This Category : チリ②(ビーニャ・デル・マル)

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.01.05 *Wed

バスをネットで買ったら・・・・(ビーニャ→メンドーサ)

急遽アルゼンチンのメンドーサに向かうことになり、
慌ててネットでバスのチケットを取った私。

最後の決済をする時に、プリントアウト必須だったら嫌だな・・・とチラっと思ったけど、
飛行機のように、予約番号で大丈夫かなと思いなおして、最後のクリック。


その後・・・・

予約番号なんてものはなく、
「あなたはチケットをプリントアウトしなければならない」という注意書きが・・・・


デジカメの画像を持っていったらいいかなと思って写真を撮ったけど、
でももしダメなら、やっぱ怖いなと思って、やっぱりプリントアウトをすることに。

でも、宿の近所のネット屋さんが時間になっても開かなくて、
どうしようと慌ててた私を宿のオーナーが気遣って、イレギュラー的にプリントアウトしてくれた。


その時、最後の部分が1ページ目に収まらなかったんだけど、
必要事項は記入されてるようだったし、申し訳ない気持ちもあって、
もうそれで結構です、と、尻切れ状態の紙を持って、いざバス停へ。


念のため、チケットカウンターに行って、
「ネットでチケット買ったけど、このプリントアウトで大丈夫~?」ってセニョーラに聞いたら、
笑顔でオッケー。


安心して12時半発のANDESMARのメンドーサ行きバスを待ってたら、
出発10分前にバスがやってきた。

荷物をトランクに預けて、さぁ乗ろうと思ってバスの入り口に向かってプリントアウトを渡したら、


「最後の控えの部分は?」

「いや、知らん。でも、この紙私はいらないから、これ使ってください。」

「これじゃダメだ。」

「えー!でも、さっきチケット売り場のおばさんに・・・」

「(無視)はい、次~。」

「荷物バスに預けたし、あと10分やのに・・・!」

「(無視)」



チリのバスは時間に正確で、予定通りに出発する。

ここですったもんだしてる時間はない!と思って、まずはチケット売り場に戻ってみる。


「セニョーラ!バスのおっさんがこのチケットダメって言うんだけど!!」

「あ~・・・。予約はとれてるけど、この最後の部分が必要なのよ。
 ほら、ここにも書いてあるでしょ。」

と、小さな張り紙を指さす。

だから早めに来て確認したんやないけーーー!って思ったけど、
私に残された時間は10分もない。


あっちにネット屋さんがあるというので、猛ダッシュ!

幸いパソコンはあいてて、受付のお姉さんに、
「プリントアウトしたいのーーー!」と訴え、震える手を何とか落ち着かせ、
少しでも必要と思われる全てのページをプリントアウト。


また猛ダッシュでバスに戻り、乱暴に紙をさっきの係員に渡してやった。

さっき私を無視した係員は、「この部分が必要なんだよー」と満足気に控えを破る。

そしてバスに乗り込んで1~2分後。バスは出発した。


ぎりぎりセーフ!ほんと危なかった!!


焦って慣れないことをするもんじゃありませんね・・・・・
もう慌ててネットでチケットなんて買わない。

しかも私、時間節約するためにネットでチケット買ったのに、
出発の朝、結局宿の近くのATMでお金おろせなくて、バス停の近くまで行ったんだよね。
座席はガラガラだったし、直前でも絶対買えてた。

無駄な労力減らすつもりが何倍にも増やしてしまった。判断間違った・・・。


でも、ANDESMARのセミカマは、結構乗り心地もよく、
チケット売り場のおばさんはゴハン付いてないって言ってたのに、
サンドイッチとドリンク、しばらくしてお菓子とコーヒー・紅茶が配られて、全然満足でした。
前回メンドーサ→ビーニャは、サンチャゴを経由してCOITRAMを使ったけど、
こっちの方がいいかも。

ネットで買うと、通常の値段110アルゼンチンペソに、手数料3アルゼンチンペソ(約66円)。
(チリで買っても、アルゼンチンペソで決済される。)

ビーニャのターミナルでプリントアウトした費用は780チリペソ(約140円)。


もしかしたら、プリントアウトに対して厳しいのは国際線だったからかもしれないけど・・・
でも、他のお客さんもみんなプリントアウトして来てたし、
ラテンのノリで、プリントアウト無くても大丈夫でしょ!って思わない方がベターです。


P1000393.jpg
↑国境までのすごい九十九折れの道。

P1000398.jpg
↑2時間近くかかったチリ入国とは違い、アルゼンチン入国は30分で終了。
 荷物チェックも、大型荷物のX線と、手荷物のチラ見のみ。記入書類もなし。

P1000400.jpg
↑ウマワカやカファジャテ渓谷みたいなカラフルな山も見れます。きれいでした。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←1日1クリックしてもらえると、励まされます☆
スポンサーサイト

2011.01.05 *Wed

汐見荘との突然の別れ。

汐見荘。

クリスマスや年末年始をここで過ごそうとやって来た日本人たち。

P1000389.jpg


ここに来てすることと言えば、側にあるチリ屈指のビーチに繰り出すことではなく、
海鮮市場やスーパーに足を運び、今日のごはんは何にしようかと相談して、
日本食を楽しむ日々。

あまりに頑張りすぎて、途中海鮮疲れをするという贅沢な環境。

鮭や日本では見かけない魚のお刺身やムニエルを食べ、
海鮮だけじゃなく、唐揚げやコロッケ、しょうが焼きやお好み焼き、野菜のかき揚げ丼まで・・・

P1000209.jpg  P1000216.jpg

P1000246.jpg  P1000247.jpg

P1000253.jpg


ええ、きっと、ただでさえ増えてた体重がきっとさらに増加したでしょう。

でも、汐見荘に来たからには仕方ない。
料理上手&料理好きな人も多いし、みんな食べるの大好き。


年越しメンバーは1月4日にほとんど出発しちゃったけど、
私は15日発のイースター島までまだ時間はあるし、
もう4-5泊ゆっくりしようかなーーと思ってました。

でも、別行動中の相方が怪我をしたので、急遽アルゼンチン、メンドーサに行くことに・・・


心の準備も中途半端なままに、約2週間滞在した汐見荘ともお別れ。

長く過ごした仲間を見送る時も、見送られる時も、いまだに慣れません。
いつも目頭が熱くなる・・・。
でも、そんな風に思える出会いと別れがあって嬉しい。
またいつか同窓会したいなー。


そして、当分会えないと見送った汐見荘メンバー4人と、メンドーサでまさかの再会!

しばらくメンドーサにいる予定です。



■ビーニャ・デル・マルの宿


汐見荘


1~3泊目 ひとり1泊 6000ペソ
4~7泊目 ひとり1泊 5500ペソ
8泊以降  ひとり1泊 5000ペソ

※部屋は、シングル、ツイン、5人ドミトリーがある。値段はどれも一緒。
 宿泊者が少なければ、オーナーが気を利かせてくれて個室使いにしてくれます。

共同ホットシャワー、トイレ(紙なし)、共同キッチン、Wi-fiフリー


結局15泊したけど、超快適でした。
私は最初少し暗めの2人部屋を一人で使ってたけど、シングルがあいたので、そっちに移動。
1階のシングルは狭いけど、内装が新しくて、棚もあって快適。
各部屋過ごしやすいように棚だったりフックだったりを取り付けてくれているのがいい!

オーナーの山岸さんはきれい好きで、毎日オーナー自ら台所やトイレを掃除。毎回ぴかぴか。
だから宿泊者も、山岸さんに気遣ってきれいにキッチン使おうとするから、さらに快適。
設備に不備があったら、すぐに新しいものに取り替えてくれるし、オーナーの鏡です。


<汐見荘への行き方>
 RECREO行きのコレクティーボに乗るか、
 宿の目の前を走る86番か88番のコレクティーボに乗るのがいいんだけど、
 見つけたらどこででも乗れる訳じゃありません。
 ARLEGUI通り(バスターミナルの北側にある通り)の、
 ベルガラ広場より海側で拾いましょう。
 それより手前だったり、スクレ広場のコレクティーボ乗り場だと、
 RECREOからの帰り方面なので反対方向で乗れません。
 ターミナルからベルガラ広場までは徒歩5分ぐらい。
 コレクティーボは500ペソ。
 86・88番なら、BAQUEDANO(バケダノ)319番でおろしてもらう。
 RECREO行きなら、バケダノ通りで降ろしてもらい、坂をのぼると左側にあります。
 看板はないので、住所は必須です。

P1000215.jpg
↑女王ネコしまちゃん。超ラブリー。ご機嫌ななめだとすぐ噛んでくる。それがまたかわいい。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←1日1クリックしてもらえると、励まされます☆

2011.01.04 *Tue

チリのお米事情。

中南米は、外食が高かったり美味しくなかったりで、自炊する機会がとっても多い。


そして、日本人の食事には必須アイテム「お米」。


これ、結構どこの国でも安価に手に入るんです。(1キロ100~200円とか。)

パサパサのお米でも、日本人のやり方で普通に炊いたら、結構美味しく食べれます。
(少なくとも私は。)

旅人の間じゃ普通ですが、お米を炊く時は大体お鍋で。
海外の宿に、炊飯器なんか滅多にありません。

日本じゃ鍋でお米を炊けない人いっぱいいると思うけど、
長期旅行者、統計なんてとってないけど、9割以上鍋でお米を炊けると思う。
もちろん、男性も女性も。


そんな感じで、お米が食べれないっていうストレスは滅多にたまらないけど、
1日ハイキングとかに行く時、パサパサお米じゃおにぎり握れないから、
お弁当作るなら大抵サンドイッチ。
メキシコでも、コスタリカでも、コロンビアでも、ボリビア、その他の国でも・・・。


でも、チリのお米。他の国と全っっ然、違うんです!!
日本のお米に近くてかなり美味しい!


お米をといでる時から、パサパサ米と比べて手にあたる感じが違う。
お箸で食べる時も、お米のつかみやすさが、他のと全然違う!
おにぎりなんて、日本米と同じように簡単かんたん。


ビーニャ・デル・マルでは、ほとんど毎日日本食作って食べてたけど、
お米が素晴らしすぎるので、本当に食事が楽しかった。


食事の度にみんなで、「チリのお米って本当に美味しいね~!」って絶賛。


隣の国なのに・・・・
お米の炊き方がぼそぼそでカスカスなことが多い、ボリビア。

レストランで食べたことないけど、アルゼンチンで売ってた既製品のお米もパサパサ米。
黒いお米も混じってたのであまり優秀じゃなかった。

それぞれチリとこんなに近いのに、なんでこんなに違うんだろう。
もちろんチリにもパサパサ米も売ってるんだけどね。


P1000302.jpg
↑チリの自炊の神様。GRADE1ってやつが美味しいお米。


そういえば、ペルーの北部もチリほどじゃないけどお米が美味しかった。
共通してることは、南米大陸の西海岸。
ペルーも、内陸に入ってくると美味しくなくなるんだよね。

味の好みが日本人と似てるのか何なのかわからないけど、嬉しい発見です。
チリのお米農家のみなさま、ありがとう~。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←1日1クリックしてもらえると、励まされます☆

2011.01.03 *Mon

南米一の花火大会。

FELIZ ANO NUEVO! あけましておめでとうございます!
日本のみなさま、旅で出会った方、会ったことないけど、ブログを見てくださってる方、
今年もどうぞよろしくお願いします。

:::::

大晦日には、18人の日本人旅行者がビーニャ・デル・マルの日本人宿に集まりました。
大勢で年越しバーベキュー。

P1000305.jpg

P1000307.jpg
↑お肉とか貝とか、チョリソーとか。お腹いっぱい!


日本の12月は、初旬からTVでもデパートでも、
クリスマスソングがしょっちゅう流れてクリスマスムードがだんだん盛り上がってきて、
それが終わって26日になると、一気にお正月モードになりますが、
こちらは新年あけても、クリスマス+新年って感じ。
クリスマスツリーはまだあちこちで見かけます。


そして、バーベキューの後は、年越しに打ち上げられる花火を見るために、
徒歩数分の海までみんなで移動。

どきどきしながら、花火を待つこと十数分、、、
12時過ぎに、少なくとも5箇所以上から大きな盛大な花火が海の上から・・・!

P1000335.jpg

日本に負けないぐらい立派な花火!!
(私のデジカメじゃあまりきれいじゃないので、
 きれいな写真が見たい方はコチラ「ゆめどりむし」さんへ。)

最初は、「すごいね、すごいねー!」ってわーわー言ってたけど、
だんだん花火に見入ってきて、言葉が出てこない。

思い返してみても、2010年は色々あったけどいい年でした。
こんなにゆっくり世界を見てまわれるなんて幸せだと思います。

2011年の予定はぼんやりとしか考えてませんが、帰国になるかな。ならないかな?


みなさまにも、幸せで実りある素敵な1年になりますように。


P1000349.jpg
↑元旦には、ビーニャのビーチに人がいっぱい。チリは夏です。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←1日1クリックしてもらえると、喜びます☆

2010.12.31 *Fri

日本に向けて、よいお年を。

2010年。
今年の年明けはグアテマラのサン・ペドロ・ラグーナで過ごし、
そして今、チリのビーニャ・デル・マルで2011年を迎えようとしています。

P1000252.jpg
↑毎日、わいわいみんなでシェア飯。ニューイヤーに向けて合宿生活。

2009年2月に住所不定無職の旅人となり、もうすぐ2年。
まさか2年、そしてさらにまだしばらく放浪することになるとは、当初は全く予想だにせず・・・

でも、もちろん後悔してません。
今まで色んな景色に出会ってきたけど、見たい景色、訪れたい国は増える一方で。

日本にいたら絶対会えなかった人達にたくさん出会い、刺激されるけど、
日本にいる大切な人達にも会いたい気持ちは変わりません。

いつ帰るかはまだわからないけど、旅は間違いなく後半戦。(え?遅い?)
ダラダラと旅を続けてますが、元気にやってます。

ではみなさま、よいお年を。

CSC_0838.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←1日1クリックしてもらえると、喜びます☆

プロフィール

ゆっきー

Author:ゆっきー
2009年2月から、約1年・・・の予定を大幅に延長し、世界をふらふら一周中。英語もダメで不安だらけの女のひとり旅。2009年9月に再スタート。



最新記事



カテゴリ

旅立ちまで。 (69)
旅のきっかけ (1)
旅立ちまでの心境 (12)
旅の持ちもの (12)
旅の身だしなみ (1)
予防接種 (8)
健康診断・保険関係 (6)
旅のお金・カード類 (5)
本・ガイドブック (5)
インターネット便利ツール (3)
引っ越し・あと片づけ (5)
公的手続・役所関係・ケータイ (5)
パスポート・ビザ・航空券 (4)
旅のルート (4)
☆世界のATM事情 (2)
☆世界のネット事情 (1)
旅の小話 (1)
そのた (1)
中国 (15)
ラオス (8)
タイ① (3)
インド① (6)
ネパール (4)
インド② (20)
タイ② (3)
日本 (7)
アメリカ (3)
メキシコ① (12)
キューバ (5)
メキシコ② (2)
グアテマラ① (5)
エルサルバドル (3)
グアテマラ② (7)
ホンジュラス (2)
ニカラグア (4)
コスタリカ (6)
パナマ (10)
コロンビア (26)
エクアドル (17)
ペルー (45)
ボリビア (23)
チリ①(北部) (4)
アルゼンチン①(北部) (9)
パラグアイ (3)
アルゼンチン②(北~中部) (5)
チリ②(ビーニャ・デル・マル) (9)
アルゼンチン③(メンドーサ) (2)
チリ③(イースター島・サンチャゴ) (10)
アルゼンチン④(メンドーサ) (5)
ボリビア②(ウユニ・トゥピサ) (8)
アルゼンチン⑤(メンドーサ) (2)
チリ④(中~南部) (6)
アルゼンチン⑥(パタゴニア) (32)
チリ⑤(パタゴニア・ビーニャ) (7)
自転車旅(ビーニャ~湖水地方~プエルトモン) (40)
自転車旅(アウストラル街道) (30)
自転車旅(エルチャルテン~ウシュアイア) (6)



最新コメント



月別アーカイブ



旅の日数。



旅の足あと。

PassportStamp



↓お世話になってます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



最新トラックバック



リンク



ブロとも一覧


azumiの旅日記

世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

Take it easy!!

なかっぴー通信NEO

FEEL the WIND in the WORLD  ~地球に触れたい!~



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Google Map

顔文字教室



世界の時間



RSSリンクの表示



カウンタ



04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
Copyright © LOOP★LOOP All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。