 (6)
旅のお金・カード類 (5)
本・ガイドブック (5)
インターネット便利ツール (3)
引っ越し・あと片づけ (5)
公的手続・役所関係・ケータイ (5)
パスポート・ビザ・航空券 (4)
旅のルート (4)
☆世界のATM事情 (2)
☆世界のネット事情 (1)
旅の小話 (1)
そのた (1)
中国 (15)
ラオス (8)
タイ① (3)
インド① (6)
ネパール (4)
インド② (20)
タイ② (3)
日本 (7)
アメリカ (3)
メキシコ① (12)
キューバ (5)
メキシコ② (2)
グアテマラ① (5)
エルサルバドル (3)
グアテマラ② (7)
ホンジュラス (2)
ニカラグア (4)
コスタリカ (6)
パナマ (10)
コロンビア (26)
エクアドル (17)
ペルー (45)
ボリビア (23)
チリ①(北部) (4)
アルゼンチン①(北部) (9)
パラグアイ (3)
アルゼンチン②(北~中部) (5)
チリ②(ビーニャ・デル・マル) (9)
アルゼンチン③(メンドーサ) (2)
チリ③(イースター島・サンチャゴ) (10)
アルゼンチン④(メンドーサ) (5)
ボリビア②(ウユニ・トゥピサ) (8)
アルゼンチン⑤(メンドーサ) (2)
チリ④(中~南部) (6)
アルゼンチン⑥(パタゴニア) (32)
チリ⑤(パタゴニア・ビーニャ) (7)
自転車旅(ビーニャ~湖水地方~プエルトモン) (40)
自転車旅(アウストラル街道) (30)
自転車旅(エルチャルテン~ウシュアイア) (6)



最新コメント



月別アーカイブ



旅の日数。



旅の足あと。

PassportStamp



↓お世話になってます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



最新トラックバック



リンク



ブロとも一覧


azumiの旅日記

世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

Take it easy!!

なかっぴー通信NEO

FEEL the WIND in the WORLD  ~地球に触れたい!~



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Google Map

顔文字教室



世界の時間



RSSリンクの表示



カウンタ



02
--
2
11
13
16
19
21
23
25
28
--
Copyright © LOOP★LOOP All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  ・・・